タビ・アソビ

まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られたちょっと変わった素敵な庭

長岡京市の山中に築かれた「楊谷寺」。「柳谷観音」と呼ばれ親しまれているこちらは、眼のご利益があるとされ、眼病で悩む参拝者が多く足を運ぶそう。しかし、特筆すべきは京都府指定の名勝庭園「浄土苑」。書院に座り鑑賞する庭なのだけれど、山の急斜面を利用したなんとも不思議な造りで、秋には色鮮やかな景色が目を癒してくれる。

訪れる人が少なく自然の音を聞きながら静かに日本庭園の美を鑑賞できる

sdim1179%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

京都の南部に位置する長岡京。市の取り組みから年々観光客を増やすこちらで、車以外でのアクセスが難しいことから穴場となっているのが「柳谷観音」。山中に隠すように建てられた、西山浄土宗の寺院で、空海が度々ここで修行をしたとされている。

sdim1202%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

修行していると、目を怪我した猿がここの湧き水で目を癒していたのを発見した空海は、ここの水を眼病に効く「独鈷水(おこうずい)」として、世に広めたそう。

ただ、こちらで目に優しいのは水だけではない。京都府が指定する名勝庭園の「浄土苑」は、初夏には雨露に濡れる美しい紫陽花が、秋には色鮮やかな庭の木々が、訪れた人の目を癒してくれる。

また観光客の少なさから、庭を鑑賞する時は、風や鳥の声が聞こえるほどの静けさの中で、ゆったりと風韻を感じられるのも嬉しい。

sdim1190%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ところどころに置かれた大きな石は菩薩様に見立てられており、十三仏(阿弥陀如来、勢至菩薩、観音菩薩、不動明王など)や目菩薩、受菩薩などが安置されているそう。賑わう観光地を避け、ゆったりと秋色を目で堪能するのも風流かもしれない。

柳谷観音 楊谷寺
住所:京都府長岡京市浄土谷2
Tel:075-956-0017
営業時間:9:00-17:00

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを
  2. 気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山
  3. 京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック
  4. 酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
  5. 日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社

関連記事

  1. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス

    関西の夜景スポットは数あれど、華やかな港町の夜景を楽しめるのは神戸だけ…

  2. タビ・アソビ

    川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ

    京都市内から車でおよそ1時間30分。兵庫県川西の山の中、ダムの周辺に作…

  3. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野

    本当かどうかはわからないけれど、西日本最大といわれる蛍の鑑賞スポットが…

  4. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

    雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内…

  5. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

    伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京…

  6. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう

    流域によって呼び名を変える淀川水系の一級河川「桂川」。観光客で賑わう嵐…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  2. コト

    市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  3. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
  4. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  5. キブン

    古着のススメっ!-アメリカ~ヨーロッパ ビンテージ編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。