キブン

彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えてほしいぐらい。

%e3%82%88%e3%81%84-01

たしか、二日酔いの朝に彼女が薄い目のコーヒー淹れてくれたらうれしかった、美味しかった的な歌詞だったんだけど、なぜかふと思い出した。

実際に二日酔いに薄いコーヒーはどうなのか、実践してみた。

なかなかの二日酔いの朝。起きてボサボサの髪で、うめく。少しソファでぐったりして、「あぁコーヒー飲まなきゃなぁ…」と思うのだけれど。

しかしもうまったく、身体が求めていやしない。

ただただ、どの態勢でもしんどい状態を繰り返し、思うのは、

「サウナに入りてぇ」

そう、求めているのはサウナだ。汗をかけば酒が抜けるという迷信を信じて、

僕はサウナへ向かう。

もちろんかけ湯はする。体も洗って、一通り湯船につかったら、もちろん突入する。

そうサウナへ。

たっぷり汗をかいて、なんか少ししゃきっとして体もぽかぽかだし、もう一日が終わったような気になってくる。

するとどうなるか。

ビールが欲しくなる。

もちろん飲んでしまう。

これはもう教科書に載ってもいい。

太字で書きませんか?

中学生の少年少女は今は意味が分からなくてもいいからアンダーラインを引くべきだ。

そう、これが「負のスパイラル」だ。

サインコサイン、関ケ原ももちろん大事だけど、今はひとまず暗記して、10年20年後に分かればいい。

そして本能でこれはダメなやつだ、本気で手に入れてはいけないものだとわかればいい。

人というのはどうしても自分に甘い。そもそも今回の話だってコーヒーを飲むことから始まっているのにもうコーヒーのコの字だって出やしない。

負のスパイラルを手に入れた人間は容易にそれに慣れる。タバコだってそうなのかもしれない。

そのうち「おれなんてスパイラルLv.18だぜ」なんて言い出して、スパイラル協会も設立されそれぞれの度合いが認定され、高レベル者には隔離が実行される。

そうなれば、お風呂上がりのビールも規制され、二日酔いすらできなくなる。今まで下りてきたスパイラルを一歩ずつ昇る処置がなされる。

そのうち負のスパイラルレベルによって物価が設定され、高レベル者は高額な買い物を強いられる。

この後に待っているのは暴動のみ。治安悪化の一途たどりサウナどころの話ではなくなる。

もちろん薄いコーヒーを彼女が入れてくれることもなくなる。

やはり、お酒は分量をわきまえて飲むのが一番いいのである。そして健康的にサウナへ入るのはいわずもがな。

“Column:福田管”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目
  2. 金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか
  3. 1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  4. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  5. 大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…

関連記事

  1. キブン

    困ってなくても神頼み!?

    おみくじ。起源は古く日本では鎌倉時代初期からその存在が確認され…

  2. キブン

    海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話

    撮影で、色んな場所に行きます。例えば、深夜二時から始まるお祭り、例えば…

  3. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

  4. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  5. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

    酒を飲むシチュエーションは色々ある。いつもの仲間と大衆…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  2. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居
  3. タビ・アソビ

    日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  4. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓
  5. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。