タベモノ

ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。週末の小旅行で訪れたら、ぜひ足を運んで欲しい場所が、海の見える廃墟カフェ「Bagus(バグース)」。

廃墟好きには抜群のロケーション


和歌山市内から車で20分ほどの新和歌浦港は、週末ともなると観光や釣りを楽しむ人でいっぱい。もちろんここで楽しむのもいいけれど、ちょっと足を伸ばして隣接する海水エリア「和歌の浦」を訪れてみて。

昨今のゾンビブームが後押しして、不穏な気配を孕んでいる廃墟を訪れる人も多くなっているとか。ここ「和歌の浦」には、そんな廃墟ファン垂涎の絶景カフェがある。およそ20メートルほどはあろうかという崖の下で、廃墟になった旅館の下部をリノベーションしたカフェ「Bagus(バグース)」。4月上旬から10月中旬までの春から秋の期間限定オープンで、もちろんバリバリの冬の現在はオープンしていない。

そう、つまり今ならゾンビの自主制作ムービーの撮影できるチャンス。春から秋ハイシーズンは、平日でもそこそこ人がいるうえ、ゾンビメイクでうろつくと写メ砲の的になる。また暑すぎてメイクも落ちるので、時間と体力と精神力が必要。実際に真夏にゾンビ映画を撮影していた人たち(京都から来たという映画好きの人)は、メイクも落ちていたし、とりあえずゾンビは休憩の度にハイチーズをリクエストされていた。
今なら、メイクは落ちない、人の目も気にならない、冬なので木の枯れた感じとかも雰囲気を盛り上げてくれるなど良いことばかり。
そして抜群のロケーション。ボロボロのホテル、古びた灯台、崖、狭い通路、浜辺。台本がボロボロでもね、ロケーションだけでもっていけそう。

映画好きの人で、ゾンビものを撮りたい人はぜひここへ。
ちなみに、オープン時の「Bagus(バグース)」はこんな感じ。ライブとかもしてくれるそう。

Bagus(バグース)
住所:和歌山県和歌山市新和歌浦2-2
営業時間:16:00〜23:30
定休日:不定休
駐車場:新和歌浦港に有料駐車場あり
※訪れる際は電話073-444-2559で確認を

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
  2. ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき
  3. 2016年11月-12月の京都のイベント情報
  4. 10月後半から11月の京都のイベント情報
  5. イス(座布団)に枕に[無印良品]のヒッコリー座るパイプクッションが使い勝手抜群

関連記事

  1. タベモノ

    「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじいさんの古時計」へ

    京都市内から車で1時間ほど。紅葉のピークを迎え、観光客で賑わう大阪交野…

  2. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  3. タベモノ

    日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

    今年もあとひと月ほど、忘年会や下見で宴会をする機会が多くなるのでは。宴…

  4. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

    京都の老舗珈琲店出身のオーナーが1976年に創業した大衆喫茶店の『高木…

  5. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョコ」

    錦市場・産寧坂・嵐山に店舗を構える『おちゃのこさいさい』。「舞妓はんひ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    バーベキュー、ダム、温泉、プール、日吉ダムで秋のレジャーを楽しもう!
  2. タビ・アソビ

    奈良の大仏よりも大きな本尊京都「笠置寺(かさぎでら)」は石のテーマパーク-お寺や…
  3. タビ・アソビ

    まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶…
  5. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。