キブン

京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」

重要伝統的建造物群保存地区に認定されている京都嵯峨野の「嵯峨鳥居本(さがとりいもと)」。以前は「化野(あだしの)」と呼ばれていたそうで「あだしの」とは「はかない」や「むなしい」という意味があり、風葬の習慣がある土地だったそう。現在は埋葬。「あだし野念仏寺」は、そんな野ざらしにされた遺体を埋葬し、その上に石仏とお堂を建てたことが始まりなのだとか。その後、法然上人の念仏道場となったことから「念仏寺」と呼ばれるようになったそう。

風光明媚な町並みと鳥居、念仏寺の紅葉に多くの観光客が足を運ぶ

清滝トンネルから、細い道を下がっていくと見えてくる「一之鳥居」。そこを抜けると、茅葺の建物や町家風の家屋の風光明媚な町並みが現れ雰囲気もガラっと変わる。紅葉の時季には多くの人が足を運び、昔ながらの風景と紅葉のコントラストを楽しむそう。中でも「化野念仏寺」の境内にある苔と紅葉、そして「西院の河原」にあるおよそ8000体の石仏の光景を眺めに訪れる外国人観光客も多いとか。今回はそんな「あだし野念仏寺」の紅葉をプレイバック。

あだしの 念仏寺
住所:京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
電話:075-861-2221
開門:9:00-16:30(受付終了)※12・1・2月は15:30に受付終了
駐車場:なし※近くに有料Pあり
拝観料:大人500円、中学、高校生400円、小学生以下(保護者同伴に限る)無料
HP:http://www.nenbutsuji.jp/index.html

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  2. カメラと一緒にコハクチョウの絶景へ-滋賀湖北の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)…
  3. 『アトリエにちか』福田さんのセレクトの楽しみ方-アトリエにちか 福田 景子さん
  4. はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  5. 京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメ…

関連記事

  1. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源院」で悠久の時を感じ…

    一休和尚(宗純)が過ごした寺としても有名な、京都紫野の臨済宗大徳寺。そ…

  2. キブン

    上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

    初めて上司の酒を断った日基本僕はノリは悪くない方だ。酒も好…

  3. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

    酒を飲むシチュエーションは色々ある。いつもの仲間と大衆…

  4. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  5. キブン

    僕の上司その2-酔いどれ譚十四杯目

    前回酔っ払うと、とんでもない事をする上司の話をした。そう、酔っ…

  6. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

    20代を安酒でバカ酔いをして過ごし、いまは40代以上の渋い飲み…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  2. モノ・ビヨウ

    BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
  3. タビ・アソビ

    気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山
  4. コト

    「京都タワー」を好きな色にライトアップ!地上100mでのプロポーズもオススメ
  5. タビ・アソビ

    京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。