キブン

酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

yoidore03

酒を飲むシチュエーションは色々ある。

いつもの仲間と大衆酒場で一杯、ホテル宴会場で会社の新年会、ちょっと洒落た店で合コン、彼女とバーで一杯、家で好きなテレビを見ながら晩酌などなど。
楽しかったり、さほど楽しくなかったりいろんなシチュエーションがある。

酒を飲む最高のシチュエーション

少し話は変わるけれど、ある音楽家が、昔こんなことを言っていた。(正確には覚えてません。だいたいこんな事を言ってた程度)

「音楽がすごく生きる時があるんですよ。例えば秋のはじめ、美しい夕暮れ時で、気温がスッと低くなる時、そんな時、自転車に乗りながら音楽を聴いている。ちょうどいい感じ下り坂で。その時全ての景色や考えていることなどが音楽と溶け込む。そんな感じで同じ音楽を聴いていても、すごい沁みる時がある」

ちょっとクサいけどその感じ、僕もすごいわかる。
大げさかもしれないけれど、その瞬間、ああ生きていてよかった、人間に生まれて良かったって思うのである。

そう、それで話は戻る。
お酒にも同じことが言えると思うのです。
同じ酒を飲んでいても、最高に沁みる瞬間ってのが、存在すると。
夏の暑い日、しこたま働いて仲間といくビアガーデンだったり、大晦日コタツの中で紅白でも見ながらニシンをつつき飲む日本酒であったり。

いろいろたまらんシチュエーションがあるけれど、今んところ私的酒飲みシチュエーションランキング1位を発表すると、「キャンプで飲むウィスキー」である。

昼間の気温が嘘のように下がった夜、子供がテントで寝静まったあと、焚き火をしながら、自らウィスキーの樽チップで燻した燻製を片手に飲む、ウィスキーロック。
澄んだ空気、空は星だらけ、虫の声、焚き火のパチパチって音。その他は何もない。
そんな中、何にも考えないで飲むウィスキー。
これぞ、最強無敵のシチュエーション。
店や家で飲むウィスキーとは比べもんにならない。
こんな風に同じお酒でもシチュエーションが違えば沁み方が全然違う。

だから、僕を含めみなさんには自分がお酒を飲むうえで、気分が高揚するシチュエーションをできるだけ多く持ってほしいとおもうのである。
なぜなら、その時間は紛れもなく幸せな時間であり、当然、それが多ければ多いほど人生確実に愉しくなるからである。
“column:しょる”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョ…
  2. 京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメ…
  3. 小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧
  4. 「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじ…
  5. 京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット

関連記事

  1. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」

    重要伝統的建造物群保存地区に認定されている京都嵯峨野の「嵯峨鳥居本(さ…

  2. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

    酒場での出会い標題を見て、男女の馴れ初めの話だと期…

  3. キブン

    酒場での失敗談や面白かった出会いをまとめました

    酒の数だけ出会いがある。その場で出会った人と笑いあって酒を飲ん…

  4. キブン

    「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館

    春は梅や桜の花曇りが、夏は苔や緑の薫風が、秋は野山の錦が、冬は大雪の日…

  5. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  6. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目

    成人式を終えた二十歳の新成人たちは、お酒を飲めるようになる。始…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    京都、日本、東京の移り変わりを考える古地図展がおもしろい
  2. タビ・アソビ

    【綺麗な写真が撮れる】京都から車で2時間半以内で行ける関西の夜景スポット5選
  3. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い
  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶…
  5. コト

    京都にきたら極楽浄土を体験して。西本願寺のライトアップは10月10日まで
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。