キブン

暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

yoidore03

暴君ボイラーメーカー

大学生の頃の僕たちにはボイラーメーカーという暴君が君臨していた。

そいつはカクテルグラスにビールと、ショットグラスにバーボンという出で立ちでやってくる。

このときはまだ優しい顔をしているのだけど、

ショットグラスをビールの入ったカクテルグラスにポトンと落とし、二つの液体がまじりあい、ちょうど琥珀色になったころ、

そいつは暴君へと変貌する。

大学生のころ住まいの近所にある300円均一のバーを友人とよく利用していた。と、言うよりはほぼそこしか行っていない。




そこでひと際、猛威を振るっていたのが「ボイラーメーカー」だった。

何より300円均一の店で唯一500円という値を張り続けるそのプライドがもうものすごい。

ちょっと仲良くなったバーテンがバーボンのブラントンをグラス波々に入れてきてくれたのは、学生ながらに理解できなかったが(その価値が分かった今ではもっと理解できない)、そいつだって300円だった。なのにその暴君は500円で、その価格通りの破壊力を見せつけていた。

普段はとっても穏やかな友人Sはボイラーメーカーを必要以上に好み、割り勘負けする僕たちの厳しい目を気にせずひたすらそれをあおり続けた。

暴君は彼にすっと乗り移り、普段はとっても穏やかな彼を帰り道、街中のありとあらゆる看板をけり倒す暴君へと変貌させた。彼の通った後の道は台風一過のようだった。

そんな暴君は、その店オリジナルのカクテルだと思っていたのだけれど、ちゃんと調べてみると実際にあるんですね「ボイラーメーカー」って。

アメリカの発電施設に従事していた作業員が酔っぱらうために、飲みかけの缶ビールの中にバーボンを入れたのが起因とされたり、飲むとボイラーのように体が熱くなるからと言われたり、韓国では「爆弾酒」と呼ばれている。ウイスキーをテキーラに変えると「サブマリノ」という潜水艦という意味の名前に変わり、それは、ピニャコラーダとチチの関係性に似ている。

お酒、特にカクテルの名前にはそれぞれに意味があって、例えば、「XYZ」は「これ以上ない最高のカクテル」というのをアルファベットの最後の3文字で表現したといわれている。美味しいか美味しくないかで判断していた若いころに比べ、じっくり飲むことができるようになった今、その名前の由来を考えながら飲むのも楽しさひとしおかもしれない。

“Column:福田管(Fukuda-kuda)”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ
  2. 創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  3. 『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  4. 日本三大勅祭のひとつ、国宝石清水八幡宮の奇祭。深夜二時から始まる幻想的な五百人夜…
  5. 10月後半から11月の京都のイベント情報

関連記事

  1. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

    岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という映画…

  2. キブン

    目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ

    「烏丸」や「糺ノ森」などの読み方は、他府県の人からするとちょっ…

  3. キブン

    年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚

    「ヒーローが年下になったのはいつからだろう。」というキャッチコ…

  4. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

    酒場での出会い標題を見て、男女の馴れ初めの話だと期…

  5. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目

    成人式を終えた二十歳の新成人たちは、お酒を飲めるようになる。始…

  6. キブン

    白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目

    すっかり秋にもなり、あちらコチラで日本酒イベントも増えてきた。…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  2. タビ・アソビ

    そろそろ天命を反転させませんか?ありますよここに-アートと触れ合う不思議なテーマ…
  3. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」
  4. タビ・アソビ

    2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン
  5. キブン

    海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。