キブン

京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」

毎日が記念日運動があったのかはわからないけれど、とにかく毎日なにかの記念日があります。全国的には今日は「美容室の日」「ビタミンの日」。「ビタミンの日」はビタミンB1(当時はオリザニン)の発見が東京科学学会で発表された日だかららしく、「美容室の日」になったのは、12月が美容室にとって繁忙期であるのと、「13」という数字をくっつけると「Beauty」の頭文字「B」にみえるからだそう。では京都ではいったいどんな日があるのか。

祇園の花街の伝統行事「事始め」

img_1038%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-01

京都でもありました。「花街(かがい/はなまち)」と呼ばれる場所では、舞妓や芸妓が、今年のお礼と新年に向けた挨拶を踊りの師匠や茶屋にしにいく日だそう。江戸時代から始まった風習で、祇園では今でも残っているのだとか。特にお世話になっているところには鏡餅を持参するそう。

冬の風物詩と呼ばれるほど有名なのが、日本舞踏の流派、井上流の五代目家元井上八千代への挨拶。初代井上八千代は、日本舞踏を京都の伝統の舞「京舞」として発展させた人物で、現在の五代目家元は人間国宝にも認定されている。また井上流は無形文化財でもあるそう。

舞妓や芸妓が「おめでとうさんどす」と挨拶をすると、師匠は「おきばりやす」と励まして、時には舞扇をご祝儀として渡すのだとか。ちなみに事始めでは「おことうさんどす」という言葉も使われるのだけれど、これは「お事多さん」と書き、「忙しくてなによりです」という意味のよう。来年こそは「おことうさん」でいたいものです。

また12月13日は、二十八宿では「鬼(き)の日」で、結婚以外は何をやってもうまく行く日だそう。何か新しいことを始めてみるのも良いかもしれませんね。
“Columun:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  2. 2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報
  3. 夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと
  4. 市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  5. どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ

関連記事

  1. キブン

    予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

    僕は小学3年のころからサッカーを始めた。当時はJリーグが開幕し…

  2. キブン

    京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってきた

    「ドローン」という言葉はよく聞くのですが、実際に見たことがなかったので…

  3. キブン

    海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話

    撮影で、色んな場所に行きます。例えば、深夜二時から始まるお祭り、例えば…

  4. キブン

    場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目

    確かに彼女はそこにいた。それほど広くない土間にビールケ…

  5. キブン

    上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

    初めて上司の酒を断った日基本僕はノリは悪くない方だ。酒も好…

  6. キブン

    白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目

    すっかり秋にもなり、あちらコチラで日本酒イベントも増えてきた。…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  2. コト

    京都にきたら極楽浄土を体験して。西本願寺のライトアップは10月10日まで
  3. キブン

    上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目
  4. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』
  5. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。