タビ・アソビ

鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて

全国各地に残る鬼退治の伝説。もちろん京都にも伝説は残っている。有名なのは大江山の三鬼伝説。西暦500年末、用明天皇の頃。英胡(エイコ)・軽足(カルアシ)、土熊(ツチグマ)の三鬼を首領とする鬼たちが街を荒らしていたそう。英胡と軽足は退治したけれど、逃げた土熊は丹後まで追い詰め、立岩に閉じ込めたのだとか。風の強い日に立岩に近づくと、まるで鬼が泣いているような音が聞こえるという。

京都の荒々しい絶景

img_2310%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

宮津から海岸沿いをくねくねと車で進むこと一時間ほど。見飽きたはずの海の風景に、威容の大岩が姿をあらわす。日本海へと注ぐ竹野川の河口付近、後ケ浜海岸から浜続きにそびえ立つ「立岩」は、高さおよそ30メートルで、岩の周囲は1キロメートルほどもあるそう。岩自体の荒々しさと、山陰の海の荒々しさが相まって、関西の絶景の中でも迫力は最大級。にも関わらず、アクセスもしやすく、無料の駐車場もあるので、手軽に週末旅を楽しむにはもってこい。

また、岩以外にも大時化の海や、竹野川にかかる橋など、写真映えするようなスポットもちらほらあり、写真好きの間でも人気が高い。

img_2348%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

鬼退治の伝説と鬼の鳴き声のように聞こえる風が神秘的

訪れたのは11月中頃。この日は風も強く、「立岩」に近づくと大きな波が足元を濡らすほど海も荒れていた。そんな荒々しい自然の絶景を求めて、多くの人が足を運ぶけれど、ここの楽しみ方はそれだけではない。近くの「竹野神社」に残る「紙本著色大明神縁起」という書物の中に、鬼退治の物語がおさめられている。その最後の舞台がこの「立岩」といわれているのだとか。

簡単に伝説を説明するとこんな感じ。

およそ1400年前、大江山に3匹の鬼がいたそう。妖術を使い、町や村を荒らしまわっていた鬼を、麿子親王が退治に向かったという。神犬や神馬を従え、鬼と激しく戦った結果、二匹を退治。逃げた1匹はこの場所に追い詰め、七仏薬師の加護で天から大岩を落下させて閉じ込めたのだとか。

その鬼の泣く声が、近くづくと聞こえるという。たしかに岩肌にぶつかるように吹く風は、ゴーゴーという音がして、鬼の鳴き声に聞こえなくもなかった。地元では、子どもたちが時化った海に近づかないように、鬼の伝説を使って、岩に近寄らせないようにしていたそう。「立岩」には鬼の魂を沈めるために建てられた祠があり、拝みにくる地元の人もいるそう。

img_2364%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

目だけで楽しむのではなく、耳でも魅力を感じることができる「立岩」。冬になれば時化った海と、激しく舞う雪が、ここをより一層迫力のある場所にしてくれるはず。波にさらわれないように、大自然と伝承が織りなす絶景を楽しもう。

立岩
神秘的な伝説を感じることができる絶景度 ★★★★★
住所:京都府京丹後市丹後町間人

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグ…
  2. 亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート
  3. 日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  4. 日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社
  5. 京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム

関連記事

  1. タビ・アソビ

    満月の日に撮影したい街なか絶景-滋賀県大津市「大津湖岸なぎさ公園」

    琵琶湖花火大会の日は、人がひしめき合う滋賀県大津市の「なぎさ公…

  2. タビ・アソビ

    関西の穴場絶景-湖に浮かぶ神社、夕日に燃える兵庫県「銀山湖」

    天空の城として、一気に知名度が上がった竹田城の近くには、まだいくつかの…

  3. タビ・アソビ

    京都から2時間、関西屈指の秘境風の通り道『河内風穴』で今夏最後の涼を!

    京都から車で2時間。電車ではまず行くことができない、風の通り道『河内風…

  4. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう

    流域によって呼び名を変える淀川水系の一級河川「桂川」。観光客で賑わう嵐…

  5. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

    古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナー…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山
  2. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  3. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  4. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス
  5. コト

    ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。