キブン

振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目


背中で振り向かずとも身の危険を感じたことはありますか?
正確には振り向くことができなかった。

路地の奥、それは偶然

京都は四条烏丸のすぐそば。口では説明の難しい路地にその店はあった。
向かいが美味しい焼き鳥屋さんで本来は焼き鳥を食べるはずだったのだが、満席だったので向かいのバーに入ることにした。
そこは、一度行ったことがあるものの酔いつぶれてほぼ記憶にはなかったが、その店に置いてある木靴を履いてふざけていた写真だけがスマホに残ってはいた。

適度に暗く。適度に静か。

L字にカウンターがあり、数席ほど壁に向かって座る席があり、周りの状況を確認するには振り向いてあれやこれや見なければい
けなかった。
もちろん注文をするのにも振り向かなければいけない。そうこのときはまだ振り向けたのだ。
いらっしゃ~い。
こう書いてしまえば何ら変哲の無いあいさつ。
しかし、僕と他2名は一瞬で悟った。
「こいつは男が好きだ。間違いない。」
しかし顔は男らしく、筋骨隆々。
だけどなぜかしなびやか。くねっと感上々。
確信が持てないまま彼はやって来た。いや、もはや彼はヤッてきた。
「初動の迷いのない良い動きですね。自身の表れです。」空手の解説さながらに彼のアクションは完ぺきだった。
ただ一つ何かが間違っているとしたら、僕が選ばれてしまったことだ。

夢なら覚めてくれ!

耳に息を吹きかけられました。くすぐったかったです。
他2名、唾をのむ音が聞こえてきそうなぐらい引いています。
なかったことにしました。
あおるようにビールを飲み干しました。
2杯目を頼みました。
シャツのボタンの隙間から手が入ってきました。何の躊躇もなく迷うことなく乳首を撫で彼は去っていきました。
「いいカラダしてるじゃない」という余計な一言を残して。
もう振り向くことはできない。
背中で感じる恐怖。振り向けば奴がいる。
彼は、激しく切っていったのです。丸い刃はなお痛いのだから。
ここをのり超えるかどうかで、人生の楽しみ方が変わってくるのだが若かりし僕には経験値が足りず
少しもぼーっとしながら夜空を見つめて帰った。

Text:福田管

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
  2. 亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート
  3. みやこつづり-一頁目
  4. まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  5. 兵庫県旧JR福知山線廃線跡ハイキング-生瀬駅(なまぜ)出発と武田尾駅出発の両方の…

関連記事

  1. キブン

    困ってなくても神頼み!?

    おみくじ。起源は古く日本では鎌倉時代初期からその存在が確認され…

  2. キブン

    場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目

    確かに彼女はそこにいた。それほど広くない土間にビールケ…

  3. キブン

    みやこつづり-一頁目

    年の瀬になり、大きなイベントも残すところクリスマスだけ。街で繰…

  4. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

    酒を飲むシチュエーションは色々ある。いつもの仲間と大衆…

  5. キブン

    京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってきた

    「ドローン」という言葉はよく聞くのですが、実際に見たことがなかったので…

  6. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」
  2. タビ・アソビ

    川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ
  3. コト

    1月以降も楽しめる京都市内のイルミネーション-「みやこめっせwinterイルミネ…
  4. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目
  5. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。