キブン

上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

初めて上司の酒を断った日

yoidore03
基本僕はノリは悪くない方だ。
酒も好きだ。
会社の同僚に飲みに誘われたら、基本行く。
ただ、人間なので気分の乗らない時もある。単に気分が乗らない時もあるし、体調の悪い、飲み会の続いた日などはもちろんあんまり行きたくない。
酒は良薬で風邪なんか治るよ!なんて言う人もいるが、それはたぶん嘘だ。
治ったためしはないし、経験上かなりの確率で悪化する。後悔する。
そう、誰だって、飲みに行きたくない日はあるものだ。

僕は入社して2、3年の頃、上司の酒の誘いを初めて断った。今でもよく覚えている。

その上司の誘いは、いわゆる事前通知型ではなく、いつも突発型だ。
以前にも何度か突然の誘いがあり、僕はそれに、
「今日どう?いこか?」
「いいっすね!」と応えていた。
残業が続いたある日、上司は僕に言った。
「今日どう?行こか。」
僕は特に予定はなかったが、何となく飲みに行く気分ではなく、何となく断った。
「ちょい今日はだめなんです。」
「そうか、なんかあるんか?」
「ええちょっと」
「そうか」
その時の上司の作り笑いを今でも覚えている。なんというか、照れ笑いのような。
その時は、なんでこの人の誘いはいっつも突然なんやろう?と思っていた。

そして、いま僕は、その頃の上司の年齢にすごいスピードで近づいている。部下とゆーか、後輩もたくさんできた。
仕事が忙しい時もある。
その忙しさが佳境に向かう時、無性に飲みたくなる。
なんとゆーか、あと一歩だ、がんばろう、ちょい息抜きしよう的な、そんな感じで。
こんな時は、一人飲みは寂しいので、誘いたくなるのだ後輩を。
誘う前、初めて上司の酒を断った日を思い出す。
あ、そうか僕も突発型だな。これが突発型になる理由だわ。今になってようやく上司の気持ちがわかる。
そして、勇気を振り絞って後輩に声をかける。
「今からどう?行こか?」
「えっ?どこに行くのですか??」
時代は確実に変わろうとしている。

(コラム:しょる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  2. 京都、日本、東京の移り変わりを考える古地図展がおもしろい
  3. BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
  4. 僕の上司-酔いどれ譚九杯目
  5. SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…

関連記事

  1. キブン

    困ってなくても神頼み!?

    おみくじ。起源は古く日本では鎌倉時代初期からその存在が確認され…

  2. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

    これは、以前にもこのコラムに登場し日本酒×高校野球という常人離れし…

  3. キブン

    予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

    僕は小学3年のころからサッカーを始めた。当時はJリーグが開幕し…

  4. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

    酒を飲むシチュエーションは色々ある。いつもの仲間と大衆…

  5. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  2. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  3. タビ・アソビ

    開運・招運のご縁にも期待-関西で強力だといわれているパワースポット5選
  4. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…
  5. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。