タベモノ

どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ


医食同源、デトックスなどヘルシーな「食わず嫌い」というほどではないけれど、スープカレーを食べたことがなかったので、どうしても食べたくなり検索するも「スープカレー 京都」で出てくるのは3件。そのうちのひとつスープカレー専門店「かれー屋ひろし」へ行ってきました。

そもそもスープカレーってどう食べるのか?


店内は2人がけテーブル3つにカウンターが4席ほどとこじんまりしており、友人4人とかで行く場合はちょっと待たないといけないかもしれません。

カレーの種類は「チキン」「エビとあさり」「野菜」「納豆」「スペシャル」の定番5種に加え、限定もの1種類を用意しているみたいです。30歳を超えてから「肉」よりも「ヘルシー」という言葉に食欲を掻き立てられる私は迷わず「野菜」を選択し、納豆をトッピング。
辛さも選べるので、無難に2を選ぶ。ちなみに、辛さのない0からスパイスジャンキーの20まで選べるよう。
しばらくして出てきたのがこちら。

写真では、スープのアップになっていますがライスも一緒に出てきます。
初めてスープカレーに挑戦する人は、おそらくここで、一度手が止まります。
食べ方がわからない。
つけ麺みたいな感じで、スープとライスが分かれているんですね。本場のカレーのように、ナンで食べるんだったらナンをちぎって食べるのだろうことはわかるのですが、ライスとスープ別々で出てきた場合、スープの中にライスを投入するのか、ライスにスープをかけて食べるのか迷うと思うんですよ。
迷っても先に入店して食べている常連であろう人の真似をすれば食べ方ってわかると思うんですが、カウンターに座ったんですね。カウンターはキッチンに向かって座るスタイルで、その時カウンターにいたのは私と一緒に行った相方の2人のみ。常連であろう方たちは、背後のテーブルです。
この状態だと、振り向かないと他人様の食べ方はわからない。でも振り向いて視線を送ると気づかれる可能性が高くなるので、振り向くのは嫌なんですね。その…私たちの性格として、さりげなく行っている行為を気づかれると、なぜか「負けた」気がするので、この時の選択として振り向くという行為はしたくなかった。
とすると、店員さんに「これってどうやって食べるんですか?」と聞けばいいのですが、訪れた時間が午後7時。ピークですよね。店員さん2人いるんですけど、まぁ忙しそうだったので、聞くタイミングを伺っていると、ご飯もスープが冷めてしまう。
スマホで調べるというのが最後の手段だと思うのですが、スマホはこの時駐車場の車の中です。
で、結局ふたりとも思い思いの食べ方を試みることに。
相方はスープをライスにかけ、私はライスをスープに投入して食べたんですよ。

なぜ食べなかったのか?と思うほどうまいっ

今まで食べてきたカレーももちろんおいしい。ですが、このスープカレーもまたおいしい。今までのカレーライスはルーとライスがひとつで「カレー」だったのですが、これはスープとしても十分に味わえる。
「野菜」とひきわり納豆がスパイシーなスープと合わさって、さらっと食べられる。私はスープの中にライスをぶっこんだんですけどね、これライスもひとつの具材みたいな感じでしたね。
カレーは飲み物って言う人がいましたけれども、本当に飲み物みたいですよ、これは。
相方の食べ方でも、私の食べ方でもどちらも美味しかったし、まぁこのどちらかの食べ方がスタンダードだろう、そう思って、駐車場の車に戻って、早速スマホで食べ方を検索したところ。

「ライスをスプーンですくって、そのままスープにくぐらせてから食べる」が、どうやら専門店が推奨する食べ方だとか。
これを見た時「それかぁ」ともならないくらい頭になかったですからね、この食べ方。

今度からは、初めての食べ物に挑戦する時はばっちり最初に調べてから店に乗り込むことにします。

かれー屋 ひろし
住所:京都市中京区西ノ京御輿岡町27-7
電話:090-8387-9845
営業時間:12:00~15:00/17:00~22:00
定休日:火曜・水曜日

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 初めての十日えびす大祭(初ゑびす)を楽しもう「京都ゑびす神社」
  2. 夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと
  3. 暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目
  4. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  5. 大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…

関連記事

  1. タベモノ

    日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

    今年もあとひと月ほど、忘年会や下見で宴会をする機会が多くなるのでは。宴…

  2. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

  3. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう

    神戸、宝塚に隣接する田園都市三田。1990年代に都市開発により人口が増…

  4. タベモノ

    週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを

    滋賀県の東部、周囲を山に囲まれた田園風景が広がる栗東市下戸山。「のどか…

  5. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  6. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』
  2. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
  3. コト

    日本三大勅祭のひとつ、国宝石清水八幡宮の奇祭。深夜二時から始まる幻想的な五百人夜…
  4. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  5. コト

    本好きの人が集まる「一箱古本市」が京都烏丸五条近くのコワーキングスペース「京創…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。