キブン

目指せ国産ワイン通-ワイナリーの楽しみ方「天橋立ワイナリー」

ソムリエにはお酒が飲めない人がいるらしい。だったらお酒が飲めなくてもワインを楽しめるのでは、というのがそもそもの発想。旅行がてら、その土地ごとのワイナリーを見て回った結果、ワイン嫌いだった私が、少しは飲めるようになった、国産ワインの楽しみ方と、ワイナリーを巡る旅行記を少々。

美食と絶景-日本三景が眼前に広がる「天橋立ワイナリー」

img_2175%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

関西のワイン畑は、山に作られているところが多いけれど、「天橋立ワイナリー」は平野。そしてすぐ側には日本三景が眺める海が広がる。漁業の町だけあり、併設されたレストランでは、浜売りで仕入れた海の幸のほか、地元農家から仕入れた食材がふんだんにテーブルに並ぶ。

店内は和紙造形アーティスト堀木エリ子氏制作の照明がフロアを照らし、二階テラスでは日本三景が楽しめる。ランチで訪れてもアート、絶景、美食と、贅沢なひと時が過ごせること間違いなし。

img_2210

また一階では、サラダとの相性も抜群の「赤ワイン塩」や、子どもにも人気の「白ワインのソフトクリーム」なども販売されている。ワインセラーや製造現場の見学は子どもにも人気だとか。

img_2181%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

フェダーバイザーで乾杯を

img_2201%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

オーナーの山崎さんは、大学時代に経験した放浪の旅で、カルフォルニアワインを飲み、ワイン世界にのめり込んだそう。卒業してからは、ドイツの品種に強かったという北海道ワインに入社。ぶどう栽培の基本と醸造技術はこの時にみっちり学んだとか。88年に研修で訪れたというドイツで、発酵途中の白ワイン「フェダーバイザー」(赤ワインは「フェダーローター」)に出会う。「天使の羽」を意味する、甘くてフルーティな味わいに衝撃を受け、「天橋立ワイナリー」でも醸造を開始した時から提供。訪れた人にしか味わえないこちらの目玉メニューは、ワインが苦手な人でも楽しめるはず。

img_2198%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

こちらで製造しているのは、玉露のような高級ワインではなく、いつでも食卓に並んでいるような、麦茶のようなデイリーワインだそう。手頃な価格で購入でき、ネット販売にも力を入れているので、いつでも取り寄せられる。

近くにはシフォンケーキが人気のカフェや、オーベルジュも用意。天橋立や近郊の観光スポットを見て回る拠点として宿泊し、夜にはワインで一杯なんてのもおすすめ。

img_2184%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

天橋立ワイナリー
住所:京都府宮津市字国分123
営業時間:10:00-17:00
Close:水曜日
Tel:0772-27-2222
HP:http://www.amanohashidate.org/wein/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  2. 振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目
  3. 「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  4. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  5. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目

関連記事

  1. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目

    成人式を終えた二十歳の新成人たちは、お酒を飲めるようになる。始…

  2. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

    酒場での出会い標題を見て、男女の馴れ初めの話だと期…

  3. キブン

    古着のススメっ!-アメリカ~ヨーロッパ ビンテージ編

    僕、ドMなんです …イケない妄想をしたそこのあなた…

  4. キブン

    上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

    初めて上司の酒を断った日基本僕はノリは悪くない方だ。酒も好…

  5. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

    これは、以前にもこのコラムに登場し日本酒×高校野球という常人離れし…

  6. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

    暴君ボイラーメーカー大学生の頃の僕たちにはボイラーメーカーとい…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    兵庫県旧JR福知山線廃線跡ハイキング-生瀬駅(なまぜ)出発と武田尾駅出発の両方の…
  2. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  3. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…
  4. キブン

    白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目
  5. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。