タベモノ

「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で「ピネライス」を

「お腹が空いた」リーズナブルに色々と食べたいなら「キッチン・ゴン」の「ピネライス」をぜひ。織物の町西陣で、46年目を迎える老舗の定番メニューは、知らない人にはちょっと新鮮な響きと、味わいでお腹もしっかり満たしてくれます。

まず「ピネライス」ってなに?

定番ピネライス870円

出だしから「ピネピネ」言っておりますが「ピネライス」とはいったいなんのか。チャーハンに薄めのカツが乗っかり、さらにカレーまで楽しめるという、食後に一石三鳥くらいの気分が味わえる代物。「カレーとチャーハンを一緒に食べたい、カツが乗ってたら尚良し」みたいな日が一週間に数回訪れると思うんですが、そんな時にぴったりですよね。観光で京都に来られた方も、自社仏閣を2箇所くらい訪れると、だいたい「カレーとチャーハンを一緒に」という気分になるはず…ではないですね。

ちなみに「ピネライス」の「ピネ」は「薄いカツ」を意味するフランスの方言だそう。ピンポイントでそんな方言あるのだという事にも驚かされますが「ピネライス」の豊富なバリエーションもに驚かされます。

ケチャップチャーハンにカツカレーがかかった「赤ピネライス(870円)」、ガーリックチャーハンプとカツカレーが楽しめる「ガーリックピネライス(920円)」、ドライカレーにカツカレーがかかった「ドライピネ」なんてのも。「ハーフピネ(980円)」という、カレーとハヤシライスが半分づつかかったミックスもオーダーでき、満足すること請け合いです。

終日オーダーできるセットもお得

ランチタイムに限らず、一日中オーダーできるセットは、昼食を逃したサラリーマンや、部活帰りの学生にも好評。Aランチ980円、Bランチ1,300円、Cランチ2,200円がありそれぞれボリュームはいわずもがな。プラス200円でセットのライスをワンピネライス(小サイズ)に変更可能ゆえ、しっかりお腹を満たして「ピネライス」も味わいたい人はぜひオーダーを。

その他、オムライスにミンチカツなど、洋食屋らしいメニューも多彩にスタンバイ。1人でも、友人とでも落ち着ける空間を楽しんでください。

キッチン・ゴン 西陣店
住所:京都府京都市上京区下立売通大宮西入浮田町613
TEL:075-801-7563
駐車場:あり(店舗より西へ約50m北側のところに4台分)
営業時間:11:00-22:00
定休日:水曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ヘナ(ハーブ)カラートリートメントのメリットやデメリットを京都烏丸御池のヘアサロ…
  2. ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開…
  3. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  4. バーベキュー、ダム、温泉、プール、日吉ダムで秋のレジャーを楽しもう!
  5. みやこつづり-一頁目

関連記事

  1. タベモノ

    山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり

    仕事の疲れを癒すために、週末はちょっと遠出して自然の中でのんびりしたい…

  2. タベモノ

    「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじいさんの古時計」へ

    京都市内から車で1時間ほど。紅葉のピークを迎え、観光客で賑わう大阪交野…

  3. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

  4. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  5. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」でゆったりした休日を

    日本人は休日の使い方が下手らしい。そんなニュースを見ていると、たしかに…

  6. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  2. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  3. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  4. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  5. タビ・アソビ

    文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。