タベモノ

居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

二条川端を東にちょっと入ったところにある居酒屋『よこちょう』。中央卸売市場から仕入れた鮮魚の刺身や、脂ののった旬魚の焼き料理を目当てに、多くの常連が足繁く通う。酒類も豊富で、有名無名にこだわらず、目利きによって全国から仕入れられた日本酒のラインナップは通を唸らせる。

丁寧に下処理された鮮魚の刺身がリーズナブル

img_0567%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

旬の鮮魚の刺身は、おそらく訪れた人のほとんどがオーダーしているはず。職人が丁寧に下処理しているので、ツマやケンには血の滲みがほとんどない。ひと手間をおしまず仕上げられた刺身は、今まで生きていたようなフレッシュな弾力で舌を楽しませてくれる。残ったエビの頭は油で揚げるか、焼いて出しなおしてくれるので、まさしく余すとこなく最後まで味わるのが嬉しい。

また焼き魚は、はたはたや、ホッケはもちろん、秋にはぷりぷりの秋刀魚がいちおし。人によって食べ方は様々だけれど、さかなクンいわく、秋刀魚は頭から骨、尻尾まで全て食べられるそう。私もその流儀にのっとり、頭をかじったところ、若干友人に引かれてしまった。でも、ちょっと口の辺りが硬いだけで、脂もしっかりのってて美味しいんです。一度試してみてください。

img_0576%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

お土産には鯖寿しを

img_0570%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

魚以外にも、ポテトサラダやだし巻など、居酒屋らしい一品も優しい味わいで酒の肴におすすめ。また鯖寿しは人気で、お土産として最後に買って帰る人も多く、無くなることもあるそうなので、早めにオーダーして。しっかり酢でしめられた鯖はほどよい甘酸っぱさで、酢飯との相性抜群。日本酒と一緒にぜひ味わってほしい。

ほか、あら煮やすっぽん料理など多彩なメニューが味わえるので、ぜひ一度足を運んでみて。3・4人で行って、お酒を4・5杯飲み、6〜8品味わって5千円程度と懐に優しいので、なんどもリピートしてしまう常連の気持ちがわかるはず。

img_0574%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_0579%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

居酒屋 よこちょう
■電話:075-752-1531
■住所:京都府京都市左京区二条通川端東入難波町210
■Close:日曜日
■営業時間:[月~金]17:30-22:00,[土]17:00〜22:00
■駐車場:なし
※全面禁煙

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネ…
  2. 週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  3. 「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  4. 京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末
  5. 京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう

関連記事

  1. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で「ピネライス」を

    「お腹が空いた」リーズナブルに色々と食べたいなら「キッチン・ゴン」の「…

  2. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう

    神戸、宝塚に隣接する田園都市三田。1990年代に都市開発により人口が増…

  3. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  4. タベモノ

    「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじいさんの古時計」へ

    京都市内から車で1時間ほど。紅葉のピークを迎え、観光客で賑わう大阪交野…

  5. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  6. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. モノ・ビヨウ

    ヘナ(ハーブ)カラートリートメントのメリットやデメリットを京都烏丸御池のヘアサロ…
  2. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目
  3. コト

    京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  4. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」…
  5. コト

    京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。