キブン

はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

yoidore03

20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み方に憧れる30代サラリーマンふたりによるリレーコラム。酒との付き合い方もうまくなったふたりの、酒の席での失敗談やおいしい話を楽しんで。

コップ半分。それが限界だった。

 

初めてまともにお酒を飲んだのはいわゆる合コンというやつだった。

初めての合コンで初めてのお酒。何がどうなるかなんて想像もつかない状況の中でただ悶々としていたのは記憶にある。

とりあえず会が始まり、ビールなんて飲めそうにもないから酎ハイに手を出してみた。

どれくらい飲む?聞かれてもそんなのわかんないなあ、と思いながらコップにたっぷり入れてもらう。

お。なかなかおいしいやんと思い5分後事態は一変する。

ああ、何だろうこの感じ。空飛んでるような。でも空飛んだことないし。とりあえずふわふわしている。それが気持ちいいのか悪いのかわからないまま、気づいたら寝てた。

起きたらシラッとした人たちがこっちを見た。

 

すっごい気まずくなって、俺帰ろうかなぁなんて言ってみて。じゃあおれも帰るわと一緒に行っていた友達が言ってくれた。

帰り道で、すっごくつまらんかったしちょうどよかったわ。と絶対に相手には聞かせられないがしかし恰好よすぎるセリフを残し彼は去っていった。

そして僕はどうやら2時間ほど眠っていたらしい。

はじめてのお酒は楽しさも哀しさもエロティックさも感じさせる間も与えずに眠りの世界へ僕を放り込んだ。

今ではコップ半分なんて嘘のように杯を重ねてビールだって、焼酎だって日本酒だっておかまいなしに飲んでいく。

いつしか、水を並行して飲みだしたりウコンに頼ってみたり妙にセーブしてみたりたりいいのか悪いのかわからない知恵もつけだしてきたが、

一つ言えるのは、

お酒自体のおいしさよりも好きな人達と飲むお酒が何より美味しいのだ。

30代になってお酒を飲み始める若者と接することも出てきて、木屋町で雪崩のように倒れこむ飲み方をするのではなく、

『楽しく飲めるお酒』を築かせるのも僕たちの役目なのかもしれない。もちろんとりあえずビール、の常識をもっていなくたって怒ったりしてはいけないのかもしれない。

がむしゃらに飲むのでもなく、愚痴をばらまくのでもなく、次の日になって何を話していたかあんまり覚えてないけれど、楽しかったなあと思える飲み方がやっぱり好きだったりする。

(コラム:福田管 Fukudakuda)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」
  2. 高台寺秋の夜間特別拝観がスタート-ライトアップのテーマは「輪廻」
  3. 大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  4. 京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル…
  5. 2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報

関連記事

  1. キブン

    京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってきた

    「ドローン」という言葉はよく聞くのですが、実際に見たことがなかったので…

  2. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

    岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という映画…

  3. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  4. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  5. キブン

    目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ

    「烏丸」や「糺ノ森」などの読み方は、他府県の人からするとちょっ…

  6. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

    暴君ボイラーメーカー大学生の頃の僕たちにはボイラーメーカーとい…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  2. コト

    辛いモノが食べられるようになって食の楽しみを増やそう-2月17日金曜日は滋賀守山…
  3. タビ・アソビ

    今行きたい信楽-京都市内から車で約40分の老若男女楽しめるスポット
  4. タビ・アソビ

    鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて
  5. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。