タベモノ

日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

今年もあとひと月ほど、忘年会や下見で宴会をする機会が多くなるのでは。宴を一通り楽しんだら、なぜかシメで小腹を満たしたくなるもの。西京極の「辨慶(べんけい)うどん」は、月曜から土曜は深夜3時まで営業している深夜食堂なので、遅い時間でもこだわりのうどんが味わえる。がっつり宴会を楽しんだ後に、カツオ香る素朴なうどんで、口直しをしてみて。

体もほかほか温まるカレーうどんが冬のおすすめ

img_1721%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

すじカレーうどん830円

葛野大路五条を南に下ってすぐのところにある西京極本店では、屋台時代に使用していたリヤカーが入口でお出迎え。暖簾をくぐると「いらっしゃいませ」と元気な声が案内してくれる。店内にはカウンターが10席と座敷のテーブル席を用意。

人気は、名前が冠された「べんけいうどん」。甘めのきつねに、時雨煮のような肉ときんぴらごぼうがかつおの風味が効いたダシと見事に調和。とりあえず初めてきたらコレ、という一品。

ただ、寒い季節には、カレーうどんとおでんをセットで頼むのがおすすめ。ダシとルーがとろりと混ざり合ったスープは、食べていると額に汗が滲んでくるほど体がぽかぽかに。宴会のシメとして薄味のおでんと一緒にオーダーして、体を温めれば寒い帰路を気分良く帰られること間違いなし。

img_1727%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

またそばや中華麺も用意しており、気分に合わせてセレクト可。ちょっと町なかから離れているため、宴会の後みんなで行くのは難しいかもしれないけれど、桂方面へ帰る際はちょっと寄り道をしてみて。

img_1724%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

山菜そば630円

img_1725%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

かやくご飯(並)300円

img_1729 img_1730

辨慶(べんけい)うどん 西京極本店
住所:京都府京都市右京区西京極東大丸町16
定休日:不定休
営業時間:[月~金]11:30-翌3:00、[日・祝]11:30-23:00
駐車場:店舗隣に4台

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 開運・招運のご縁にも期待-関西で強力だといわれているパワースポット5選
  2. 京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を…
  3. 雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵
  4. 京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  5. 京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

関連記事

  1. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  2. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」でゆったりした休日を

    日本人は休日の使い方が下手らしい。そんなニュースを見ていると、たしかに…

  3. タベモノ

    京都のおすすめ異国グルメ

    2016年に取材した、京都にある異国グルメをご紹介。まだまだ少ないので…

  4. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を

    日本三景に数えられる天橋立。宮津湾と阿蘇海を隔てる砂州は、展望台から見…

  5. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

    京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット
  2. タビ・アソビ

    まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  3. モノ・ビヨウ

    BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
  4. タベモノ

    山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり
  5. キブン

    振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。