タベモノ

山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり

仕事の疲れを癒すために、週末はちょっと遠出して自然の中でのんびりしたい。だけど遠出する時間がない、という人には、左京区の吉田山山頂にあるカフェ「茂庵(Moan)」がおすすめ。街なかにありながら自然を感じられる、京都の人気スポットで気分をリフレッシュして。

ちょっとしたハイキング気分で山頂のカフェへ

img_3116

銀閣寺のほど近くにある小高い山「吉田山」。その山頂にあるのが目的のカフェ「茂庵」。10分ほどの道のりの途中には、大正時代に谷川茂次郎によって建てられた数々の茶室が登場。わびさびを感じる建築物と、鳥のさえずり、澄み切った空気を感じながら、ちょっとしたハイキング気分を楽しめる。山頂にたどり着く頃には、シャツにうっすら汗がにじむほど。

街なかで山の自然を楽しむことを目的に作られた「市中の山居」だけあって、周りに見えるのは森。車の音などもほとんど聞こえず、日常の中の非日常といった空間が広がっている。

img_3117

月替わりで楽しめるメニュー

img_3147

メニューは定番のピタパンサンドのほか、月替わりのメニューを用意。滋味深い旬の食材に、季節の移ろいを感じられる。スイーツにも、月替わりメニューがあり、ランチ目的でも、カフェ目的でもどちらでも十分楽しめる。

この週末はちょっと足を延ばすだけで、非日常を感じられる「茂庵」で、自然を感じながらのんびり過ごしてみて。

img_3150

ショップデータ
茂庵(もあん)
■住所:京都市左京区吉田神楽岡町8
■電話:075-761-2100(予約はなし)
■営業時間:11:30~18:00(17:00ラストオーダー) ランチタイム 11:30~14:00
■Close:毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌火曜日を振替休業)
■HP:http://www.mo-an.com/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  2. いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  3. 雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと
  4. 京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  5. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催

関連記事

  1. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう

    神戸、宝塚に隣接する田園都市三田。1990年代に都市開発により人口が増…

  2. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

  3. タベモノ

    日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

    今年もあとひと月ほど、忘年会や下見で宴会をする機会が多くなるのでは。宴…

  4. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  5. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  6. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」
  2. キブン

    雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵
  3. タビ・アソビ

    日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  4. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  5. コト

    10月後半から11月の京都のイベント情報
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。