タビ・アソビ

そろそろ天命を反転させませんか?ありますよここに-アートと触れ合う不思議なテーマパーク「養老天命反転地」

先に断っておきますが、この記事は面白いと感じたテーマパークの紹介です。宗教や信仰、麻薬とは一切関係がありません。それを踏まえた上で窺います。「運命ってなんだ」と思ったことはありませんか。一度はあるのではないでしょうか。そんなことを考えていると「死」について考えたりするんですね。「天命」という言葉がありますが、これは天が決めた寿命のことだそうです。これに抗ってみたいと思いませんか。そんなことが可能になるような場所があったら行ってみたいと思いませんか。あるんですよ、岐阜に。

アート空間で遊ぶ「養老天命反転地」

京都市内から高速を使っておよそ2時間ほど。岐阜の養老町にある「養老天命反転地」が、まさに天命に抗うをテーマにしているアート空間。
作者は荒川修作とマドリン・ギンズ。ふたりとも芸術家で、死へ向かう人間の天命に抗うことを追求してアートとして表現してきたそう。その考えを体感できる場所として、誕生したのだとか。なので、本当に天命に抗えるわけではないです。
では、どうやってその感覚を体感するのかというと、人間の五感や本能に訴えかけるのだそう。
このテーマパークは、地面ひとつをみても、芝があったり、コンクリートだったり、土だったり、岩だったりと、その場所によって様々。水平な場所も少なく、波打つ水面のような起伏が見られます。
もちろん小さな子どもがはしゃぎすぎて、大怪我をすることもあるそうです。これは、普段の安全な生活の中で忘れてしまった、危険を感じる本能を呼び起こす試みなのだそう。

脳みそを揺さぶる仕掛けがたくさん

初めて訪れると、ここはどうなっているのだろうと、好奇心を掻き立てられること間違いなし。でも、一歩踏み外すと大怪我をするので、わくわくとドキドキが一緒になった不思議な気持ちになります。では、実際にどんなパビリオンがあるのかをご紹介。

入ってすぐにあるのが「養老天命反転地オフィス」と呼ばれる記念館。


ここはもう、一言でいうと「おしゃれ」。10代向けのファッション誌の表紙のロケで使っていてもおかしくないくらい壁のビビッドな色使いが印象的。それゆえ若い人はひたすらスマホで写真です。インスタグラム用なのでしょう。なんどもポーズを変えて楽しんでおられました。

次は「極限で似るものの家」


テーブルが壁を突き抜けていたり、ソファが埋まっていたり。昔から左京区で暮らしていた人は「ガケ書房」の外観みたいな感じのところです。屋根の形が岐阜県を模しているのだそうです。

めちゃくちゃ大きな「楕円形のフィールド」

「極限で似るものの家」を分割したというパビリオンが点在しているのが「楕円形のフィールド」だそう。それ以外にも相似形や対になったオブジェをなんども見かけます。それは知覚の混乱を引き起こす意図があるといわれているのだとか。知覚の混乱って、危険なクスリの副作用みたない説明ですが、たしかに平衡感覚が狂いそうにはなりました。

そのほかのパビリオンは実際に足を運んで確かめてみてください。非日常空間で、新しい自分に気づけるかもしれません。また子ども用のヘルメットも用意しているそうなので、小さなお子さんと一緒の場合は受付に相談を。

養老天命反転地
住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2
営業時間:9:00-16:30
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
入場料:大人750円、高校生500円、小中学生300円、コインロッカー100円
駐車場:あり※1回300円
HP:http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/index.php

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  2. 高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素…
  3. 予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目
  4. 日本三大勅祭のひとつ、国宝石清水八幡宮の奇祭。深夜二時から始まる幻想的な五百人夜…
  5. 日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

関連記事

  1. タビ・アソビ

    雨や雪の日に夜景を撮ると幻想的なのか?「あべのハルカス」展望台からの夜景-雨の日編

    雨や雪の日の夜景は、光り輝く地上に雪の結晶や雨粒が降り注ぐシーンが見ら…

  2. タビ・アソビ

    京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム

    世間の喧騒を忘れ、茅葺民家の集落でゆったりした時間を過ごせる、言わずと…

  3. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い

    京都の南区と大阪の梅田周辺を眺めることができる、穴場の夜景スポ…

  4. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  5. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される

    和歌山、三重、奈良の三県をまたいで流れる熊野川水系北山川の上流に位置す…

  6. タビ・アソビ

    夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと

    夜風に少し冷たさが混じり、肌寒さを感じる9月上旬。南山城村にある木造の…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに…
  2. キブン

    暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目
  3. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を
  4. コト

    竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
  5. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。