タベモノ

1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木珈琲店 高辻本店』。コク深い自家焙煎珈琲とボリューム満点のフードで、京都人の舌とお腹を満たしてきたこちら。中でもプリンは、昔ながらの硬めのしっかりした食感で、リピーターからの人気も高い。ウインドーショッピングの途中に、京都旅行の思い出に、こちらでプリンを食べながらコーヒーブレイクをしてみませんか。

硬めの食感、ラム酒の香り、流行りに流されないこだわりプリン

img_7681%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

クラシックのBGM、ダークブラウンの飾らないテーブル、流行りに流されることなく昔ながらの大衆喫茶を40年以上貫く『高木珈琲店』。店内は禁煙、分煙の境はなく愛煙家も多く訪れコク深い自家焙煎珈琲を飲みながら、ちょっと一息を楽しんでいる。

おすすめしたいのは、スプーンをいれると、ギャグではなくプリンっと弾くような弾力が小気味良い硬めの食感のプリン。口の中にいれると、鼻から抜けるほのかなラム酒の香りが楽しめる。仕事の息抜き、観光の休憩にぜひ、珈琲と一緒に大人の甘味を味わってみて。

img_7680%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

自家製プリンセット880円。

 

ボリューム満点のフードメニューにも注目を

img_7687%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

コーヒー付きホットドックセット750円。(モーニングはさらにサラダ付きで800円)

朝7時から営業しているこちらでは、出勤前に程よくお腹が満たせると大ボリュームのフードも好評。ホットドックもそんなメニューのひとつで、皮がパリッと音を立てて弾けるジューシーなソーセージに、ほんのりスパイシーなソースがサラっとかかって美味。モーニングセットにはサラダも一緒についてきて800円とお得。忙しいビジネスマンは1日を始めるエネルギーチャージにぜひ利用してみて。

img_7694

高木珈琲店 高辻本店

ショップデータ
高木珈琲 高辻本店
■電話:075-371-8478
■住所:京都府京都市下京区高辻通室町東入骨屋町175
■営業時間:
[月~土]7:00〜19:00
[日・祝]7:00〜18:00
■定休日:不定休
■駐車場:無
■HP:http://takagi-coffee.jugem.jp/
※全面喫煙可

“Text:Taiko-san,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
  2. 山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり
  3. 街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  4. どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ
  5. いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

関連記事

  1. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

    二条川端を東にちょっと入ったところにある居酒屋『よこちょう』。中央卸売…

  2. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  3. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう

    神戸、宝塚に隣接する田園都市三田。1990年代に都市開発により人口が増…

  4. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  5. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    みやこつづり-一頁目
  2. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
  3. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
  5. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。