タベモノ

京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイナン)』。シェフ以外台湾のスタッフで、雰囲気がもう異国。そんなオリエンタルな店で、おすすめメニューをいくつか紹介。

店内いっぱいに広がるオリエンタルな香辛料の香り

img_8511%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

丸太町河原町の交差点を50mほど上がったところにある台湾料理専門店の『微風台南(びふうたいなん)』。一歩足を踏み入れると、いくつもの香辛料が入り混じったオリエンタルな香りがふわりと広がる。

店内には台湾で仕入れたという小物が至るところにレイアウトされており、異国情緒たっぷりの雰囲気で本格的な台湾料理が味わえる。どの料理も美味なのだけれど、初めて訪れた人にぜひ食べて欲しいのが、台湾の代表料理の「魯肉飯(ルーローファン)」。

img_8497%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

魯肉飯600円(並)。写真は煮玉子と油豆腐各80円をトッピング。

豚バラの煮込みご飯「魯肉飯」は、家庭料理として親しまれており現地では至るところで食べられるそう。五香と台湾醤油、生姜、油葱酥(ヨウツォンスー)などを混ぜたスープでじっくり煮込んだバラ肉を、そのまま煮汁と一緒にご飯にドンっ。桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、花椒(カホクザンショウ)など五香の複雑な香りが鼻腔をくすぐり、食欲を掻き立てる。軽やかな甘じょっぱさの中にほのかに酸味を感じる、これぞ台湾な一杯。トッピングメニューの煮玉子はぜひオーダーして。

また台湾の煮込み素麺「麺線(ミェンシェン)」は、とろみのある鰹出汁のスープと甘辛く煮込んだバラ肉の相性が抜群。具材は牛、鶏、魚、蝦(エビ)の4種からセレクト。香菜(パクチー)の独特の香りもアクセントに。レンゲで素麺とスープをすくって一緒に食べるのがおすすめ。

img_8510%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

麺線(ミェンシェン)800円。具材が牛、魚、鶏、エビから選べる。写真は鶏肉をセレクト。




デザートはもちろんマンゴーかき氷

img_8522%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

芒果冰(マンゴービン)650円。

デザートはふわふわのかき氷にマンゴーがどさっとのった「芒果冰(マンゴービン)」をぜひ。爽やかな甘さのマンゴーかき氷が、複雑な香りでいっぱいになっている口の中をさっぱりさせてくれる。
街なかにある店なので、アクセスも抜群。週末だけでなく、仕事帰りに台湾気分が味わいたくなったら、ぜひ足を運んでみて。ひとりでもまったく気にならないので、晩御飯をサクッと食べたい時にもおすすめ。

img_8507%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

粉状にしたピーナッツがふりかけられた台湾風ちまき。パクチーと甘じょっぱいタレがかかった不思議な味わいが人気。

img_8520%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ショップデータ
微風台南 (ビフウタイナン)
■電話:075-211-9817
■住所:京都府京都市上京区桝屋町359
■営業時間:ランチ12:00~、ディナー18:00〜22:00(L.O.21:30)
※ランチのディナーの間にクローズしている時間あり
■定休日:月曜休
■駐車場:無
■HP:https://www.facebook.com/bifuutainan/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Ta…
  2. いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶…
  3. 京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」
  4. 【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  5. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩

関連記事

  1. タベモノ

    創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを楽しんで

    京都の東大路通沿い、今熊野商店街にある老舗の甘味処「梅香堂」は、近所の…

  2. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

  3. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョコ」

    錦市場・産寧坂・嵐山に店舗を構える『おちゃのこさいさい』。「舞妓はんひ…

  4. タベモノ

    どうしてもスープカレーが食べたくなったので京都円町の「かれー屋ひろし」へ

    医食同源、デトックスなどヘルシーな「食わず嫌い」というほどではない…

  5. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

  6. タベモノ

    京都のおすすめ異国グルメ

    2016年に取材した、京都にある異国グルメをご紹介。まだまだ少ないので…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    奈良の大仏よりも大きな本尊京都「笠置寺(かさぎでら)」は石のテーマパーク-お寺や…
  2. モノ・ビヨウ

    「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  3. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  4. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  5. タビ・アソビ

    気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。