キブン

本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

yoidore03

本末転倒酒の虫

僕たちは基本的にお金がない。あっても無いような気がする。

そこでそんな僕たちの強い味方「立ち飲み屋」が現れる。

「給料日前でさ、お金ないからサクッと」とか言っときながら、

気が付けば2時間くらいいる。
いや、2時間以上いる事の方が多い。

立ち飲みの平均時間なんて知らないけど、短くはない。長いほうに分類されるはずだ。

本来の立ち飲みの目的って

・安い

・短時間で

・気軽に

そんなとこだろうと思うのだけど、

如何せん飲み気が勝ってしまい、気が付けば2時間。

よくよく考えれば足も痛い。もたれているのにも疲れてきた。2時間いればそこそこ飲み食いするし、安いとはいえそれなりの金額になる。

そう、本末転倒なのである。

要は、飲みたいだけです。酒の虫なんです。

なんて名付ければいいのかわらない、ほんのりもやっとしていながらも、少し遠くを見つめてふぅと一息ついて、自然とあぁ今週も終わったなあとつぶやくあの、よくわからない金曜日の瞬間をだれか名前を付けてください。

その気持ちを放り投げるために僕たちは行くのです。お酒を飲みに。

なのに、結局仕事のことなんかどうでもよくなって、明日になったら忘れているような話をくだくだ棒立ちで苛立ちもなく2時間杯を傾ける。

考えればなんて酷な話なんだろう。

僕たちは日々、日中社会と戦い、夜は立ち飲み屋で自分の体力と肝臓との闘いを繰り広げる。

いったいいつからこうなったんだ。

と、考えてみるんだけど。それは何だか学生の頃とかに公園や宅飲みをしていたのと同じような感覚なのかもしれない。

お金がないけど、誰かと何かをして過ごしたい。20歳を超えてお酒というオプションを身に着けとりあえず飲みたいけど、対してお金もない。

コンビニでビール買って公園や誰かの家に行き、あの娘がかわいいだ、バイトがだるいだ、明日になったら忘れるような話をするという名前の付けられない時間を過ごしていた。

そう結局飲みたいだけなんです。僕たちはいつまでたっても根本的には何も変わらない。

そんな性根なのか、やはり気取った店は落ち着かない。

大衆的な居酒屋でアキレス腱伸ばしながら飲むのが身の丈に合っている。

そしてよくよく考えてみると、給料日前とか関係なく月初だろうが月中だろうが、大衆的なカウンターにぶ~んと酒の虫は吸い寄せられている。

“福田管”

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目
  2. 「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  3. 京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を…
  4. ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開…
  5. メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…

関連記事

  1. キブン

    京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってきた

    「ドローン」という言葉はよく聞くのですが、実際に見たことがなかったので…

  2. キブン

    目指せ国産ワイン通-ワイナリーの楽しみ方「天橋立ワイナリー」

    ソムリエにはお酒が飲めない人がいるらしい。だったらお酒が飲めなくてもワ…

  3. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

  4. キブン

    雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵

    美山かやぶきの里の冬の風物詩として人気のイベント「雪灯廊」。雪化粧の里…

  5. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目

    酒を飲みに出かけると、まったく知らない人とテーブルを囲むことがある…

  6. キブン

    京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白い

    飲食店にはそのお店の特色があり、趣味嗜好が同じような人が集まりやすい。…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. ヒト

    世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  2. タビ・アソビ

    雨や雪の日に夜景を撮ると幻想的なのか?「あべのハルカス」展望台からの夜景-雨の日…
  3. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目
  4. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  5. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。