タベモノ

京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番になってしかるべき。そう断言してしまうほどの衝撃を受け、それ以来何度かお世話になっている。これをお土産で渡されたら「なにこの人。センスめちゃくちゃいいんだけど(笑)」となること間違いなしなので、お土産探しで迷っている人は要チェック。

明治19年(1886年)創業の老舗和菓子屋のおかきが、130年前にこれを思いつきますかレベルで贈りものにしたら絶対喜ばれる

img_8382%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

京都のお土産といえば、「八ツ橋」や「豆餅」とか本当に色々あるけれど、伝統的なお菓子には「えっ、これを当時に思いついたの?」と考えさせられるような衝撃を受けることがある。例えば「八ツ橋」、聖護院八ツ橋総本店 が1689年に作ったそうなのだけれど、ニッキよ、ニッキ。シナモンをせんべいにいれるという、醤油じゃないっていう発想が素晴らしい。そりゃ京土産の代表になるわ、という話です。

ただね、もうみんな知っているし、なんだったら日本人の9割くらいが、二十歳になる前になんらかの形で口にしてるんじゃないのか、と思えるほど全国的に有名ですよね。

それじゃあ、面白くない。お土産渡して、「ありがとー」と口では言ってるけど、「八ツ橋って、無難じゃん」と絶対思われてるはず。結局京都の表面だけなぞってきたな、こいつ。とか思われるわけですよ。これだけ世界的にメジャーな観光地だったら、やっぱりディープなところも回っておかないと、修学旅行となんら変わりがない。

たとえば、京都の人が他府県の親戚の家に遊びに行く時にお土産を持っていくわけですよ。

「はい、八ツ橋」

「ありがとー。いやぁ八ツ橋やー。久しぶりに食べるわー」

「・・・(笑顔)」

ですよ。え、京都人なのに八ツ橋持ってくるの?となるんじゃないかと思うんですよ。八ツ橋は好きですよ。クセになる素晴らしい和菓子です。ただ、ちょっと違うものを持って行って、まだ京都にこんなものがあったのか!と相手に思わせたいじゃない。選んだ自分のセンスを見せびらかしたいじゃない。

見つけたんです。あったんです。観光で有名な街ならではのお土産マンネリ問題。今日で解決です。



なぜか海外の人は知ってる。

img_8427%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

はい、これです。京都のお土産マンネリ問題を解決し、この人おっしゃれーと思わせるセンス抜群の京土産。島原地区『菱屋(ひしや)』さんの「うすばね」様です。

おかき?あられ?だかわからない、看板では手焼きおかきとなっているので、以下おかきで表現します。

このおかき、めちゃくちゃ薄いんですよ。で、硬くなくて、柔らかい。歯がない人でも食べられる、いや乳歯の生えてない赤ちゃんでもいけるんじゃないかと思うほどの柔らかさなんです。※赤ちゃんは嚙めるかもしれないけど、食べられないです。お気をつけください。

柔らかさもしっとりとしたものではなく、パリっと乾いていて、崩れていくような食感。味はほんのりと醤油味で、お茶ともよく合います。京都の人ですらまだあまり知らない、隠れた伝統の味ってやつですよ。あ、でもなぜか海外の人もよく買いにくるらしい。北欧系の方らしいのだけれど、彼らはなぜかよく知ってる。

京都の新定番のお土産に、ぜひぜひひとつ買ってみてくださいませ。価格もひと袋税込330円とお値打ち。

さらに、鉄道とカメラが趣味の店主が撮影したお洒落な鉄道写真のコピーももらえます。これもかなりかっこいいので、もらってみてください。

img_8369

「うすばね」ひと袋330円(税込)2016年10月

img_8433

ショップデータ
菱屋(ひしや)
■電話:075-351-7635
■住所:京都府京都市下京区薬園町157
■営業時間:9:00~19:00
■定休日:不定休(日曜は営業)
■駐車場:なし

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  2. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  3. 京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景
  4. 三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  5. ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃

関連記事

  1. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

  2. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

  3. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

  4. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう

    神戸、宝塚に隣接する田園都市三田。1990年代に都市開発により人口が増…

  5. タベモノ

    日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

    今年もあとひと月ほど、忘年会や下見で宴会をする機会が多くなるのでは。宴…

  6. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョコ」

    錦市場・産寧坂・嵐山に店舗を構える『おちゃのこさいさい』。「舞妓はんひ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  2. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか
  3. ヒト

    「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん
  4. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…
  5. キブン

    予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。