タベモノ

ランチ、カフェ、ディナータイムにオススメグルメを紹介。京都だけではなく、足を運んでみたくなる関西エリアのグルメ情報も満載。デイリーにも週末のアソビついでにも使えるお店も要チェック。

  1. いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、昼になると100人以上が押し寄せたという『助六』。創業から60年、今なお職人や観光客の胃袋…

  2. 京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイナン)』。シェフ以外台湾のスタッフで、雰囲気がもう異国。そんなオリエンタルな店で、おすすめ…

  3. 1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木珈琲店 高辻本店』。コク深い自家焙煎珈琲とボリューム満点のフードで、京都人の舌とお腹を満た…

  4. 海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を立てる人が多かった島だけに、海の幸を使った料理も豊富。その中でも「たこ釜めし」と「しらす丼…

  5. 中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えのもと、どんなに油ギトギトの料理であっても、もうそれは薬であると信じて疑わない私がおすすめし…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  1. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  2. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  3. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  4. タビ・アソビ

    日本最大の福井県立恐竜博物館は子どもだけじゃなく大人も楽しめるアミューズメントパ…
  5. コト

    1月以降も楽しめる京都市内のイルミネーション-「みやこめっせwinterイルミネ…
PAGE TOP