キブン

上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

初めて上司の酒を断った日

yoidore03
基本僕はノリは悪くない方だ。
酒も好きだ。
会社の同僚に飲みに誘われたら、基本行く。
ただ、人間なので気分の乗らない時もある。単に気分が乗らない時もあるし、体調の悪い、飲み会の続いた日などはもちろんあんまり行きたくない。
酒は良薬で風邪なんか治るよ!なんて言う人もいるが、それはたぶん嘘だ。
治ったためしはないし、経験上かなりの確率で悪化する。後悔する。
そう、誰だって、飲みに行きたくない日はあるものだ。

僕は入社して2、3年の頃、上司の酒の誘いを初めて断った。今でもよく覚えている。

その上司の誘いは、いわゆる事前通知型ではなく、いつも突発型だ。
以前にも何度か突然の誘いがあり、僕はそれに、
「今日どう?いこか?」
「いいっすね!」と応えていた。
残業が続いたある日、上司は僕に言った。
「今日どう?行こか。」
僕は特に予定はなかったが、何となく飲みに行く気分ではなく、何となく断った。
「ちょい今日はだめなんです。」
「そうか、なんかあるんか?」
「ええちょっと」
「そうか」
その時の上司の作り笑いを今でも覚えている。なんというか、照れ笑いのような。
その時は、なんでこの人の誘いはいっつも突然なんやろう?と思っていた。

そして、いま僕は、その頃の上司の年齢にすごいスピードで近づいている。部下とゆーか、後輩もたくさんできた。
仕事が忙しい時もある。
その忙しさが佳境に向かう時、無性に飲みたくなる。
なんとゆーか、あと一歩だ、がんばろう、ちょい息抜きしよう的な、そんな感じで。
こんな時は、一人飲みは寂しいので、誘いたくなるのだ後輩を。
誘う前、初めて上司の酒を断った日を思い出す。
あ、そうか僕も突発型だな。これが突発型になる理由だわ。今になってようやく上司の気持ちがわかる。
そして、勇気を振り絞って後輩に声をかける。
「今からどう?行こか?」
「えっ?どこに行くのですか??」
時代は確実に変わろうとしている。

(コラム:しょる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧
  2. ヘナ(ハーブ)カラートリートメントのメリットやデメリットを京都烏丸御池のヘアサロ…
  3. アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ
  4. 目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ
  5. 白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目

関連記事

  1. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

    暴君ボイラーメーカー大学生の頃の僕たちにはボイラーメーカーとい…

  2. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

    これは、以前にもこのコラムに登場し日本酒×高校野球という常人離れし…

  3. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  4. キブン

    困ってなくても神頼み!?

    おみくじ。起源は古く日本では鎌倉時代初期からその存在が確認され…

  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源院」で悠久の時を感じ…

    一休和尚(宗純)が過ごした寺としても有名な、京都紫野の臨済宗大徳寺。そ…

  6. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目

    上司にはいろんな人がいる。優しい上司、厳しい上司、頼りになる上…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  2. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」…
  3. タビ・アソビ

    鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて
  4. タビ・アソビ

    小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧
  5. タビ・アソビ

    【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。