福田管

  1. キブン

    予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

    僕は小学3年のころからサッカーを始めた。当時はJリーグが開幕し、サッカーフィーバーが日本を席巻した。ジーコが開幕戦でハットトリックをきめ、ヴェルディ…

  2. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

    これは、以前にもこのコラムに登場し日本酒×高校野球という常人離れした企画を立ち上げた友人の整体師でもある遠藤さんが飲ませてくれたお酒であり、僕の日本酒への興…

  3. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えてほしいぐらい。たしか、二日酔いの朝に彼女が薄い目のコーヒー淹れてくれたらうれし…

  4. キブン

    白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目

    すっかり秋にもなり、あちらコチラで日本酒イベントも増えてきた。そんな中、今夏のうだるような暑さの真ん中で僕らに似合っていた色を思い出した。余りに…

  5. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

    本末転倒酒の虫僕たちは基本的にお金がない。あっても無いような気がする。そこでそんな僕たちの強い味方「立ち飲み屋」が現れる。「給料日前でさ…

  6. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

    暴君ボイラーメーカー大学生の頃の僕たちにはボイラーメーカーという暴君が君臨していた。そいつはカクテルグラスにビールと、ショットグラスにバーボンと…

  7. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み方に憧れる30代サラリーマンふたりによるリレーコラム。酒との付き合い方もうまくなったふたり…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  1. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  2. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  3. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  4. タビ・アソビ

    京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  5. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ
PAGE TOP