タベモノ

アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある『cafe noka』。全国から取り寄せたこだわりのカトラリーで、厳選されたコーヒーや紅茶が楽しめる。併設されたギャラリーでは、焼き物を中心に様々な作家の作品が集められており、気に入ったものは購入も可能。

山奥で洗練された味わいに親しむ

img_0151%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

白を基調とした店内には、木製のインテリアをセンス良くレイアウト。テーブルごとのスペースもゆたりと確保されており、周りを気にすることなく友人たちと会話が楽しめる。飲食スペースは土足厳禁ゆえ、スリッパに履き替えるので、ブーツなどで訪れる際はご注意を。

img_0163%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

店内にほのかに漂うコーヒーの香りは、岐阜県の「カフェフランドル」で焙煎されたもの。柑橘系の爽やかな酸味が特徴の深煎り「ケニアAA」のほか、独自のブレンドコーヒーが1450円から楽しめる。

紅茶は、芦屋のMUSICA TEA。大阪の堂島で創業したこちらは、商社を通さず、独自ルートで茶葉を輸入し本格的なポットティーを日本で初めて提供したとされている老舗。滋賀と三重県の県境の山奥でこの紅茶が楽しめるのは、それだけで貴重な体験かも。

旬のフルーツや、MUSICAの茶葉を使ったケーキやクッキーはすべてnokaオリジナル。舌の上で季節を感じる、香り豊かな味わいを楽しんで。

img_0159%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

使用しているカトラリーは一部購入可能

野田琺瑯の保存容器、松徳硝子のうすはりグラス、など使用しているグラスは職人メイドのこだわりのものばかり。こんなものに囲まれて暮らしたいなと、女性なら誰もが憧れるはず。こちらでは、店内もしくは併設されたギャラリーで一部購入可能だそう。お茶を楽しんだ後は、ゆっくりと店内と併設されたギャラリーを確かめてみて。

img_0161%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

cafe noka
住所:三重県伊賀市丸柱1650
電話:0595-44-1911
営業時間:11:00-17:30(L.O.17:00)
Close:火曜日
HP:http://www.gallery-yamahon.com/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ
  2. 2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報
  3. 日本最大の福井県立恐竜博物館は子どもだけじゃなく大人も楽しめるアミューズメントパ…
  4. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  5. 京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…

関連記事

  1. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CAFE」

    関西に3店舗を展開するドでか盛りで有名な「UK CAFE」。大学生御用…

  2. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

  3. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

    京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。…

  4. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  5. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

    二条川端を東にちょっと入ったところにある居酒屋『よこちょう』。中央卸売…

  6. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  2. モノ・ビヨウ

    イス(座布団)に枕に[無印良品]のヒッコリー座るパイプクッションが使い勝手抜群
  3. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
  4. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  5. モノ・ビヨウ

    「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。