タベモノ

いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、昼になると100人以上が押し寄せたという『助六』。創業から60年、今なお職人や観光客の胃袋を満たし続ける食堂の変わらぬ味は、信楽の伝統文化のひとつかもしれない。

出汁が決め手のうどん、豊かなかつおの香りを楽しんで

img_9332%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

鳥なんばん550円

5人兄弟の末っ子に生まれた店主の冨岡さん。10代の頃から名古屋、京都などで和食の修行したのち父親の食堂を継いだそう。当時から人気だったのはうどん。和食出身の主人だけあり、丁寧に出汁をとり豊かな香りとまろやかな口あたりに仕上げている。

使用している鰹節は京都の福島鰹。関西の多くの和食店が上品な香りに惚れ込んだ高級品。こちらでは、その香りを活かしつつ、やわらかな風味を出すために、ひと工夫をしているそう。

「出汁をとる際に、真っ赤になった切炭をドボンと鍋にいれるんや」と、少年のような笑顔で教えてくれた。タイミングを間違えると香りを壊し、トゲのある口当たりになりそうなものだけれど、経験と技術が織りなすその一杯からは、そんなものは一切感じない。

関西うどんの隠れた名店の味を、信楽巡りの際にはぜひランチで楽しんで。




img_9323%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

店主の冨岡さん。

丼もののほかカレーうどんにビフライスもおすすめ

img_9338%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

カレーうどん650円

img_9346%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ビフライス750円。チキンライスのビーフバージョン

ショップデータ
お食事処 助六
■電話:0748-82-0314
■住所:滋賀県甲賀市信楽町長野835-3

““Plan,Coverage:Jumbo、Text,Photo:中川 直幸””




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  2. 週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選
  3. 日本三大勅祭のひとつ、国宝石清水八幡宮の奇祭。深夜二時から始まる幻想的な五百人夜…
  4. 京都にきたら極楽浄土を体験して。西本願寺のライトアップは10月10日まで
  5. 一日中家にいる時は、オーロシーカのお香で気分を変えて。

関連記事

  1. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョコ」

    錦市場・産寧坂・嵐山に店舗を構える『おちゃのこさいさい』。「舞妓はんひ…

  2. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で「ピネライス」を

    「お腹が空いた」リーズナブルに色々と食べたいなら「キッチン・ゴン」の「…

  3. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  4. タベモノ

    京都のおすすめ異国グルメ

    2016年に取材した、京都にある異国グルメをご紹介。まだまだ少ないので…

  5. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

  6. タベモノ

    暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネリア 再會」

    白い壁面、丁寧に手入れされたガーデン、冬になると火が灯る暖炉。創業19…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  2. モノ・ビヨウ

    BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
  3. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…
  4. キブン

    目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ
  5. コト

    ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。