キブン

京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってきた

「ドローン」という言葉はよく聞くのですが、実際に見たことがなかったので今回は試し撮りをしてみました。京都市内ではほとんど飛ばせないので、岡山県の渋川海水浴場まで行ってきました。冬なので人もほとんどおらず、綺麗な砂浜が広がっており比較的綺麗な映像が撮れました。

なんでわざわざ岡山に


ドローンを実際に見たことがある人は少ないのでは?というのも、色々と規制があり、人が近くにいると飛ばせないそう。それゆえ、ドローンを飛ばしている人はこっそりと、人のいないところで飛ばしているのだとか。

ちなみに規制は簡単にまとめるとこんな感じです。
1:空港周辺の上空(空港から10km以上離れる必要があります。)
2:人口集中地(街中とか、イベントも含まれるそうです。)
3:150m以上の高さ(飛行機が飛行する高さには入ってはいけないのだそうです)

その他
1 夜間飛行禁止:原則ドローンの飛行は日の出から日没までです。
2 人や物から30m以上距離をとること:撮影対象でないものからは一定の距離を保つ必要があります。プライバシーの侵害にあたるので、人は映さない。(許可を得ている場合はOK)
3 イベント上空の飛行:祭りやイベントの際は原則禁止されており、主催者の許可などが必要になる。
4 目視外の飛行:自分で直接確認できない位置での飛行は許可が必要になる。(山だと木に隠れる可能性がありそうです)
5 危険物の輸送禁止:禁止されています。
6 物の落下禁止:ドローンからものを落下させる場合は許可が必要

こんな感じです。ではどんなところで飛ばせるのかというと、思いつくのが人のいない海しかないんですね。都市部だと公園も規制されているところが多く、河川敷も人がいると飛ばせない。あと、重要文化財も映してはいけないそうです。
国としては飛ばさないでくれということなんだと思います。ほかのサイトの情報では、沖縄だけが規制緩和を求めているのだとか。
規制に関してはここに詳しく記しているので紹介します。

そんなこんなで、岡山県の渋川海岸まで行ってきました。動画を作りましたので、よければ見てください。

[embedyt] http://www.youtube.com/watch?v=tmwJnw9d3zE[/embedyt]

撮影場所:渋川海岸
住所:岡山県玉野市渋川2丁目

“Text:中川直幸,Photo:中川直幸,Movie:Oka-d,BGM:中川直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  2. 日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  3. バーベキュー、ダム、温泉、プール、日吉ダムで秋のレジャーを楽しもう!
  4. 京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕…
  5. インド出身のシェフが作るカレーラーメンは健康的でお腹もいっぱい-北大路烏丸「EA…

関連記事

  1. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

    本末転倒酒の虫僕たちは基本的にお金がない。あっても無いような気…

  2. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  3. キブン

    雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵

    美山かやぶきの里の冬の風物詩として人気のイベント「雪灯廊」。雪化粧の里…

  4. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目

    成人式を終えた二十歳の新成人たちは、お酒を飲めるようになる。始…

  5. キブン

    困ってなくても神頼み!?

    おみくじ。起源は古く日本では鎌倉時代初期からその存在が確認され…

  6. キブン

    僕の上司その3-酔いどれ譚十七杯目

    これは前の記事の続きですそうです。またまた飲んだらとんでも…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    開運・招運のご縁にも期待-関西で強力だといわれているパワースポット5選
  2. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目
  3. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  4. タビ・アソビ

    満月の日に撮影したい街なか絶景-滋賀県大津市「大津湖岸なぎさ公園」
  5. ヒト

    「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。