キブン

古着のススメっ!-アメリカ~ヨーロッパ ビンテージ編

僕、ドMなんです …

イケない妄想をしたそこのあなたっ!
かなりの確率でサイトを間違っていますよ。
MはMでも、アメリカ軍の軍用コート「M-48、M-51、M-65 PARKA」が大好きなんです。
その中でも「モッズコート」とも呼ばれる「M-51 PARKA」が大好物っ。
ポイントは色々とあるのですが、個人的に「フィッシュテール」と呼ばれる背中の形状がお気に入りです。
これだけでご飯4〜5杯はいけちゃいますよ。
「コート」なのに、なぜ「パーカ」?と気になるところですが、「フードあるしパーカで良くねぇ?」的な軽いノリで決まったんでしょうね。あくまでも想像ですが…

はじまりはあの映画から

ハマるきっかけとなったのは、あの映画でした。
そう、「さらば青春の光」です。
MODS(モッズ)と呼ばれるお洒落さん達がスーツの上に羽織っていたコートが「M-51 PARKA」なんです。
「M-51 PARKA」を羽織り「Vespa(スクーター)」にまたがる姿が高校生の僕には強烈すぎる衝撃でした。
その衝撃たるや否や初めてエ○本を、、、
いや、まさに初期衝動っ!
何故、イギリスでアメリカ軍のものがと疑問に思われるかもしれません。
「M-51 PARKA」が、朝鮮戦争が休戦となり大量に民間へ放出され、アメリカからイギリスに輸出されました。安価で実用的な「M-51 PARKA」は、反体制の意味も込められ、MODS(モッズ)の間で流行することになります。
特に「Vespa」で移動する際にスーツの汚れを防げるという部分が大きかったようです。

事件は会議室で起きてるんじゃないっ!

日本では90年代に「踊る大捜査線」というドラマが流行し、その主人公である青島氏が「M-51 PARKA」を愛用していたことから「青島パーカ」と呼ばれていた時期がありました。
実際、この頃から「M-51 PARKA」を着てる方をよく見かけるようになりました。
至るところで「M-51 PARKA」をモチーフにデザインされたコートが売り出され、そして、現在ではフードの付いたミリタリー調のコートを「モッズコート」と呼ばれるようになっていったのです。
寧ろフードが付いていなくても、そう呼ばれている場合もありますが。。。
姉さんっ!事件ですっ!
世界的に大きな勘違いが一人歩きしています。
こんなの「ドーナッツ」を全て「ミスド」と呼ぶみたいなものですよ。

ビンテージのススメ!

やはり当時の空気を味わうには、当時のものを着るのが一番だと私は考えています。
古着は汚いとか言われる方もおられますが、そんなものは洗えば大丈夫ですw
リアルにはリアルの良さがあります。
是非、この冬はその世界を体現して欲しいですね!
ビンテージの正しい買い物の仕方については、また別の機会に。
“column:じゃんぼ”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル…
  2. 新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルー…
  3. ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に
  4. トレンディドラマのせいで現在のオーバー30はクリスマスイブに深い傷を負いお酒がそ…
  5. まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

関連記事

  1. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  2. キブン

    みやこつづり-一頁目

    年の瀬になり、大きなイベントも残すところクリスマスだけ。街で繰…

  3. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目

    上司にはいろんな人がいる。優しい上司、厳しい上司、頼りになる上…

  4. キブン

    京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」

    毎日が記念日運動があったのかはわからないけれど、とにかく毎日なにかの記…

  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源院」で悠久の時を感じ…

    一休和尚(宗純)が過ごした寺としても有名な、京都紫野の臨済宗大徳寺。そ…

  6. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目

    酒を飲みに出かけると、まったく知らない人とテーブルを囲むことがある…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    京都、日本、東京の移り変わりを考える古地図展がおもしろい
  2. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  3. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  4. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
  5. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。