キブン

振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目


背中で振り向かずとも身の危険を感じたことはありますか?
正確には振り向くことができなかった。

路地の奥、それは偶然

京都は四条烏丸のすぐそば。口では説明の難しい路地にその店はあった。
向かいが美味しい焼き鳥屋さんで本来は焼き鳥を食べるはずだったのだが、満席だったので向かいのバーに入ることにした。
そこは、一度行ったことがあるものの酔いつぶれてほぼ記憶にはなかったが、その店に置いてある木靴を履いてふざけていた写真だけがスマホに残ってはいた。

適度に暗く。適度に静か。

L字にカウンターがあり、数席ほど壁に向かって座る席があり、周りの状況を確認するには振り向いてあれやこれや見なければい
けなかった。
もちろん注文をするのにも振り向かなければいけない。そうこのときはまだ振り向けたのだ。
いらっしゃ~い。
こう書いてしまえば何ら変哲の無いあいさつ。
しかし、僕と他2名は一瞬で悟った。
「こいつは男が好きだ。間違いない。」
しかし顔は男らしく、筋骨隆々。
だけどなぜかしなびやか。くねっと感上々。
確信が持てないまま彼はやって来た。いや、もはや彼はヤッてきた。
「初動の迷いのない良い動きですね。自身の表れです。」空手の解説さながらに彼のアクションは完ぺきだった。
ただ一つ何かが間違っているとしたら、僕が選ばれてしまったことだ。

夢なら覚めてくれ!

耳に息を吹きかけられました。くすぐったかったです。
他2名、唾をのむ音が聞こえてきそうなぐらい引いています。
なかったことにしました。
あおるようにビールを飲み干しました。
2杯目を頼みました。
シャツのボタンの隙間から手が入ってきました。何の躊躇もなく迷うことなく乳首を撫で彼は去っていきました。
「いいカラダしてるじゃない」という余計な一言を残して。
もう振り向くことはできない。
背中で感じる恐怖。振り向けば奴がいる。
彼は、激しく切っていったのです。丸い刃はなお痛いのだから。
ここをのり超えるかどうかで、人生の楽しみ方が変わってくるのだが若かりし僕には経験値が足りず
少しもぼーっとしながら夜空を見つめて帰った。

Text:福田管

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
  2. インド出身のシェフが作るカレーラーメンは健康的でお腹もいっぱい-北大路烏丸「EA…
  3. ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…
  5. パワースポット「鞍馬寺」で「初寅大祭」が開催

関連記事

  1. キブン

    僕の上司その3-酔いどれ譚十七杯目

    これは前の記事の続きですそうです。またまた飲んだらとんでも…

  2. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」

    重要伝統的建造物群保存地区に認定されている京都嵯峨野の「嵯峨鳥居本(さ…

  3. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  4. キブン

    酒場での失敗談や面白かった出会いをまとめました

    酒の数だけ出会いがある。その場で出会った人と笑いあって酒を飲ん…

  5. キブン

    酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目

    酒場で繰り返されるべき話だいたい30歳を過ぎると、だんだん定期…

  6. キブン

    場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目

    確かに彼女はそこにいた。それほど広くない土間にビールケ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと
  2. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  3. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  4. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  5. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。