キブン

白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目

yoidore03

すっかり秋にもなり、あちらコチラで日本酒イベントも増えてきた。そんな中、今夏のうだるような暑さの真ん中で僕らに似合っていた色を思い出した。

余りに日本酒を愛するが故、と思いたい。わがままな暑さの中、友人であり整体師の遠藤さんはとんでもない企画を立ち上げ僕らを焦がした。

「日本酒×高校野球」

はい、賛否両論あると思います。

スポーツマンシップはどこに行ったんだ!

あの煌めいた目で白球を追いかける高校生を酒の肴にするなんてとんでもない野郎どもだ!そんな声が聞こえてきそうだ。

ところが、これがとても奥が深い。

決勝に残った都道府県のお酒を飲みながら決勝を見る。中には、日本酒を製造していない都道府県もいくつかあるらしく、選ばれなければどうするんだと戦々恐々となる。願わくば北陸勢に頑張ってほしい!

東北の酒を飲ませろ!

九州だったら焼酎に変えてくれ!など個々の思いも反映されて違った次元でトーナメントが気になってしょうがなくなる。

一応僕も京都出身なので代表が勝つように、願ってはみた。

一回戦で負けた。

待ちに待った決勝、8月21日。その日グラウンドに立ったのは北海道代表「北海高校」と栃木代表「作新学院」。

球児たちはグローブと情熱をもってグラウンドへ。

歪んだおじさんたちは北海道と栃木の酒蔵が腕によりをかけて作った日本酒とねじ曲がった情熱をもって遠藤家のリビングへ。

その結果どうなるかというと、もうわかりますよね。

5回表ぐらいでもう試合を見ていません。

試合はどっちが勝ったのか!?

誰も気にしません。

だってお酒が美味しいんだもの。

白日の中、白球を追いかける青少年たち。

白日の中、エアコンのきいた部屋の中で日本酒をあおり続ける大人たち。

これほど正反対に位置するものは、僕の生きてきた人生の中でなかなか思いつかない。

「白日」。この言葉は照り輝く太陽、真昼、といった他に、実は、「やましいところがない」という意味もある。

こうなるとますます肩身が狭くなるのであった。

“Column:福田管”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  2. 『アトリエにちか』福田さんのセレクトの楽しみ方-アトリエにちか 福田 景子さん
  3. 京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  4. 「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじ…
  5. 日本最大の福井県立恐竜博物館は子どもだけじゃなく大人も楽しめるアミューズメントパ…

関連記事

  1. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  2. キブン

    京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白い

    飲食店にはそのお店の特色があり、趣味嗜好が同じような人が集まりやすい。…

  3. キブン

    酒場での失敗談や面白かった出会いをまとめました

    酒の数だけ出会いがある。その場で出会った人と笑いあって酒を飲ん…

  4. キブン

    「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館

    春は梅や桜の花曇りが、夏は苔や緑の薫風が、秋は野山の錦が、冬は大雪の日…

  5. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

    これは、以前にもこのコラムに登場し日本酒×高校野球という常人離れし…

  6. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目

    上司にはいろんな人がいる。優しい上司、厳しい上司、頼りになる上…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  2. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョ…
  3. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される
  4. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  5. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。