タベモノ

インド出身のシェフが作るカレーラーメンは健康的でお腹もいっぱい-北大路烏丸「EARTH CAFE(アースカフェ)」はランチ、カフェ、ディナーにおすすめ

北大路烏丸に、2016年10月8日にオープンしたばかりの「EARTH CAFE(アースカフェ)」。インドで修行をしたネパール人シェフが作る、本場のスパイシーフードがお手軽価格で食べられると早くも人気に。カフェレストランスタイルの店では、ランチやディナー使いはもちろん、カフェタイムにはナンを利用したスイーツも味わえる。最近のイチオシは「バターチキンカレーラーメン」。本場のカレーをベースに作るカレーラーメンはいったいどんなものなのか。

バターの甘みを感じる健康的なカレーラーメン

img_3899%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

バターチキンカレーラーメン890円。小ライス、ゴマナンのセット1,090円 ※税込価格 EARTH CAFE(アースカフェメニュー)

料理人歴約18年のレシャムシェフが作る本場の味に、日本人オーナーの藤井さんが惚れ込み、「EARTH CAFE(アースカフェ)」をオープン。30種類を超す多彩なカレーは、大学生でも気軽に立ち寄れるようにと、どれもリーズナブル。セットなら、プレーンナンは3枚まで無料で追加できるとあり、お腹もいっぱいになること間違いなし。そんなカフェレストランで最近イチオシなのが1日20食限定の「バターチキンカレーラーメン」。

img_3908%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc見た目はいかにも辛そうな赤色。聞くとシナモンやクミンといった10種類ほどのスパイスのほか、にんにくや生姜など、寒い時季に体をぽかぽかと温めてくれる調味料がたっぷり入っているとか。実際に食べると見た目ほど辛くはなく、バターの甘みと風味が楽しめ、辛さは後からじわじわ感じる程度。ただ、小さな子どもには辛いかもしれないので、子連れで来店の際はご注意を。辛さが足りない時は卓上のカイエンペッパーで調整可。
スープは人気のバターチキンカレーをベースに、鶏でとった出汁を合わせ、どろりと濃厚に仕上げている。セットにすれば大きなナンと小ライスが付いてきて、大ボリュームに。食べきれず、ナンを持ち帰る女性が多いそう。
もちろんこれ以外にも、ランチメニューは790円から用意されている。

img_3892%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

EARTH CAFE(アースカフェランチメニュー)はどれもドリンクセット 税込価格

パンケーキのようなナンスイーツは食後かカフェ利用におすすめ

img_3916%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

焼きリンゴナンアイスプレート600円(税込) EARTH CAFE(アースカフェスイーツメニュー)

カフェタイムや食後のデザートはナンを使ったスイーツを。上に乗ったアイスに、キャラメルソースやチョコソースをかけたスイーツは、もちもちのナンとの相性抜群。パンケーキならぬナンケーキだろうか。中でもオススメは「焼きリンゴナンアイスプレート」。バターの風味が効いた甘いリンゴと、黒蜜がたっぷりかかったナンの甘みは、甘いもの好きなら一度は食べてみたくなるはず。150円追加するとコーヒーなどのドリンクがつくのも嬉しい。というか安すぎる。

img_3893%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

EARTH CAFE(アースカフェパーティメニュー)

ちなみに、カフェメニューは一日中、ランチメニューは近隣で働くサラリーマンを考慮して17時までオーダー可。ディナーは17時から22時まで、セットは1,250円から、パーティープランは飲み放題付きで3,180円とお得なので、ママ会とかにもおすすめ。料理はテイクアウトもできるので、気分よく晴れた日は鴨川でランチを楽しんでみて。

img_3929%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

EARTH CAFE(アースカフェ)
住所:京都市北区小山下内河原町50
Tel:075-491-5522
営業時間:11:00-17:00(lunch),17:00-22:00(dinner)※lo 21:30
定休日:無休
駐車場:1台(店舗裏)
FB:EARTH CAFE

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」
  2. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  3. 標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  4. 京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル…
  5. 酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目

関連記事

  1. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

  2. タベモノ

    週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを

    滋賀県の東部、周囲を山に囲まれた田園風景が広がる栗東市下戸山。「のどか…

  3. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

  4. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のスイーツたち

    関西を代表するカフェギャラリー『くるみの木』のオーナー石村さんが、総合…

  5. タベモノ

    「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじいさんの古時計」へ

    京都市内から車で1時間ほど。紅葉のピークを迎え、観光客で賑わう大阪交野…

  6. タベモノ

    どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ

    医食同源、デトックスなどヘルシーな「食わず嫌い」というほどではない…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  2. キブン

    僕の上司その3-酔いどれ譚十七杯目
  3. タビ・アソビ

    日本最大の福井県立恐竜博物館は子どもだけじゃなく大人も楽しめるアミューズメントパ…
  4. コト

    亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート
  5. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。