タビ・アソビ

そろそろ天命を反転させませんか?ありますよここに-アートと触れ合う不思議なテーマパーク「養老天命反転地」

先に断っておきますが、この記事は面白いと感じたテーマパークの紹介です。宗教や信仰、麻薬とは一切関係がありません。それを踏まえた上で窺います。「運命ってなんだ」と思ったことはありませんか。一度はあるのではないでしょうか。そんなことを考えていると「死」について考えたりするんですね。「天命」という言葉がありますが、これは天が決めた寿命のことだそうです。これに抗ってみたいと思いませんか。そんなことが可能になるような場所があったら行ってみたいと思いませんか。あるんですよ、岐阜に。

アート空間で遊ぶ「養老天命反転地」

京都市内から高速を使っておよそ2時間ほど。岐阜の養老町にある「養老天命反転地」が、まさに天命に抗うをテーマにしているアート空間。
作者は荒川修作とマドリン・ギンズ。ふたりとも芸術家で、死へ向かう人間の天命に抗うことを追求してアートとして表現してきたそう。その考えを体感できる場所として、誕生したのだとか。なので、本当に天命に抗えるわけではないです。
では、どうやってその感覚を体感するのかというと、人間の五感や本能に訴えかけるのだそう。
このテーマパークは、地面ひとつをみても、芝があったり、コンクリートだったり、土だったり、岩だったりと、その場所によって様々。水平な場所も少なく、波打つ水面のような起伏が見られます。
もちろん小さな子どもがはしゃぎすぎて、大怪我をすることもあるそうです。これは、普段の安全な生活の中で忘れてしまった、危険を感じる本能を呼び起こす試みなのだそう。

脳みそを揺さぶる仕掛けがたくさん

初めて訪れると、ここはどうなっているのだろうと、好奇心を掻き立てられること間違いなし。でも、一歩踏み外すと大怪我をするので、わくわくとドキドキが一緒になった不思議な気持ちになります。では、実際にどんなパビリオンがあるのかをご紹介。

入ってすぐにあるのが「養老天命反転地オフィス」と呼ばれる記念館。


ここはもう、一言でいうと「おしゃれ」。10代向けのファッション誌の表紙のロケで使っていてもおかしくないくらい壁のビビッドな色使いが印象的。それゆえ若い人はひたすらスマホで写真です。インスタグラム用なのでしょう。なんどもポーズを変えて楽しんでおられました。

次は「極限で似るものの家」


テーブルが壁を突き抜けていたり、ソファが埋まっていたり。昔から左京区で暮らしていた人は「ガケ書房」の外観みたいな感じのところです。屋根の形が岐阜県を模しているのだそうです。

めちゃくちゃ大きな「楕円形のフィールド」

「極限で似るものの家」を分割したというパビリオンが点在しているのが「楕円形のフィールド」だそう。それ以外にも相似形や対になったオブジェをなんども見かけます。それは知覚の混乱を引き起こす意図があるといわれているのだとか。知覚の混乱って、危険なクスリの副作用みたない説明ですが、たしかに平衡感覚が狂いそうにはなりました。

そのほかのパビリオンは実際に足を運んで確かめてみてください。非日常空間で、新しい自分に気づけるかもしれません。また子ども用のヘルメットも用意しているそうなので、小さなお子さんと一緒の場合は受付に相談を。

養老天命反転地
住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
営業時間:9:00-16:30
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
入場料:大人750円、高校生500円、小中学生300円、コインロッカー100円
駐車場:あり※1回300円
HP:http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/index.php

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルー…
  2. 京都から車で3時間ほど-写真映えする関西近郊の絶景スポットおすすめ19選
  3. 京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末
  4. 「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん
  5. 「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  2. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行こう

    クリスマスは恋人と、なんて習慣はバブルと一緒に消えてしまったのかもしれ…

  3. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」

    ピークを超え、紅葉を楽しめるのもあとわずか。気持ち良く晴れた日は、ただ…

  4. タビ・アソビ

    満月の日に撮影したい街なか絶景-滋賀県大津市「大津湖岸なぎさ公園」

    琵琶湖花火大会の日は、人がひしめき合う滋賀県大津市の「なぎさ公…

  5. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居

    京都の街なかでひと際目立つ平安神宮の大鳥居。てっきりあの鳥居が日本一大…

  6. タビ・アソビ

    新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルーズを

    新年がスタートしたけれど、ちょっとツキが悪いぞ、という時はパワースポッ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話
  2. タビ・アソビ

    川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ
  3. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」…
  4. キブン

    トレンディドラマのせいで現在のオーバー30はクリスマスイブに深い傷を負いお酒がそ…
  5. タビ・アソビ

    ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。