タビ・アソビ

写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」

一眼レフカメラを買ってすぐの頃はどこに行くにも一緒だったけれど、少し時間が経つとホコリが被っている。だって持ち歩くには重く、正直スマホの写真の綺麗に撮れる気がする。僕も写真にハマる前はそんな感じでした。この状態になると、滅多にカメラを触らなくなると思います。ですが、この状態からカメラが楽しくて仕方なくなるきっかけがありました。それが夜景です。

通り過ぎる車を狂ったようにひたすら撮る

夜景は夜景なのですが、街の眺望とかそういうのではなく、大通りを走る車。ひたすらこの景色を撮影していました。何が面白いって、出来上がった写真がとりあえずかっこいい。暗闇をズバっと切り裂くような光のラインができていて、ヒップホップのCDジャケットみたいな写真がズバズバ撮れる。このかっこ良さったらない。
自分の写真の腕が上がったように感じて、夜な夜な撮りにいくわけですよ。おそらく、親には変態だと思われていたはずですよ。
でもそこから、昼間でも光の入り方とかを考えるようになり、景色以外の人やモノを綺麗に撮りたいと思うようになったんですね。

街の夜景写真は一眼レフならでは

まず動画(未加工)だと光が尾を引いたりはしないし、高性能でないとここまで明るく高画質で撮影ができないはず(最新機種はできるかもですが)。

そして、静止画なのに時間の流れを感じることができること。長時間露光(シャッタースピードを遅くすること)は、レンズを開放している間の時の流れを切り取っているような感覚が楽しめます。

そんな街なか夜景の魅力を存分に楽しめるのが「久御山ジャンクション」

まず交通量。時間や曜日によって変わりますが、久御山ジャンクションはだいたい18時から20時くらいが交通量も多いそう。30秒ほど開放すると、えっここ東京のどこか?みたいな光が派手に交差する都会的な写真に仕上がります。ただ、今回撮影したのが、日曜日の23時くらいなので、あまり交通量がなく、派手な写真にはなりませんでしたが。

あと、歩道橋と高速道路を支える柱がごちゃごちゃと入り組んでいるので、車や街灯の明かりが反射されて、写真全体に彩を与えてくれます。そんなこんなんで、街の夜景を三脚を立てて撮影すると、写真の面白さにハマるきっかけになるかもしれません。もちろん街なかに限らなくでも長時間露光で写真を撮ると面白いので、カメラ買ったけれど最近使っていないという人はぜひ一度お試しを。

久御山ジャンクション
住所:京都府久世郡久御山町

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…
  2. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  3. 京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  4. 日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  5. 京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕景を楽しもう

    紅葉の見頃もピークを越え、山には枯れ木がちらほら。イルミネーションが輝…

  2. タビ・アソビ

    アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい

    そこに山があると登りたくなるように、そこに雪があると、より高く積も…

  3. タビ・アソビ

    京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を

    悪いことがあった人も、良いことばかり続いている人も、初詣はパワースポッ…

  4. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」

    「琵琶湖」以外にも滋賀県には湖やため池がたくさん。その湖の中で1番高い…

  5. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

    滋賀県の南東部、京都市内から1時間ちょっとの信楽エリア。信楽といえば、…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  2. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
  3. コト

    市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  4. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目
  5. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。