タベモノ

いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、昼になると100人以上が押し寄せたという『助六』。創業から60年、今なお職人や観光客の胃袋を満たし続ける食堂の変わらぬ味は、信楽の伝統文化のひとつかもしれない。

出汁が決め手のうどん、豊かなかつおの香りを楽しんで

img_9332%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

鳥なんばん550円

5人兄弟の末っ子に生まれた店主の冨岡さん。10代の頃から名古屋、京都などで和食の修行したのち父親の食堂を継いだそう。当時から人気だったのはうどん。和食出身の主人だけあり、丁寧に出汁をとり豊かな香りとまろやかな口あたりに仕上げている。

使用している鰹節は京都の福島鰹。関西の多くの和食店が上品な香りに惚れ込んだ高級品。こちらでは、その香りを活かしつつ、やわらかな風味を出すために、ひと工夫をしているそう。

「出汁をとる際に、真っ赤になった切炭をドボンと鍋にいれるんや」と、少年のような笑顔で教えてくれた。タイミングを間違えると香りを壊し、トゲのある口当たりになりそうなものだけれど、経験と技術が織りなすその一杯からは、そんなものは一切感じない。

関西うどんの隠れた名店の味を、信楽巡りの際にはぜひランチで楽しんで。




img_9323%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

店主の冨岡さん。

丼もののほかカレーうどんにビフライスもおすすめ

img_9338%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

カレーうどん650円

img_9346%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ビフライス750円。チキンライスのビーフバージョン

ショップデータ
お食事処 助六
■電話:0748-82-0314
■住所:滋賀県甲賀市信楽町長野835-3

““Plan,Coverage:Jumbo、Text,Photo:中川 直幸””




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 復活した幻の酒米”渡船”-JAグリーン近江 酒米部会 会…
  2. 日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを
  3. ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグ…
  4. 山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり
  5. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい

関連記事

  1. タベモノ

    創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを楽しんで

    京都の東大路通沿い、今熊野商店街にある老舗の甘味処「梅香堂」は、近所の…

  2. タベモノ

    週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを

    滋賀県の東部、周囲を山に囲まれた田園風景が広がる栗東市下戸山。「のどか…

  3. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  4. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  5. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

  6. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    京都から2時間、関西屈指の秘境風の通り道『河内風穴』で今夏最後の涼を!
  2. タビ・アソビ

    京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を…
  3. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  4. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目
  5. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。