タベモノ

「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじいさんの古時計」へ

京都市内から車で1時間ほど。紅葉のピークを迎え、観光客で賑わう大阪交野市の吊り橋「星のブランコ」。たっぷりスリルと紅葉を楽しんだら、ランチタイムにも紅葉を楽しもう。「星のブランコ」近くにある「おじいさんの古時計」は森に囲まれたカフェレストラン。この時季は窓から見える風景は赤く色づき、目と舌で秋を満喫できるはず。

自然の声と古時計の優しい音が空間を包む

img_7503

サラリーマンだったオーナーが、どうしてもここにログハウスカフェを建てたいと熱望して実現。国定公園の中で、自然公園法、都市計画法など10ほどの法律によって厳重に守られている場所ゆえ、ログハウスの建築に着工できたのは、動き始めて約2年半後だったそう。

そこまでして場所にこだわったのは、美しい自然。鳥のさえずりや、風に揺れる木々の音、すぐそばを流れる川の音、どれもが理想的だったそう。そんな風景を目と耳で楽しめば時間を忘れてゆっくりできるのだけれど、店内にはアンティークの時計がびっしり。ポーンポーンと時を告げるので、時間を忘れるのは無理かもしれないけれど、心落ち着く優しい音は日々の喧騒を忘れさせてくれそう。

img_7508

またこちらでは井戸水を使用しており、お手洗いで手を洗うと夏でもひんやり。一年を通して一定の温度を保っているので、冬だとそこまで冷たくはないとか。

ランチはカレーとパスタが中心

img_7519%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

サラダ付きあいびきカレー950円

キーマカレーやキノコとベーコンのパスタなど定番メニューのほか、季節のメニューもスタンバイ。昔ながらの素朴で飽きのこない味わいが好評。スイーツも充実しており、ケーキセットはケーキとホットドリンクで700円(アイスドリンクは750円)とリーズナブル。「星のブランコ」のハイキングを楽しんで疲れた足を癒すのにもいいかも。

img_7527%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

サラダ付きナスとベーコンのトマトソースパスタ950円

おじいさんの古時計
電話:072-891-2401
住所:大阪府交野市私市9-18-10
営業時間:10:00-17:30(LO17:00)
Close:木曜・金曜日
駐車場:あり
HP:http://www.gf-clock.com/

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…
  2. 週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選
  3. 京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル…
  4. どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ
  5. 日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居

関連記事

  1. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

  2. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

  3. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

  4. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  5. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で「ピネライス」を

    「お腹が空いた」リーズナブルに色々と食べたいなら「キッチン・ゴン」の「…

  6. タベモノ

    京都のおすすめ異国グルメ

    2016年に取材した、京都にある異国グルメをご紹介。まだまだ少ないので…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木
  2. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
  3. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  4. タビ・アソビ

    高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素…
  5. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。