タベモノ

創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを楽しんで

京都の東大路通沿い、今熊野商店街にある老舗の甘味処「梅香堂」は、近所の京都女子大学の学生を始め、甘いものに目がない女子が県外からも足を運ぶ人気店。みんなのお目当ては、ホットケーキ。オーダーが入ってから生地をブレンドし焼くスタイルで、ちょっと時間はかかる分、ひと口食べた時の甘さが口いっぱいに広がる瞬間はたまらない。

変わらぬ味と多彩なバリエーション

元々は店頭で和菓子販売をしていたという「梅香堂」。ゲストが休憩している間に食べられるものを、と考えたのがホットケーキだったそう。洋食が新しい文化だった時代で、近所でもすぐに評判になったとか。

創業当時から変わらぬ作り方を貫くホットケーキだけれど、種類は豊富。定番のバターやクリームから、バナナチョコや季節の食材を使ったものまで多彩にスタンバイ。今日はこれ、今度はあれ、と一度足を運ぶと次のことを考えてしまうはず。中でも、人気は創業当時から続く「小倉系」。バターやクリームが乗ったものなど、ボリュームもあるのでSNSウケすること間違いなし。

二段重ねのケーキには自家製ブレンドのメープルシロップがたっぷり。ふわふわ食感と溶けるように広がる甘みが舌を楽しませてくれそう。

さらに嬉しいのは、価格の安さ。定番の「バターホットケーキ」で500円。人気の「小倉クリームホットケーキ」で580円と懐に優しい。何かと出費のかさむ年末に、好きなスイーツを思う存分楽しみたい甘党はぜひ。

ほか、パフェも人気

梅香堂
住所:京都市東山区今熊野宝蔵町6
Tel:075-561-3256
営業時間:10:00-18:00(LO:17:30)
定休日:火曜※祝日の場合は翌日休

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを
  2. 西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  3. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  4. 亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート
  5. ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開…

関連記事

  1. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  2. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  3. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

  4. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

  5. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

  6. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のスイーツたち

    関西を代表するカフェギャラリー『くるみの木』のオーナー石村さんが、総合…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  2. ヒト

    復活した幻の酒米”渡船”-JAグリーン近江 酒米部会 会…
  3. キブン

    みやこつづり-一頁目
  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  5. タビ・アソビ

    鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。