タベモノ

アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある『cafe noka』。全国から取り寄せたこだわりのカトラリーで、厳選されたコーヒーや紅茶が楽しめる。併設されたギャラリーでは、焼き物を中心に様々な作家の作品が集められており、気に入ったものは購入も可能。

山奥で洗練された味わいに親しむ

img_0151%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

白を基調とした店内には、木製のインテリアをセンス良くレイアウト。テーブルごとのスペースもゆたりと確保されており、周りを気にすることなく友人たちと会話が楽しめる。飲食スペースは土足厳禁ゆえ、スリッパに履き替えるので、ブーツなどで訪れる際はご注意を。

img_0163%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

店内にほのかに漂うコーヒーの香りは、岐阜県の「カフェフランドル」で焙煎されたもの。柑橘系の爽やかな酸味が特徴の深煎り「ケニアAA」のほか、独自のブレンドコーヒーが1450円から楽しめる。

紅茶は、芦屋のMUSICA TEA。大阪の堂島で創業したこちらは、商社を通さず、独自ルートで茶葉を輸入し本格的なポットティーを日本で初めて提供したとされている老舗。滋賀と三重県の県境の山奥でこの紅茶が楽しめるのは、それだけで貴重な体験かも。

旬のフルーツや、MUSICAの茶葉を使ったケーキやクッキーはすべてnokaオリジナル。舌の上で季節を感じる、香り豊かな味わいを楽しんで。

img_0159%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

使用しているカトラリーは一部購入可能

野田琺瑯の保存容器、松徳硝子のうすはりグラス、など使用しているグラスは職人メイドのこだわりのものばかり。こんなものに囲まれて暮らしたいなと、女性なら誰もが憧れるはず。こちらでは、店内もしくは併設されたギャラリーで一部購入可能だそう。お茶を楽しんだ後は、ゆっくりと店内と併設されたギャラリーを確かめてみて。

img_0161%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

cafe noka
住所:三重県伊賀市丸柱1650
電話:0595-44-1911
営業時間:11:00-17:30(L.O.17:00)
Close:火曜日
HP:http://www.gallery-yamahon.com/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景
  2. 予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目
  3. 京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…
  4. 京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
  5. 「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん

関連記事

  1. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

  2. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  3. タベモノ

    山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり

    仕事の疲れを癒すために、週末はちょっと遠出して自然の中でのんびりしたい…

  4. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  5. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を

    日本三景に数えられる天橋立。宮津湾と阿蘇海を隔てる砂州は、展望台から見…

  6. タベモノ

    暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネリア 再會」

    白い壁面、丁寧に手入れされたガーデン、冬になると火が灯る暖炉。創業19…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚
  2. タベモノ

    創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  3. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. タビ・アソビ

    ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃
  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。