キブン

はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

yoidore03

20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み方に憧れる30代サラリーマンふたりによるリレーコラム。酒との付き合い方もうまくなったふたりの、酒の席での失敗談やおいしい話を楽しんで。

コップ半分。それが限界だった。

 

初めてまともにお酒を飲んだのはいわゆる合コンというやつだった。

初めての合コンで初めてのお酒。何がどうなるかなんて想像もつかない状況の中でただ悶々としていたのは記憶にある。

とりあえず会が始まり、ビールなんて飲めそうにもないから酎ハイに手を出してみた。

どれくらい飲む?聞かれてもそんなのわかんないなあ、と思いながらコップにたっぷり入れてもらう。

お。なかなかおいしいやんと思い5分後事態は一変する。

ああ、何だろうこの感じ。空飛んでるような。でも空飛んだことないし。とりあえずふわふわしている。それが気持ちいいのか悪いのかわからないまま、気づいたら寝てた。

起きたらシラッとした人たちがこっちを見た。

 

すっごい気まずくなって、俺帰ろうかなぁなんて言ってみて。じゃあおれも帰るわと一緒に行っていた友達が言ってくれた。

帰り道で、すっごくつまらんかったしちょうどよかったわ。と絶対に相手には聞かせられないがしかし恰好よすぎるセリフを残し彼は去っていった。

そして僕はどうやら2時間ほど眠っていたらしい。

はじめてのお酒は楽しさも哀しさもエロティックさも感じさせる間も与えずに眠りの世界へ僕を放り込んだ。

今ではコップ半分なんて嘘のように杯を重ねてビールだって、焼酎だって日本酒だっておかまいなしに飲んでいく。

いつしか、水を並行して飲みだしたりウコンに頼ってみたり妙にセーブしてみたりたりいいのか悪いのかわからない知恵もつけだしてきたが、

一つ言えるのは、

お酒自体のおいしさよりも好きな人達と飲むお酒が何より美味しいのだ。

30代になってお酒を飲み始める若者と接することも出てきて、木屋町で雪崩のように倒れこむ飲み方をするのではなく、

『楽しく飲めるお酒』を築かせるのも僕たちの役目なのかもしれない。もちろんとりあえずビール、の常識をもっていなくたって怒ったりしてはいけないのかもしれない。

がむしゃらに飲むのでもなく、愚痴をばらまくのでもなく、次の日になって何を話していたかあんまり覚えてないけれど、楽しかったなあと思える飲み方がやっぱり好きだったりする。

(コラム:福田管 Fukudakuda)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. みやこつづり-一頁目
  2. 2016年11月-12月の京都のイベント情報
  3. 一日中家にいる時は、オーロシーカのお香で気分を変えて。
  4. インド出身のシェフが作るカレーラーメンは健康的でお腹もいっぱい-北大路烏丸「EA…
  5. メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…

関連記事

  1. キブン

    酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目

    酒場で繰り返されるべき話だいたい30歳を過ぎると、だんだん定期…

  2. キブン

    「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館

    春は梅や桜の花曇りが、夏は苔や緑の薫風が、秋は野山の錦が、冬は大雪の日…

  3. キブン

    僕の上司その3-酔いどれ譚十七杯目

    これは前の記事の続きですそうです。またまた飲んだらとんでも…

  4. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

    これは、以前にもこのコラムに登場し日本酒×高校野球という常人離れし…

  5. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

    本末転倒酒の虫僕たちは基本的にお金がない。あっても無いような気…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに…
  2. コト

    2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報
  3. タビ・アソビ

    高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素…
  4. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。