タベモノ

海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の[日間賀島]。漁師として生計を立てる人が多かった島だけに、海の幸を使った料理も豊富。その中でも「たこ釜めし」と「しらす丼」は是非とも食したいところ。

炊きあがるまで30分。待っている時間も楽しい「たこ釜めし」

img_6296%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

東港から徒歩8分ほどのところにある[たいかいろう東店]。一見海の家のようなこちらは、開店前から客が待っていることもあるほどの人気店。島の名物「たこ釜飯」「しらす丼」をはじめ、三河湾内の旬の海鮮料理を日替わりで楽しめるのがその理由だとか。

こちらの「たこ釜飯」は、目の前で炊き上げてくれるので、本当のできたてが味わえる。ただ、食べられるまでが30分と非常に長い。15分ほど過ぎたところから、豊かな醤油の香りが湯気として吹き出し、食欲をかきたてる。

img_6313

たこ釜めし1,100円。ぶつぎりにされたたこをほぼ生の状態で釜に投入しているそう。

ふたを取ると、ぶわっと舞い上がる湯気と一緒に、赤飯のように赤く染まった米が目に飛び込む。醤油と、滲み出したたこの旨味が釜の中で凝縮され、このような色になるんだそう。見た目ほど醤油の味が強いということはなく、程よいたこの弾力と、つやつやに炊き上げられた米の食感を楽しめる。

さっと茹でられたしらすはふわふわ食感

img_6293%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

しらす丼870円(みそ汁・もずく・サラダ・つけもの付)。

水揚げされたしらすは味付けせず、そのまま釜の中に。さっと茹で上げ、あつあつの白米の上にドンと盛り付け。「たこ釜めし」とは違い、サッと提供することで、旨味を逃さずふわふわのしらすが味わえるのだそう。身に染み込んだ海水のミネラルは天然の調味料。さっぱりとした梅の酸味と香り、薄味のダシはベストマッチ。ピリッと味を引き締めてくれる、わさびは好みで足してみて。

ショップデータ
たいかいろう東店
■住所:愛知県知多郡南知多町日間賀島東港
■電話:0569-68-3773
■営業時間:10:30-22:00
■定休日:木曜日
■HP:http://www.taikairou.jp/shokujidokoro.htm

img_6274

“記事・写真:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョ…
  2. 鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて
  3. 京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  4. 京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか
  5. 週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Ta…

関連記事

  1. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  2. タベモノ

    京都のおすすめ異国グルメ

    2016年に取材した、京都にある異国グルメをご紹介。まだまだ少ないので…

  3. タベモノ

    暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネリア 再會」

    白い壁面、丁寧に手入れされたガーデン、冬になると火が灯る暖炉。創業19…

  4. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で「ピネライス」を

    「お腹が空いた」リーズナブルに色々と食べたいなら「キッチン・ゴン」の「…

  5. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

  6. タベモノ

    週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを

    滋賀県の東部、周囲を山に囲まれた田園風景が広がる栗東市下戸山。「のどか…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと
  2. コト

    京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  3. タビ・アソビ

    2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン
  4. タベモノ

    創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  5. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。