タベモノ

コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタンド(MICROLADY-COFFEE-STAND)」

生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいものを掛け合わせてできる新鮮な感覚の創作メニュー数々。味が想像できるものもあれば、まったく想像できないものもあるけれど、美味しければあっという間に市民権を得て広がっていく。もしかするとそんな広がりを見せそうなコーヒーメニューが、滋賀県彦根にある「マイクロレディコーヒースタンド(MICROLADY-COFFEE-STAND)」が提供されている。

スペシャルティコーヒーを自家焙煎

滋賀県のJR彦根駅直結のコーヒースタンド「MICROLADY-COFFEE-STAND(マイクロレディコーヒースタンド)」。旦那さんがコーヒーを提供し、店内にレイアウトされた雑貨は奥さんがセレクトしているそう。

2013年のオープンから滋賀県のコーヒー好きから支持され、現在では他県から足を運ぶ人がいるほどの人気店に。お目当は日替わりで供される自家焙煎のスペシャルティコーヒー。ドリップとエスプレッソで抽出されるコーヒーは、その日の湿度や温度に合わせて、豆の挽き方やフィルタへの詰め方を調整するそう。高い技術で毎日安定したコーヒーが味わえることからリピーター率も高いという。

新鮮な感覚で味わえる「アップレッソ」

こだわりはコーヒーだけじゃない。もうひとつの人気メニューりんごジュースは、爽やかな甘みの秋田のりんごを使用。そして、このりんごジュースとこだわりのエスプレッソが合わさってできたのが今回紹介したい新感覚の「アップレッソ」。

純粋にコーヒーだけを味わいたい人には、いかがなものかと感じるかもしれない。実際に飲んだ時には、今まで味わったことがなかったので、なんだろうこの味と感じてしまった。だけれど、不思議と次が欲しくなる。

香りはコーヒーそのもので、ひと口飲むと、コーヒーの香りと渋み、アップルの酸味と甘みが一気に口の中に広がる。こだわりのものとこだわりのものを掛け合わせたこのコーヒーは、おそらく想像の斜め右をいくはず。オーナーさん曰く、夏によく売れるとのこと。この渋いけれど爽やかな味わいは、暑い日にごくごくいけるかもしれない。

コーヒーとアップルの新しい掛け合わせは、空前のコーヒーブームに一石を投じるかもしれない。彦根に訪れた際には、ぜひ「アップレッソ」を味わって頂きたい。

エスプレッソ350円〜

MICRO-LADY COFFEE STAND
住所:滋賀県彦根市古沢町40-2 JR彦根駅構内
定休日 : 木曜日
営業時間 : 7:30-20:00
電話 : 080-1445-2374
HP:http://www.micro-lady.jp/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 僕の上司-酔いどれ譚九杯目
  2. 高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素…
  3. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  4. 京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメ…
  5. 自家焙煎の水出しコーヒー、食べられる紅茶、バーガーにヘアサロン!?京都水族館近く…

関連記事

  1. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  2. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CAFE」

    関西に3店舗を展開するドでか盛りで有名な「UK CAFE」。大学生御用…

  3. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  4. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  5. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

    京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    兵庫県旧JR福知山線廃線跡ハイキング-生瀬駅(なまぜ)出発と武田尾駅出発の両方の…
  2. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で…
  3. コト

    10月後半から11月の京都のイベント情報
  4. タビ・アソビ

    京都を中心とした関西の2016年紅葉プレイバック-京都の穴場も紹介8選
  5. タビ・アソビ

    京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。