キブン

暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

yoidore03

暴君ボイラーメーカー

大学生の頃の僕たちにはボイラーメーカーという暴君が君臨していた。

そいつはカクテルグラスにビールと、ショットグラスにバーボンという出で立ちでやってくる。

このときはまだ優しい顔をしているのだけど、

ショットグラスをビールの入ったカクテルグラスにポトンと落とし、二つの液体がまじりあい、ちょうど琥珀色になったころ、

そいつは暴君へと変貌する。

大学生のころ住まいの近所にある300円均一のバーを友人とよく利用していた。と、言うよりはほぼそこしか行っていない。




そこでひと際、猛威を振るっていたのが「ボイラーメーカー」だった。

何より300円均一の店で唯一500円という値を張り続けるそのプライドがもうものすごい。

ちょっと仲良くなったバーテンがバーボンのブラントンをグラス波々に入れてきてくれたのは、学生ながらに理解できなかったが(その価値が分かった今ではもっと理解できない)、そいつだって300円だった。なのにその暴君は500円で、その価格通りの破壊力を見せつけていた。

普段はとっても穏やかな友人Sはボイラーメーカーを必要以上に好み、割り勘負けする僕たちの厳しい目を気にせずひたすらそれをあおり続けた。

暴君は彼にすっと乗り移り、普段はとっても穏やかな彼を帰り道、街中のありとあらゆる看板をけり倒す暴君へと変貌させた。彼の通った後の道は台風一過のようだった。

そんな暴君は、その店オリジナルのカクテルだと思っていたのだけれど、ちゃんと調べてみると実際にあるんですね「ボイラーメーカー」って。

アメリカの発電施設に従事していた作業員が酔っぱらうために、飲みかけの缶ビールの中にバーボンを入れたのが起因とされたり、飲むとボイラーのように体が熱くなるからと言われたり、韓国では「爆弾酒」と呼ばれている。ウイスキーをテキーラに変えると「サブマリノ」という潜水艦という意味の名前に変わり、それは、ピニャコラーダとチチの関係性に似ている。

お酒、特にカクテルの名前にはそれぞれに意味があって、例えば、「XYZ」は「これ以上ない最高のカクテル」というのをアルファベットの最後の3文字で表現したといわれている。美味しいか美味しくないかで判断していた若いころに比べ、じっくり飲むことができるようになった今、その名前の由来を考えながら飲むのも楽しさひとしおかもしれない。

“Column:福田管(Fukuda-kuda)”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  2. ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に
  3. 困ってなくても神頼み!?
  4. 彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  5. SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…

関連記事

  1. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

  2. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源院」で悠久の時を感じ…

    一休和尚(宗純)が過ごした寺としても有名な、京都紫野の臨済宗大徳寺。そ…

  3. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」

    重要伝統的建造物群保存地区に認定されている京都嵯峨野の「嵯峨鳥居本(さ…

  4. キブン

    京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」

    毎日が記念日運動があったのかはわからないけれど、とにかく毎日なにかの記…

  5. キブン

    年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚

    「ヒーローが年下になったのはいつからだろう。」というキャッチコ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目
  2. コト

    2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報
  3. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」
  4. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目
  5. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグ…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。