タベモノ

「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で「ピネライス」を

「お腹が空いた」リーズナブルに色々と食べたいなら「キッチン・ゴン」の「ピネライス」をぜひ。織物の町西陣で、46年目を迎える老舗の定番メニューは、知らない人にはちょっと新鮮な響きと、味わいでお腹もしっかり満たしてくれます。

まず「ピネライス」ってなに?

定番ピネライス870円

出だしから「ピネピネ」言っておりますが「ピネライス」とはいったいなんのか。チャーハンに薄めのカツが乗っかり、さらにカレーまで楽しめるという、食後に一石三鳥くらいの気分が味わえる代物。「カレーとチャーハンを一緒に食べたい、カツが乗ってたら尚良し」みたいな日が一週間に数回訪れると思うんですが、そんな時にぴったりですよね。観光で京都に来られた方も、自社仏閣を2箇所くらい訪れると、だいたい「カレーとチャーハンを一緒に」という気分になるはず…ではないですね。

ちなみに「ピネライス」の「ピネ」は「薄いカツ」を意味するフランスの方言だそう。ピンポイントでそんな方言あるのだという事にも驚かされますが「ピネライス」の豊富なバリエーションもに驚かされます。

ケチャップチャーハンにカツカレーがかかった「赤ピネライス(870円)」、ガーリックチャーハンプとカツカレーが楽しめる「ガーリックピネライス(920円)」、ドライカレーにカツカレーがかかった「ドライピネ」なんてのも。「ハーフピネ(980円)」という、カレーとハヤシライスが半分づつかかったミックスもオーダーでき、満足すること請け合いです。

終日オーダーできるセットもお得

ランチタイムに限らず、一日中オーダーできるセットは、昼食を逃したサラリーマンや、部活帰りの学生にも好評。Aランチ980円、Bランチ1,300円、Cランチ2,200円がありそれぞれボリュームはいわずもがな。プラス200円でセットのライスをワンピネライス(小サイズ)に変更可能ゆえ、しっかりお腹を満たして「ピネライス」も味わいたい人はぜひオーダーを。

その他、オムライスにミンチカツなど、洋食屋らしいメニューも多彩にスタンバイ。1人でも、友人とでも落ち着ける空間を楽しんでください。

キッチン・ゴン 西陣店
住所:京都府京都市上京区下立売通大宮西入浮田町613
TEL:075-801-7563
駐車場:あり(店舗より西へ約50m北側のところに4台分)
営業時間:11:00-22:00
定休日:水曜日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  2. SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…
  3. 年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚
  4. 京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末
  5. 週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい

関連記事

  1. タベモノ

    創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを楽しんで

    京都の東大路通沿い、今熊野商店街にある老舗の甘味処「梅香堂」は、近所の…

  2. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

    二条川端を東にちょっと入ったところにある居酒屋『よこちょう』。中央卸売…

  3. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

  4. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  5. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい
  2. タビ・アソビ

    川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ
  3. タビ・アソビ

    そろそろ天命を反転させませんか?ありますよここに-アートと触れ合う不思議なテーマ…
  4. タビ・アソビ

    新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルー…
  5. ヒト

    「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。