タベモノ

アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエーターやアーティストのアトリエやショップが入ったアトリエビルに、「カフェマルニ」があります。居心地のよい空間で、店主こだわりのメニューが楽しめるんです。

食べることが好きな店主が作る洋食メニューが美味

img_0668%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

食べることが大好きだという店主が、自分の好きと美味しいを追求したメニューがズラリ。メニューの写真を見ても、どれも美味しそうなのですが、おすすめしたいのはオムライス。

チキンライスを包んでいる卵の生地は、外はしっかり焼き上げられているけれど、中はトロトロ。チキンライスとデミグラス、そしてとろとろの卵が口の中で絶妙に絡まります。味噌汁もついて900円とお得です。

img_0669%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

店主の気まぐれカレー900円

そのほか、気まぐれカレーや日替り定食など700円から1000円程度で楽しめるランチメニューが充実。カフェタイムには自慢のたい焼きを。北海道産のあずきを使った自家製あんがたっぷり詰まった人気メニュー。テイクアウトも可能。

町なかのアートな空間の中で、ゆったりした時間を過ごしてみてください。
img_3949%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

MARUNI (マルニ) CAFE
■住所:京都市下京区五条通新町西入西錺屋町25番地
■電話:075-352-3514
■営業時間:12:00 – 20:00(LO)
■定休日:月曜日、ほか不定休
■HP:http://www.tukuru.me/

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓
  2. ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開…
  3. 残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  4. 復活した幻の酒米”渡船”-JAグリーン近江 酒米部会 会…
  5. いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

関連記事

  1. タベモノ

    京都のおすすめ異国グルメ

    2016年に取材した、京都にある異国グルメをご紹介。まだまだ少ないので…

  2. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」でゆったりした休日を

    日本人は休日の使い方が下手らしい。そんなニュースを見ていると、たしかに…

  3. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

  4. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

    京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。…

  5. タベモノ

    暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネリア 再會」

    白い壁面、丁寧に手入れされたガーデン、冬になると火が灯る暖炉。創業19…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    僕の上司その3-酔いどれ譚十七杯目
  2. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  3. タビ・アソビ

    日本最大の福井県立恐竜博物館は子どもだけじゃなく大人も楽しめるアミューズメントパ…
  4. タビ・アソビ

    文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の…
  5. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。