キブン

みやこつづり-一頁目

img_4027

書は建仁寺 禅居庵 上松正明 住職のもの。

年の瀬になり、大きなイベントも残すところクリスマスだけ。街で繰り広げられているプレゼント商戦を眺めつつ、相方に何を贈れば良いか、ふと考える。顔も性格もわかっている相手に贈るものを考えるのは、それはそれで難しいものである。しかし、7年ほど前は顔も知らない相手に贈りものをするのがブームになっていた。

2010年のクリスマス。前橋市の児童相談所に届けられた10個のランドセル。送り主は、漫画「タイガーマスク」の主人公、伊達直人。添えられたメッセージから、善意の贈りものであることがわかると、これを真似た行為が全国に広まり、一連の活動は「タイガーマスク運動」と呼ばれた。活動の発端となった人物は、後に特定され、毎日新聞のインタビューに匿名で応えている。

「生まれてきてごめんなさい」

送り主に両親はおらず、親戚の間を移り住む生活をしていたという。「お前がいるから家庭がぎくしゃくする」と、言われ「生まれてきてごめんなさい」と謝罪をしていたそうだ。上京後就職すると、自分と同じ境遇の子どもの力になりたいと、寄付を始める。この時に児童福祉施設入所前の「一時保護所」にいる子ども達は、学校にもいけないというのを知ったことからランドセル運動を始めたのだとか。

一時加熱していた運動も、一過性のもので翌年にはもう落ち着いていた。発端となった人物は今でも活動を続けており、今年2016年タイガーマスク35周年イベントに、初めて実名で表舞台に登場した。河村正剛さん43歳。群馬県の会社員。イベントでは「顔が見える方が子どもの励みになり、支援しているのが、ヒーローではなく、私のような普通の人だということを知ってほしい」と語ったそう。

過去のトラウマになりそうな体験が、活動を始めそして、続ける動力になっているだろう。しかし、そこにはもうひとつ、主体性が必要だと思う。どこかの団体に所属するのではなく、小さくても自分でできることをずっと続ける。大きなことはできないが、積み重ねた活動は一度の大きなものにも匹敵するはずだ。

縁があって参加した、臨済宗の座禅体験で住職がこんなことを言っておられた。「自由とは自らを由りどころとすることである」。他人に期待するのではなく、自分を信じることが、主体性を作るのだという。他人に期待することなく活動を続けてきた河村さんは、間違いなく自由な人だろう。

ちなみに12月8日はお釈迦様が悟りを開かれた日だそう。悟りを開くのは無理かもしれないが、やろうと思っていたことを、他人に期待せず始めてみるのもいいかもしれない。自由は意外と近くにある。

“Column:小林茶ノ目”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに…
  2. 【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  3. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  4. 白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目
  5. 「京都タワー」を好きな色にライトアップ!地上100mでのプロポーズもオススメ

関連記事

  1. キブン

    京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」

    毎日が記念日運動があったのかはわからないけれど、とにかく毎日なにかの記…

  2. キブン

    困ってなくても神頼み!?

    おみくじ。起源は古く日本では鎌倉時代初期からその存在が確認され…

  3. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  4. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  5. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目

    酒を飲みに出かけると、まったく知らない人とテーブルを囲むことがある…

  6. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

    暴君ボイラーメーカー大学生の頃の僕たちにはボイラーメーカーとい…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. モノ・ビヨウ

    ヘナ(ハーブ)カラートリートメントのメリットやデメリットを京都烏丸御池のヘアサロ…
  2. コト

    2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報
  3. タビ・アソビ

    ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃
  4. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」…
  5. コト

    竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。