タベモノ

手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」でゆったりした休日を

日本人は休日の使い方が下手らしい。そんなニュースを見ていると、たしかにそうかもしれないと思うことがある。休日になるたびに、好きな旅行に出かけて帰ってくるとクタクタになって泥のように眠る。これってもうバリバリのオンタイムと一緒なのでは。週に1日は何もせずにリラックスして過ごすことが、プライベートにも仕事にも大切なのかも。そんな時にオススメなのが、大山崎の「Moon Talk(ムーントーク)」。

国道に面していながらゆったり過ごせる不思議な空間

img_8264

本当にゆったりしたいからといって、家の中でごろごろしていると、体がなまってしんどくなることもあるので、ランチくらいは外に出かけるのがおすすめ。町なかにいくと誘惑が多く、結局ウインドーショッピングを楽しんでしまう。ストレスは発散できるけれど、体は疲れてしまう。だったらいっそのこと、郊外のカフェへ行ってみよう。

もう、目的のランチ以外その周りになにもないので、そこで過ごすしかなく、ゆったりとした時間がすごせるはず。というのがそもそもの発想。そんな時にちょうど良いのが大山崎のカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」。

大山崎ジャンクションから国道171号線を南に少し下ったところにある、一見南国を連想させる白い建物がある。交通量の多い国道に面しているにも関わらず、主張が少ないせいか、見逃してしまう人もしばしば。

サーフィン好きのオーナーらしく、お店のいたるところに海を連想させる小物やサーフボードがレイアウト。不定期で音楽のライブイベントを開いたり、そのゆるゆるとした雰囲気が好きな常連も多いそう。料理もハワイアンな感じなのかといえばそうではない。

img_8242 img_8253

定食屋だった父の味を引き継いだ和食がメイン

img_8226 img_8221

比較的ゆったりとしたBGMが流れ、サーフィン好きのオーナーが集めた小物や手作りのインテリアを眺めながら食べる和食は、ハワイで食べる日本食のような感覚なのかも。

オーナーの父親が営んでいた定食屋の味わいそのままのフードメニューは、ダシにこだわった食材を生かす素朴な味わい。ご飯や味噌汁が付いており、気持ちをほっとさせてくれる。

煮鯖定食や、野菜たっぷり豚しゃぶ定食などは900円程度という、お手ごろ価格。ほか、野菜カレーやハンバーグプレートなど洋食メニューもスタンバイ。全て900円〜1,500円以内と財布に優しい価格設定が嬉しい。オープンからクローズまでノークローズなので、本当にいち日くつろいでいる人もいたとか。

週末は、素朴な味わいの定食を味わいながら、本を読んだり、友人とおしゃべりを楽しんだりしてゆったりしたいち日を過ごしてみて。

Moon Talk(ムーントーク)
■住所:京都府乙訓郡大山崎町大山崎鏡田45-30
■営業時間:11:00-22:00
■Close:水曜日
■駐車場:あり
■HP:http://shops.saloon.jp/moontalk/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  2. 日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居
  3. ヘナ(ハーブ)カラートリートメントのメリットやデメリットを京都烏丸御池のヘアサロ…
  4. 世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  5. 週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい

関連記事

  1. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  2. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

  3. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

    二条川端を東にちょっと入ったところにある居酒屋『よこちょう』。中央卸売…

  4. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  5. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  6. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  2. タビ・アソビ

    アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい
  3. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  4. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目
  5. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。