タベモノ

創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを楽しんで

京都の東大路通沿い、今熊野商店街にある老舗の甘味処「梅香堂」は、近所の京都女子大学の学生を始め、甘いものに目がない女子が県外からも足を運ぶ人気店。みんなのお目当ては、ホットケーキ。オーダーが入ってから生地をブレンドし焼くスタイルで、ちょっと時間はかかる分、ひと口食べた時の甘さが口いっぱいに広がる瞬間はたまらない。

変わらぬ味と多彩なバリエーション

元々は店頭で和菓子販売をしていたという「梅香堂」。ゲストが休憩している間に食べられるものを、と考えたのがホットケーキだったそう。洋食が新しい文化だった時代で、近所でもすぐに評判になったとか。

創業当時から変わらぬ作り方を貫くホットケーキだけれど、種類は豊富。定番のバターやクリームから、バナナチョコや季節の食材を使ったものまで多彩にスタンバイ。今日はこれ、今度はあれ、と一度足を運ぶと次のことを考えてしまうはず。中でも、人気は創業当時から続く「小倉系」。バターやクリームが乗ったものなど、ボリュームもあるのでSNSウケすること間違いなし。

二段重ねのケーキには自家製ブレンドのメープルシロップがたっぷり。ふわふわ食感と溶けるように広がる甘みが舌を楽しませてくれそう。

さらに嬉しいのは、価格の安さ。定番の「バターホットケーキ」で500円。人気の「小倉クリームホットケーキ」で580円と懐に優しい。何かと出費のかさむ年末に、好きなスイーツを思う存分楽しみたい甘党はぜひ。

ほか、パフェも人気

梅香堂
住所:京都市東山区今熊野宝蔵町6
Tel:075-561-3256
営業時間:10:00-18:00(LO:17:30)
定休日:火曜※祝日の場合は翌日休

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
  2. BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
  3. 京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック
  4. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  5. ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい

関連記事

  1. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

  2. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

    二条川端を東にちょっと入ったところにある居酒屋『よこちょう』。中央卸売…

  3. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  4. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

  5. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

    京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。…

  6. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選
  2. タビ・アソビ

    そろそろ天命を反転させませんか?ありますよここに-アートと触れ合う不思議なテーマ…
  3. キブン

    僕の上司その3-酔いどれ譚十七杯目
  4. コト

    竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
  5. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。