キブン

海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話

撮影で、色んな場所に行きます。例えば、深夜二時から始まるお祭り、例えば綾部、例えば長岡京にひっそりと隠れるようにしてある名刹。そういうところは人は少ないです。日本人も少なくおそらく地元だと思われる方、お寺であれば、ご利益を求めて来られる方。でも、なぜか海外の方が、日本人でもあまり来ないような場所にいるんです。不思議に思ったので、いく先々で観察した結果報告を。

img_0820

実際なにを見て来ているのか

これは一番気になったのですが、圧倒的にスマホを見ておられます。ある方は日本語ができる方なのでしょう日本語のブログのようなページを、ある方は外国語のページを、そして動画を見ている人。動画ですよ動画。言葉が分からなくとも、なんとなく言っている事が想像できるし、書き手の感情に惑わされない。実際、「京都観光 動画」で検索すると、きちんと編集されたものから、そのままアップされたような心霊系のものまで、めちゃくちゃヒットします。その数約19万件。ちなみに「kyoto sightseeing spots」の動画検索結果も7,760件。

心霊スポットはざっと見た感じ有名無名問わず、ほとんどアップされています。観光もお寺に絞ると、市内の90%くらい出ているはず。これか、と。海外の人、これ見てるのか、と。あとは海外で発売されているであろう、分厚い観光本もありますが、これは北欧系の人が多かったです。アジア系の方はスマホが多いように思います。ただ、もしかすると、SNSから写真を見て、気になったところを検索しているのかもしれません。google+で写真をアップしていると、なぜか外国の方からメッセージがくることがありましたので。

好奇心がすごい

付け加えて、好奇心の強さ。開拓者精神なのでしょうね、日本人だったら足を踏み入れるのを躊躇うような路地でもぐいぐい行きます。町家っぽいところで看板が出ていると、とにかく確かめる。そこがショップで、気に入ったものがあったら買う。工芸品はもちろんですが、変な日本語のTシャツでも買っちゃいます。情報は情報として処理して、流行りとかに流されず自分の価値観で「これがいい」と感じたら、行くし、買うんですね。これは見習いたい。

ただ好奇心が強くて、側からみているとハラハラすることもあります。おそらくカップルだと思われる白人2人が、あるお店の前で興味津々で立ち止まっていました。男性がずっと「●ック キョウト」と連呼しています。

ここはなんだ、と。「●ック キョウト」めちゃくちゃ興味あるぞ、ここ、いったいなんだ。と言っていたんだと思います。そして、女性が小さく書かれた文字を見て「ファ、ファッションヘルス?」。和製英語ですから、わからないんですね。やはりこういう場面では男性がなんとなく感づくみたいで、まだ興味津々の女性に対して。

「あぁ、ここ多分違う。その…違うお店だよ」と、切り出すんです。それでも外国の方は「違うってなに?面白そうじゃない」ってなるんですね。そのやりとりを経て「その…たぶん女性が男性をもてなす、マッサージのお店だよ」みたいな事をいって、「ワオっ。オマイガー」。苦笑してそそくさと次に向かっておられました。

さすがに、ふたりで入ろうとしたら、止めようと思ったのですが、たぶんこのお店に間違えて入ってる旅行者はいるはずです。間違えそうな方を見たら、ぜひ止めてあげてください。

“column:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶…
  2. ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき
  3. 世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  4. 京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ
  5. 年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚

関連記事

  1. キブン

    「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館

    春は梅や桜の花曇りが、夏は苔や緑の薫風が、秋は野山の錦が、冬は大雪の日…

  2. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  3. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

    岩井俊二監督の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という映画…

  4. キブン

    振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目

    背中で振り向かずとも身の危険を感じたことはありますか?正確には…

  5. キブン

    京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白い

    飲食店にはそのお店の特色があり、趣味嗜好が同じような人が集まりやすい。…

  6. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年
  2. コト

    ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに…
  3. コト

    市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  4. ヒト

    復活した幻の酒米”渡船”-JAグリーン近江 酒米部会 会…
  5. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。