タベモノ

いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、昼になると100人以上が押し寄せたという『助六』。創業から60年、今なお職人や観光客の胃袋を満たし続ける食堂の変わらぬ味は、信楽の伝統文化のひとつかもしれない。

出汁が決め手のうどん、豊かなかつおの香りを楽しんで

img_9332%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

鳥なんばん550円

5人兄弟の末っ子に生まれた店主の冨岡さん。10代の頃から名古屋、京都などで和食の修行したのち父親の食堂を継いだそう。当時から人気だったのはうどん。和食出身の主人だけあり、丁寧に出汁をとり豊かな香りとまろやかな口あたりに仕上げている。

使用している鰹節は京都の福島鰹。関西の多くの和食店が上品な香りに惚れ込んだ高級品。こちらでは、その香りを活かしつつ、やわらかな風味を出すために、ひと工夫をしているそう。

「出汁をとる際に、真っ赤になった切炭をドボンと鍋にいれるんや」と、少年のような笑顔で教えてくれた。タイミングを間違えると香りを壊し、トゲのある口当たりになりそうなものだけれど、経験と技術が織りなすその一杯からは、そんなものは一切感じない。

関西うどんの隠れた名店の味を、信楽巡りの際にはぜひランチで楽しんで。




img_9323%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

店主の冨岡さん。

丼もののほかカレーうどんにビフライスもおすすめ

img_9338%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

カレーうどん650円

img_9346%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ビフライス750円。チキンライスのビーフバージョン

ショップデータ
お食事処 助六
■電話:0748-82-0314
■住所:滋賀県甲賀市信楽町長野835-3

““Plan,Coverage:Jumbo、Text,Photo:中川 直幸””




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  2. ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに…
  3. 「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館
  4. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  5. 週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを

関連記事

  1. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  2. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

  3. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CAFE」

    関西に3店舗を展開するドでか盛りで有名な「UK CAFE」。大学生御用…

  4. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

  5. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  6. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    2016年11月-12月の京都のイベント情報
  2. キブン

    みやこつづり-一頁目
  3. キブン

    トレンディドラマのせいで現在のオーバー30はクリスマスイブに深い傷を負いお酒がそ…
  4. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  5. コト

    ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。