タベモノ

京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイナン)』。シェフ以外台湾のスタッフで、雰囲気がもう異国。そんなオリエンタルな店で、おすすめメニューをいくつか紹介。

店内いっぱいに広がるオリエンタルな香辛料の香り

img_8511%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

丸太町河原町の交差点を50mほど上がったところにある台湾料理専門店の『微風台南(びふうたいなん)』。一歩足を踏み入れると、いくつもの香辛料が入り混じったオリエンタルな香りがふわりと広がる。

店内には台湾で仕入れたという小物が至るところにレイアウトされており、異国情緒たっぷりの雰囲気で本格的な台湾料理が味わえる。どの料理も美味なのだけれど、初めて訪れた人にぜひ食べて欲しいのが、台湾の代表料理の「魯肉飯(ルーローファン)」。

img_8497%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

魯肉飯600円(並)。写真は煮玉子と油豆腐各80円をトッピング。

豚バラの煮込みご飯「魯肉飯」は、家庭料理として親しまれており現地では至るところで食べられるそう。五香と台湾醤油、生姜、油葱酥(ヨウツォンスー)などを混ぜたスープでじっくり煮込んだバラ肉を、そのまま煮汁と一緒にご飯にドンっ。桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、花椒(カホクザンショウ)など五香の複雑な香りが鼻腔をくすぐり、食欲を掻き立てる。軽やかな甘じょっぱさの中にほのかに酸味を感じる、これぞ台湾な一杯。トッピングメニューの煮玉子はぜひオーダーして。

また台湾の煮込み素麺「麺線(ミェンシェン)」は、とろみのある鰹出汁のスープと甘辛く煮込んだバラ肉の相性が抜群。具材は牛、鶏、魚、蝦(エビ)の4種からセレクト。香菜(パクチー)の独特の香りもアクセントに。レンゲで素麺とスープをすくって一緒に食べるのがおすすめ。

img_8510%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

麺線(ミェンシェン)800円。具材が牛、魚、鶏、エビから選べる。写真は鶏肉をセレクト。




デザートはもちろんマンゴーかき氷

img_8522%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

芒果冰(マンゴービン)650円。

デザートはふわふわのかき氷にマンゴーがどさっとのった「芒果冰(マンゴービン)」をぜひ。爽やかな甘さのマンゴーかき氷が、複雑な香りでいっぱいになっている口の中をさっぱりさせてくれる。
街なかにある店なので、アクセスも抜群。週末だけでなく、仕事帰りに台湾気分が味わいたくなったら、ぜひ足を運んでみて。ひとりでもまったく気にならないので、晩御飯をサクッと食べたい時にもおすすめ。

img_8507%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

粉状にしたピーナッツがふりかけられた台湾風ちまき。パクチーと甘じょっぱいタレがかかった不思議な味わいが人気。

img_8520%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ショップデータ
微風台南 (ビフウタイナン)
■電話:075-211-9817
■住所:京都府京都市上京区桝屋町359
■営業時間:ランチ12:00~、ディナー18:00〜22:00(L.O.21:30)
※ランチのディナーの間にクローズしている時間あり
■定休日:月曜休
■駐車場:無
■HP:https://www.facebook.com/bifuutainan/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  2. 亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート
  3. いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  4. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  5. 酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

関連記事

  1. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

    二条川端を東にちょっと入ったところにある居酒屋『よこちょう』。中央卸売…

  2. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  3. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  4. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

  5. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を

    日本三景に数えられる天橋立。宮津湾と阿蘇海を隔てる砂州は、展望台から見…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』
  2. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
  3. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  4. キブン

    京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
  5. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。