タベモノ

コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタンド(MICROLADY-COFFEE-STAND)」

生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいものを掛け合わせてできる新鮮な感覚の創作メニュー数々。味が想像できるものもあれば、まったく想像できないものもあるけれど、美味しければあっという間に市民権を得て広がっていく。もしかするとそんな広がりを見せそうなコーヒーメニューが、滋賀県彦根にある「マイクロレディコーヒースタンド(MICROLADY-COFFEE-STAND)」が提供されている。

スペシャルティコーヒーを自家焙煎

滋賀県のJR彦根駅直結のコーヒースタンド「MICROLADY-COFFEE-STAND(マイクロレディコーヒースタンド)」。旦那さんがコーヒーを提供し、店内にレイアウトされた雑貨は奥さんがセレクトしているそう。

2013年のオープンから滋賀県のコーヒー好きから支持され、現在では他県から足を運ぶ人がいるほどの人気店に。お目当は日替わりで供される自家焙煎のスペシャルティコーヒー。ドリップとエスプレッソで抽出されるコーヒーは、その日の湿度や温度に合わせて、豆の挽き方やフィルタへの詰め方を調整するそう。高い技術で毎日安定したコーヒーが味わえることからリピーター率も高いという。

新鮮な感覚で味わえる「アップレッソ」

こだわりはコーヒーだけじゃない。もうひとつの人気メニューりんごジュースは、爽やかな甘みの秋田のりんごを使用。そして、このりんごジュースとこだわりのエスプレッソが合わさってできたのが今回紹介したい新感覚の「アップレッソ」。

純粋にコーヒーだけを味わいたい人には、いかがなものかと感じるかもしれない。実際に飲んだ時には、今まで味わったことがなかったので、なんだろうこの味と感じてしまった。だけれど、不思議と次が欲しくなる。

香りはコーヒーそのもので、ひと口飲むと、コーヒーの香りと渋み、アップルの酸味と甘みが一気に口の中に広がる。こだわりのものとこだわりのものを掛け合わせたこのコーヒーは、おそらく想像の斜め右をいくはず。オーナーさん曰く、夏によく売れるとのこと。この渋いけれど爽やかな味わいは、暑い日にごくごくいけるかもしれない。

コーヒーとアップルの新しい掛け合わせは、空前のコーヒーブームに一石を投じるかもしれない。彦根に訪れた際には、ぜひ「アップレッソ」を味わって頂きたい。

エスプレッソ350円〜

MICRO-LADY COFFEE STAND
住所:滋賀県彦根市古沢町40-2 JR彦根駅構内
定休日 : 木曜日
営業時間 : 7:30-20:00
電話 : 080-1445-2374
HP:http://www.micro-lady.jp/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ
  2. 街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  3. 京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…
  4. 上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目
  5. 酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

関連記事

  1. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を

    日本三景に数えられる天橋立。宮津湾と阿蘇海を隔てる砂州は、展望台から見…

  2. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のスイーツたち

    関西を代表するカフェギャラリー『くるみの木』のオーナー石村さんが、総合…

  3. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」でゆったりした休日を

    日本人は休日の使い方が下手らしい。そんなニュースを見ていると、たしかに…

  4. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CAFE」

    関西に3店舗を展開するドでか盛りで有名な「UK CAFE」。大学生御用…

  5. タベモノ

    週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを

    滋賀県の東部、周囲を山に囲まれた田園風景が広がる栗東市下戸山。「のどか…

  6. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. ヒト

    世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  2. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景
  3. キブン

    予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目
  4. タビ・アソビ

    ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に
  5. キブン

    京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。