タビ・アソビ

すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウェイの森の撮影現場

秋気漂う、今日この頃。週末から来週にかけて京都も紅葉のピークを迎えそう。すすきの見頃も過ぎ、山の端から徐々に赤や黄色に色づき、葉を落とす木もちらほら。京都市内から車で約3時間、兵庫県「砥峰高原」も、他にもれず赤茶色に染まっているけれど、今なら油絵で描いたような風韻豊かな景色が楽しめる。

豊かな植物が織りなす油絵のような絶景

img_2607%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

道路も整備されアクセス良好な「砥峰高原」。10月下旬、黄金色に輝く夕映えのすすきは有名だけれど、すすきのピークを過ぎたこ時季も見逃せない。夜鷹山の緩やかなワインディングロードの先には「ミッドナイト・イン・パリ」よろしく、絵画の世界に迷い込んだかのような幻想的な赤色の高原が広がる。

このような色になるのは、高山植物と湿原地帯に群生する多彩な植物のおかげだとか。スミレやノアザミ、ウツボクサにオトギリソウ、中には絶滅を危惧されるムラサキミミカキグサや、オオミズゴケも。食虫植物のモウセンゴケも確認されている。また初秋にはハッチョウトンボという県レッドリストに登録されている、真っ赤な体の美しいトンボも多く見られる。

どこから撮影しても綺麗な写真が撮影できるフォトジェニックな場所なので、映画やドラマの撮影地になるのも頷ける。

img_2564%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_2570%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
img_2575%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_2585%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ひと月でこんなに変化が

すすきを撮影するため、野分過ぎたる10月上旬にも訪問。この頃はすすきも咲き始めで、まだ緑が高原いっぱいに広がっていた。観光客もハイキングを楽しむ人、撮影を楽しむ人など多くの人が訪れていた。湿原を歩けばハッチョウトンボやヤブ蚊が後を追ってきて、人も植物も動物の活動も活発。

img_9359%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc それからひと月経つと、この変わりよう。まだ2分咲きくらいだったすすきは枯れ、トンボどころか昆虫の姿が見えない。さくらや蝉だけでなく、四季を彩る美しい風景は、すぐに去っていくのだと痛感。この風景が見られるのも、あとわずか。ぜひ今週末の予定にいれてみて。

img_9631%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9626%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9522%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9430%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

砥峰高原
まるで油絵の世界度 ★★★★★
住所:兵庫県神崎郡神河町川上801-12

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目
  2. 白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目
  3. メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…
  4. 京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」
  5. 京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

関連記事

  1. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩

    京都市内から車で1時間30分。大阪府民の森のほしだ園地にある吊り橋「星…

  2. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」

    一眼レフカメラを買ってすぐの頃はどこに行くにも一緒だったけれど、少し時…

  3. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行こう

    クリスマスは恋人と、なんて習慣はバブルと一緒に消えてしまったのかもしれ…

  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

    伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京…

  5. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選

    爆発的な経済発展を遂げたバブル期よりも前、戦前から日本の産業と生活基盤…

  6. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョ…
  2. タビ・アソビ

    高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素…
  3. タベモノ

    アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ
  4. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
  5. コト

    ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。