キブン

予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

僕は小学3年のころからサッカーを始めた。

当時はJリーグが開幕し、サッカーフィーバーが日本を席巻した。

ジーコが開幕戦でハットトリックをきめ、ヴェルディ川崎(現東京ベルディ1969)では、マイヤーがJリーグ初ゴールとなるミドルシュートを叩き込み、きーちゃん(北澤 豪)は長髪をなびかせて中盤を走り回っていた。

月日が流れ23年。今ではJリーグ創設年度から続けてプレーしているのは、そうあの「キングカズ」こと三浦知良だけなのである。

サッカーを始めた理由は今思えば本当に単純で、友達がサッカー少年団に入ったから。それだけだった。

それまでは、どちらかというと公園で野球をする方が多かった。

まだまだ野球の人気が高かったのだ。当時の巨人のメンバーは今でもほとんど言える。駒田は構えが変だし、広島の大野は変な投げ方だし、阪神の弓長は目が細いなあとか小学生ながらに思っていた。

話は逸れたけど、本当にサッカーを始めたのは軽い気持ちだったけど、今では大切なものの一つになっている。

サッカーで知り合った友達はもう20年以上の付き合いになるし、代表戦がある日は基本的に仕事そっちのけで早く帰る。

小学校の頃は、ウイングというポジションがあり、ピッチのサイドをドリブルで駆け上がる選手が重宝された。

中学生の頃は、2トップ主体でボランチからサイドに展開というのが基本スタイル。

高校生以降はポゼッションという言葉が生まれパスをつないでいくスタイルが流行した。

常に進化する戦術の中で、いつの時代も良く言われたことは

「フィールドを広く使え」だった。

ボールを持ったら逆を見ろ、とか、サイドチェンジしろ、と口酸っぱく言われ、それらが本能に刷り込まれていったのだと思う。

だからこそ、

その本能が開花するとき!

そう、【泥酔へたどり着いたとき】僕はフィールドを思う存分広く使う。

道路の右から左まで千鳥足でうろつき回る。

気持ちはふわふわしているのに、

足なんてふらふらなになっているのに、ただ前へ進もうとする意志だけは妙に恐ろしく強い。

路側帯の白線を目印に、

そこをたどるようにまっすぐ歩いているつもりなのだが、あっちへふらふら、こっちへふらふら。

視線は前だけ向いているのだけど、

気が付けば泥酔した僕は、

あの時のきーちゃんのようにフィールドを駆け回っている。

キングカズのように今もプレーし続けている。

column:福田管

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル…
  2. 週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Ta…
  3. 週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを
  4. 京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
  5. 目指せ国産ワイン通-ワイナリーの楽しみ方「天橋立ワイナリー」

関連記事

  1. キブン

    場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目

    確かに彼女はそこにいた。それほど広くない土間にビールケ…

  2. キブン

    困ってなくても神頼み!?

    おみくじ。起源は古く日本では鎌倉時代初期からその存在が確認され…

  3. キブン

    海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話

    撮影で、色んな場所に行きます。例えば、深夜二時から始まるお祭り、例えば…

  4. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  5. キブン

    目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ

    「烏丸」や「糺ノ森」などの読み方は、他府県の人からするとちょっ…

  6. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目

    酒を飲みに出かけると、まったく知らない人とテーブルを囲むことがある…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目
  2. タビ・アソビ

    すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウ…
  3. キブン

    海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話
  4. タビ・アソビ

    まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  5. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。