タベモノ

暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネリア 再會」

白い壁面、丁寧に手入れされたガーデン、冬になると火が灯る暖炉。創業1975年という「再會(さいかい)」は、英国洋館のような優雅な空間で食事やお茶を楽しめるカフェレストラン。パチパチと暖炉で薪が爆ぜる音を聞きながらの会食は、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれること間違いなし。

優雅な空間

img_3300

東山トンネルを北に300mほど進むと見えてくる風見鶏が描かれた青色の看板。エントランスからガーデンに続くアプローチには、バラのアーチが。四季折々の景色が楽しめる庭園では、春から秋にかけてはランチを楽しむ人も多いとか。ちなみにガーデンでは、わんちゃんと一緒に食事ができるので、愛犬家にも人気だそう。

img_3301

アンティークのテーブルやイス、調度品がレイアウトされた店内からは、ガーデンも見ることができ、イギリス旅行にきたような気分でお茶を楽しめるかも。分煙もされており、禁煙ルームでは冬になると暖炉に火が灯り、パチパチと爆ぜる薪の音を聞きながら、クラシック音楽に耳を傾けゆったりとしたひとときが過ごせる。

img_3307

また10時から22時までノークローズで営業しており、昼食、喫茶、ディナーまでゆるりと楽しめる。しかも年中無休。

人気なのはローストビーフ。ガーデンで炭と薪を使って作られた自家製で、クリスマスの時には、特別ディナーなども用意されているそう。普段はサラダとライスorパンがついたセット2,200円からスタンバイ。

img_3317%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

カフェタイムには、シフォンやプリンなど自家製のスイーツと一緒にお茶を楽しんで。ケーキはどれも550円。コーヒーと紅茶のセットなら1000円で楽しめる。またアフタヌーティーもオーダーできるので、ゆったりと午後を過ごしたい時にぜひ。

img_3326%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_3329%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ランチには、パスタやピッツァ、数量限定のローストビーフサンドなど、どこか懐かしさを感じるメニューがお腹を満たしてくれる。ランチ、カフェ、ディナーと、デートだけでなく家族で足を運んでも満足できるカフェレストランで、優雅な一日を過ごしてみて。

img_3319%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

カフェレストラン 再會
住所:京都市山科区西野山射庭ノ上町67-11
営業時間:10:00 – 22:00
Close:年中無休
駐車場:20台あり
電話:075-591-0591
HP:http://www.cafesaikai.jp/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  2. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  3. 雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと
  4. はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  5. 手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」で…

関連記事

  1. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  2. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のスイーツたち

    関西を代表するカフェギャラリー『くるみの木』のオーナー石村さんが、総合…

  3. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」でゆったりした休日を

    日本人は休日の使い方が下手らしい。そんなニュースを見ていると、たしかに…

  4. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョコ」

    錦市場・産寧坂・嵐山に店舗を構える『おちゃのこさいさい』。「舞妓はんひ…

  5. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

  6. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

    京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
  2. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  3. タベモノ

    どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ
  4. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」
  5. コト

    京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。