タビ・アソビ

まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られたちょっと変わった素敵な庭

長岡京市の山中に築かれた「楊谷寺」。「柳谷観音」と呼ばれ親しまれているこちらは、眼のご利益があるとされ、眼病で悩む参拝者が多く足を運ぶそう。しかし、特筆すべきは京都府指定の名勝庭園「浄土苑」。書院に座り鑑賞する庭なのだけれど、山の急斜面を利用したなんとも不思議な造りで、秋には色鮮やかな景色が目を癒してくれる。

訪れる人が少なく自然の音を聞きながら静かに日本庭園の美を鑑賞できる

sdim1179%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

京都の南部に位置する長岡京。市の取り組みから年々観光客を増やすこちらで、車以外でのアクセスが難しいことから穴場となっているのが「柳谷観音」。山中に隠すように建てられた、西山浄土宗の寺院で、空海が度々ここで修行をしたとされている。

sdim1202%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

修行していると、目を怪我した猿がここの湧き水で目を癒していたのを発見した空海は、ここの水を眼病に効く「独鈷水(おこうずい)」として、世に広めたそう。

ただ、こちらで目に優しいのは水だけではない。京都府が指定する名勝庭園の「浄土苑」は、初夏には雨露に濡れる美しい紫陽花が、秋には色鮮やかな庭の木々が、訪れた人の目を癒してくれる。

また観光客の少なさから、庭を鑑賞する時は、風や鳥の声が聞こえるほどの静けさの中で、ゆったりと風韻を感じられるのも嬉しい。

sdim1190%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ところどころに置かれた大きな石は菩薩様に見立てられており、十三仏(阿弥陀如来、勢至菩薩、観音菩薩、不動明王など)や目菩薩、受菩薩などが安置されているそう。賑わう観光地を避け、ゆったりと秋色を目で堪能するのも風流かもしれない。

柳谷観音 楊谷寺
住所:京都府長岡京市浄土谷2
Tel:075-956-0017
営業時間:9:00-17:00

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  2. 年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚
  3. 地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」
  4. 小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧
  5. 「京都タワー」を好きな色にライトアップ!地上100mでのプロポーズもオススメ

関連記事

  1. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」の鳥居

    「誰だお前」「わたしだ」「なんだ、お前か」「暇を持て余した」「神々の」…

  2. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社

    商売繁盛の神社は数あれど、「はんじょう」と名のつく神社はここにしかない…

  3. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い

    京都の南区と大阪の梅田周辺を眺めることができる、穴場の夜景スポ…

  4. タビ・アソビ

    京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕景を楽しもう

    紅葉の見頃もピークを越え、山には枯れ木がちらほら。イルミネーションが輝…

  5. タビ・アソビ

    開運・招運のご縁にも期待-関西で強力だといわれているパワースポット5選

    関西に数あるパワースポット。その効果は嘘か真かわからないけれど、ネット…

  6. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ
  2. タビ・アソビ

    ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に
  3. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居
  4. コト

    高台寺秋の夜間特別拝観がスタート-ライトアップのテーマは「輪廻」
  5. キブン

    上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。