キブン

予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

僕は小学3年のころからサッカーを始めた。

当時はJリーグが開幕し、サッカーフィーバーが日本を席巻した。

ジーコが開幕戦でハットトリックをきめ、ヴェルディ川崎(現東京ベルディ1969)では、マイヤーがJリーグ初ゴールとなるミドルシュートを叩き込み、きーちゃん(北澤 豪)は長髪をなびかせて中盤を走り回っていた。

月日が流れ23年。今ではJリーグ創設年度から続けてプレーしているのは、そうあの「キングカズ」こと三浦知良だけなのである。

サッカーを始めた理由は今思えば本当に単純で、友達がサッカー少年団に入ったから。それだけだった。

それまでは、どちらかというと公園で野球をする方が多かった。

まだまだ野球の人気が高かったのだ。当時の巨人のメンバーは今でもほとんど言える。駒田は構えが変だし、広島の大野は変な投げ方だし、阪神の弓長は目が細いなあとか小学生ながらに思っていた。

話は逸れたけど、本当にサッカーを始めたのは軽い気持ちだったけど、今では大切なものの一つになっている。

サッカーで知り合った友達はもう20年以上の付き合いになるし、代表戦がある日は基本的に仕事そっちのけで早く帰る。

小学校の頃は、ウイングというポジションがあり、ピッチのサイドをドリブルで駆け上がる選手が重宝された。

中学生の頃は、2トップ主体でボランチからサイドに展開というのが基本スタイル。

高校生以降はポゼッションという言葉が生まれパスをつないでいくスタイルが流行した。

常に進化する戦術の中で、いつの時代も良く言われたことは

「フィールドを広く使え」だった。

ボールを持ったら逆を見ろ、とか、サイドチェンジしろ、と口酸っぱく言われ、それらが本能に刷り込まれていったのだと思う。

だからこそ、

その本能が開花するとき!

そう、【泥酔へたどり着いたとき】僕はフィールドを思う存分広く使う。

道路の右から左まで千鳥足でうろつき回る。

気持ちはふわふわしているのに、

足なんてふらふらなになっているのに、ただ前へ進もうとする意志だけは妙に恐ろしく強い。

路側帯の白線を目印に、

そこをたどるようにまっすぐ歩いているつもりなのだが、あっちへふらふら、こっちへふらふら。

視線は前だけ向いているのだけど、

気が付けば泥酔した僕は、

あの時のきーちゃんのようにフィールドを駆け回っている。

キングカズのように今もプレーし続けている。

column:福田管

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  2. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  3. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  4. 週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Ta…
  5. 本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

関連記事

  1. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

    本末転倒酒の虫僕たちは基本的にお金がない。あっても無いような気…

  2. キブン

    振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目

    背中で振り向かずとも身の危険を感じたことはありますか?正確には…

  3. キブン

    京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってきた

    「ドローン」という言葉はよく聞くのですが、実際に見たことがなかったので…

  4. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

    岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という映画…

  5. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

    酒場での出会い標題を見て、男女の馴れ初めの話だと期…

  6. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

    酒を飲むシチュエーションは色々ある。いつもの仲間と大衆…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    酒場での失敗談や面白かった出会いをまとめました
  2. キブン

    困ってなくても神頼み!?
  3. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  4. コト

    週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Ta…
  5. タビ・アソビ

    文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。