キブン

予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

僕は小学3年のころからサッカーを始めた。

当時はJリーグが開幕し、サッカーフィーバーが日本を席巻した。

ジーコが開幕戦でハットトリックをきめ、ヴェルディ川崎(現東京ベルディ1969)では、マイヤーがJリーグ初ゴールとなるミドルシュートを叩き込み、きーちゃん(北澤 豪)は長髪をなびかせて中盤を走り回っていた。

月日が流れ23年。今ではJリーグ創設年度から続けてプレーしているのは、そうあの「キングカズ」こと三浦知良だけなのである。

サッカーを始めた理由は今思えば本当に単純で、友達がサッカー少年団に入ったから。それだけだった。

それまでは、どちらかというと公園で野球をする方が多かった。

まだまだ野球の人気が高かったのだ。当時の巨人のメンバーは今でもほとんど言える。駒田は構えが変だし、広島の大野は変な投げ方だし、阪神の弓長は目が細いなあとか小学生ながらに思っていた。

話は逸れたけど、本当にサッカーを始めたのは軽い気持ちだったけど、今では大切なものの一つになっている。

サッカーで知り合った友達はもう20年以上の付き合いになるし、代表戦がある日は基本的に仕事そっちのけで早く帰る。

小学校の頃は、ウイングというポジションがあり、ピッチのサイドをドリブルで駆け上がる選手が重宝された。

中学生の頃は、2トップ主体でボランチからサイドに展開というのが基本スタイル。

高校生以降はポゼッションという言葉が生まれパスをつないでいくスタイルが流行した。

常に進化する戦術の中で、いつの時代も良く言われたことは

「フィールドを広く使え」だった。

ボールを持ったら逆を見ろ、とか、サイドチェンジしろ、と口酸っぱく言われ、それらが本能に刷り込まれていったのだと思う。

だからこそ、

その本能が開花するとき!

そう、【泥酔へたどり着いたとき】僕はフィールドを思う存分広く使う。

道路の右から左まで千鳥足でうろつき回る。

気持ちはふわふわしているのに、

足なんてふらふらなになっているのに、ただ前へ進もうとする意志だけは妙に恐ろしく強い。

路側帯の白線を目印に、

そこをたどるようにまっすぐ歩いているつもりなのだが、あっちへふらふら、こっちへふらふら。

視線は前だけ向いているのだけど、

気が付けば泥酔した僕は、

あの時のきーちゃんのようにフィールドを駆け回っている。

キングカズのように今もプレーし続けている。

column:福田管

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報
  2. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  3. はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  4. ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい
  5. メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…

関連記事

  1. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目

    上司にはいろんな人がいる。優しい上司、厳しい上司、頼りになる上…

  2. キブン

    京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」

    毎日が記念日運動があったのかはわからないけれど、とにかく毎日なにかの記…

  3. キブン

    上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

    初めて上司の酒を断った日基本僕はノリは悪くない方だ。酒も好…

  4. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

    酒場での出会い標題を見て、男女の馴れ初めの話だと期…

  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源院」で悠久の時を感じ…

    一休和尚(宗純)が過ごした寺としても有名な、京都紫野の臨済宗大徳寺。そ…

  6. キブン

    振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目

    背中で振り向かずとも身の危険を感じたことはありますか?正確には…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. モノ・ビヨウ

    「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  2. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
  3. キブン

    困ってなくても神頼み!?
  4. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  5. タベモノ

    どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。