キブン

僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ払ってコインパーキングで額から血を流す上司である。
せっかくなので、この上司の酒席におけるとんでもない話をもう少し紹介しようと思う。
会社のあるクラブ合宿での出来事である。
日中は練習、夕食は宿でビールを飲みながらガヤガヤ。そして、みんなで大浴場に入り一日の疲れを癒す。本当は、このまま部屋に帰って朝まで寝たいところだが、そうはいかないのが会社というものである。

そう、若手の部屋で部屋飲みである。
みんな疲れがピークで、危険な香りがプンプンするのである。

会は和やかに始まったが酒量が増えていくにつれ、皆の声は大きくなり、荒くなった。
若手の一発芸やら一気飲み(みんなやめましょう)が始まる。
と、その時、僕は左足のスネに違和感を覚えた。酔っ払っていて感覚が多少麻痺しているが、何かくすぐったい。気のせいか、ん?なんかやっぱりくすぐったい!我慢できず左足を見てみると「あるものが、ない!」
そういつも繁々と存在する僕の愛しき「スネ毛」がないのである!
なんと、隣に座っていた上司が部屋にあったカミソリをいつの間にか開封し、人様のスネ毛を剃っていたのである。しかも、中途半端な量ではない、ほぼほぼツルツルになっている。右足との落差がハンパでない。この夏短パンを履けなくなったのは言うまでもない。
「何やってるんですか!」と僕が言うと、上司は返事をせずに少しニヤけて、畳の上散らばったスネ毛を苔のように寄せ集めて、別の後輩のビールやら焼酎やらに入れ始めていた。ちょうど見つからないくらいの適量を。

そして、皆気づかずにスネ毛カクテルを飲むのである。
次の日の練習のこともよく覚えている。
8月のカンカン照り。みんな歩くだけで汗が吹き出る暑さの中、ボールを追いかけた。約1名を除いて。その1名は部屋で起床時間を無視し、遅れて練習に出てきたと思えば木陰のベンチで眠りだした。
そして、昼食時には元気になり、後輩にビールを買わせ、少しお腹の調子が悪い後輩に、悪いものでも食べたのではないかと、素知らぬふりをするのであった。

《次回、その3に続く

その上司を黙らせた男、感動秘話をお届けします!お楽しみに!》
※この話に登場する上司と部下の間には、強い信頼関係があり、上記のコミュニケーションはその場にいた全員がいたずらとして認識しております。
“column:しょる”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目
  2. 京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか
  3. 「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  4. 京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック
  5. 2016年11月-12月の京都のイベント情報

関連記事

  1. キブン

    京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白い

    飲食店にはそのお店の特色があり、趣味嗜好が同じような人が集まりやすい。…

  2. キブン

    酒場での失敗談や面白かった出会いをまとめました

    酒の数だけ出会いがある。その場で出会った人と笑いあって酒を飲ん…

  3. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

  4. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目

    酒を飲みに出かけると、まったく知らない人とテーブルを囲むことがある…

  5. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

    これは、以前にもこのコラムに登場し日本酒×高校野球という常人離れし…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメ…
  2. コト

    2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報
  3. コト

    市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  4. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  5. キブン

    目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。