キブン

白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目

yoidore03

すっかり秋にもなり、あちらコチラで日本酒イベントも増えてきた。そんな中、今夏のうだるような暑さの真ん中で僕らに似合っていた色を思い出した。

余りに日本酒を愛するが故、と思いたい。わがままな暑さの中、友人であり整体師の遠藤さんはとんでもない企画を立ち上げ僕らを焦がした。

「日本酒×高校野球」

はい、賛否両論あると思います。

スポーツマンシップはどこに行ったんだ!

あの煌めいた目で白球を追いかける高校生を酒の肴にするなんてとんでもない野郎どもだ!そんな声が聞こえてきそうだ。

ところが、これがとても奥が深い。

決勝に残った都道府県のお酒を飲みながら決勝を見る。中には、日本酒を製造していない都道府県もいくつかあるらしく、選ばれなければどうするんだと戦々恐々となる。願わくば北陸勢に頑張ってほしい!

東北の酒を飲ませろ!

九州だったら焼酎に変えてくれ!など個々の思いも反映されて違った次元でトーナメントが気になってしょうがなくなる。

一応僕も京都出身なので代表が勝つように、願ってはみた。

一回戦で負けた。

待ちに待った決勝、8月21日。その日グラウンドに立ったのは北海道代表「北海高校」と栃木代表「作新学院」。

球児たちはグローブと情熱をもってグラウンドへ。

歪んだおじさんたちは北海道と栃木の酒蔵が腕によりをかけて作った日本酒とねじ曲がった情熱をもって遠藤家のリビングへ。

その結果どうなるかというと、もうわかりますよね。

5回表ぐらいでもう試合を見ていません。

試合はどっちが勝ったのか!?

誰も気にしません。

だってお酒が美味しいんだもの。

白日の中、白球を追いかける青少年たち。

白日の中、エアコンのきいた部屋の中で日本酒をあおり続ける大人たち。

これほど正反対に位置するものは、僕の生きてきた人生の中でなかなか思いつかない。

「白日」。この言葉は照り輝く太陽、真昼、といった他に、実は、「やましいところがない」という意味もある。

こうなるとますます肩身が狭くなるのであった。

“Column:福田管”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い
  2. 京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  3. 週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  4. 酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目
  5. ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃

関連記事

  1. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

    酒場での出会い標題を見て、男女の馴れ初めの話だと期…

  2. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

    岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という映画…

  3. キブン

    京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってきた

    「ドローン」という言葉はよく聞くのですが、実際に見たことがなかったので…

  4. キブン

    京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白い

    飲食店にはそのお店の特色があり、趣味嗜好が同じような人が集まりやすい。…

  5. キブン

    酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目

    酒場で繰り返されるべき話だいたい30歳を過ぎると、だんだん定期…

  6. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  2. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと
  3. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報
  4. タビ・アソビ

    奈良の大仏よりも大きな本尊京都「笠置寺(かさぎでら)」は石のテーマパーク-お寺や…
  5. ヒト

    情熱は国境を越えて-AmericanGrasssigns & Mirr…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。