タベモノ

ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。週末の小旅行で訪れたら、ぜひ足を運んで欲しい場所が、海の見える廃墟カフェ「Bagus(バグース)」。

廃墟好きには抜群のロケーション


和歌山市内から車で20分ほどの新和歌浦港は、週末ともなると観光や釣りを楽しむ人でいっぱい。もちろんここで楽しむのもいいけれど、ちょっと足を伸ばして隣接する海水エリア「和歌の浦」を訪れてみて。

昨今のゾンビブームが後押しして、不穏な気配を孕んでいる廃墟を訪れる人も多くなっているとか。ここ「和歌の浦」には、そんな廃墟ファン垂涎の絶景カフェがある。およそ20メートルほどはあろうかという崖の下で、廃墟になった旅館の下部をリノベーションしたカフェ「Bagus(バグース)」。4月上旬から10月中旬までの春から秋の期間限定オープンで、もちろんバリバリの冬の現在はオープンしていない。

そう、つまり今ならゾンビの自主制作ムービーの撮影できるチャンス。春から秋ハイシーズンは、平日でもそこそこ人がいるうえ、ゾンビメイクでうろつくと写メ砲の的になる。また暑すぎてメイクも落ちるので、時間と体力と精神力が必要。実際に真夏にゾンビ映画を撮影していた人たち(京都から来たという映画好きの人)は、メイクも落ちていたし、とりあえずゾンビは休憩の度にハイチーズをリクエストされていた。
今なら、メイクは落ちない、人の目も気にならない、冬なので木の枯れた感じとかも雰囲気を盛り上げてくれるなど良いことばかり。
そして抜群のロケーション。ボロボロのホテル、古びた灯台、崖、狭い通路、浜辺。台本がボロボロでもね、ロケーションだけでもっていけそう。

映画好きの人で、ゾンビものを撮りたい人はぜひここへ。
ちなみに、オープン時の「Bagus(バグース)」はこんな感じ。ライブとかもしてくれるそう。

Bagus(バグース)
住所:和歌山県和歌山市新和歌浦2-2
営業時間:16:00〜23:30
定休日:不定休
駐車場:新和歌浦港に有料駐車場あり
※訪れる際は電話073-444-2559で確認を

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 本好きの人が集まる「一箱古本市」が京都烏丸五条近くのコワーキングスペース「京創…
  2. 文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の…
  3. 「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館
  4. 週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Ta…
  5. 1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩

関連記事

  1. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

  2. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ

    五条新町の北西角にある『つくるビル』。「つくる」をコンセプトに、クリエ…

  3. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう

    神戸、宝塚に隣接する田園都市三田。1990年代に都市開発により人口が増…

  4. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  5. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  2. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  3. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  4. コト

    京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック
  5. タビ・アソビ

    名古屋だけじゃない遊びに行きたい愛知-京都から車で3時間超の週末旅
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。