タベモノ

ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。週末の小旅行で訪れたら、ぜひ足を運んで欲しい場所が、海の見える廃墟カフェ「Bagus(バグース)」。

廃墟好きには抜群のロケーション


和歌山市内から車で20分ほどの新和歌浦港は、週末ともなると観光や釣りを楽しむ人でいっぱい。もちろんここで楽しむのもいいけれど、ちょっと足を伸ばして隣接する海水エリア「和歌の浦」を訪れてみて。

昨今のゾンビブームが後押しして、不穏な気配を孕んでいる廃墟を訪れる人も多くなっているとか。ここ「和歌の浦」には、そんな廃墟ファン垂涎の絶景カフェがある。およそ20メートルほどはあろうかという崖の下で、廃墟になった旅館の下部をリノベーションしたカフェ「Bagus(バグース)」。4月上旬から10月中旬までの春から秋の期間限定オープンで、もちろんバリバリの冬の現在はオープンしていない。

そう、つまり今ならゾンビの自主制作ムービーの撮影できるチャンス。春から秋ハイシーズンは、平日でもそこそこ人がいるうえ、ゾンビメイクでうろつくと写メ砲の的になる。また暑すぎてメイクも落ちるので、時間と体力と精神力が必要。実際に真夏にゾンビ映画を撮影していた人たち(京都から来たという映画好きの人)は、メイクも落ちていたし、とりあえずゾンビは休憩の度にハイチーズをリクエストされていた。
今なら、メイクは落ちない、人の目も気にならない、冬なので木の枯れた感じとかも雰囲気を盛り上げてくれるなど良いことばかり。
そして抜群のロケーション。ボロボロのホテル、古びた灯台、崖、狭い通路、浜辺。台本がボロボロでもね、ロケーションだけでもっていけそう。

映画好きの人で、ゾンビものを撮りたい人はぜひここへ。
ちなみに、オープン時の「Bagus(バグース)」はこんな感じ。ライブとかもしてくれるそう。

Bagus(バグース)
住所:和歌山県和歌山市新和歌浦2-2
営業時間:16:00〜23:30
定休日:不定休
駐車場:新和歌浦港に有料駐車場あり
※訪れる際は電話073-444-2559で確認を

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目
  2. ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃
  3. 京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
  4. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  5. ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開…

関連記事

  1. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」は必食

    京都からおよそ3時間でリゾート気分が味わえると人気の。漁師として生計を…

  2. タベモノ

    山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり

    仕事の疲れを癒すために、週末はちょっと遠出して自然の中でのんびりしたい…

  3. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

    三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えの…

  4. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のスイーツたち

    関西を代表するカフェギャラリー『くるみの木』のオーナー石村さんが、総合…

  5. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメニューを味わおう

    京都で台湾料理といえば、真っ先に名前があがるのが『微風台南(ビフウタイ…

  6. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を

    日本三景に数えられる天橋立。宮津湾と阿蘇海を隔てる砂州は、展望台から見…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
  2. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選
  3. タビ・アソビ

    ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に
  4. モノ・ビヨウ

    イス(座布団)に枕に[無印良品]のヒッコリー座るパイプクッションが使い勝手抜群
  5. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。