タビ・アソビ

高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素が関西最高クラスの「谷瀬の吊橋」

関西在住のスリル好物系人類は、一度は行っておかないと「えっ、行ったことないの」と、ちょっと憐れみの表情を浮かべられる有名な絶景、絶叫スポット「谷瀬の吊橋」。京都市内から車で3時間超の奈良県十津川村にあるこちらの吊橋は、週末ともなれば一日数百人が訪れる観光地ですが、ここ生活用の吊橋です。現地の人は、自転車で渡ったりするそうです。慣れってすごい。

とりあえず紅葉の季節到来で美しいけどスリルましまし時季に突入

img_8069%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

とりあえず、概要を。長さが297メートルで高さは54メートル。数字だけを見るとそんなに恐がる必要はなさそうです。15階建てビル相当くらいですから。でもですよ、床というか、下の板がパッと見てわかるほど、年季が入っているんです。私の前にいた管理者の方でしょうか、急に腰をかがめて修理を始められます。板と板は、鉄線みたいなもので縛られて繋がっているだけなんですね。管理者の方、外すんですよ。ひょいと。もちろん板の下には太い板がちゃんとあるんですよ、等間隔で。ただ、私含め、写真で足しか見えていないこの方々も、一瞬足の動きが止まりましたね。「えっ」てなって。「結構簡単に外れるんですね」てなって。

img_8024%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

このポイントが本当に恐い

足元の老朽化が気になる橋ですが、当然、揺れます。本当なら手すりとか掴みたいんですが、それも恐いんです。床の真ん中に歩行用の板があって、その横は谷底が見える網なんですね。この網部分の絶妙な幅が、体の横のロープ部分を持とうとするのを遮るんです。もちろんロープは掴むことはできます。でも網の上を歩きたくないから、手を伸ばすんですよ。そうするとちょっと網の方に体を傾けないといけなくなってしまうので、歩き辛いんです。それが恐いんです。

ずっと「綱切れるんじゃないか」「床抜けませんか」がつきまとってくるので、半分のところに到達しても「うそでしょ、まだ半分ある」みたな感じで到達感はなし。渡り切ったとしても、帰りもこの橋を渡るので、行くも地獄、引き返すも地獄です。この道を行けばどうなるものか、ひたすら恐いだけです。

img_8062%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

でも、一番恐いのはそんなところではないです。渡る前に、管理員に言われたんです「一度に20人しか橋は渡れないよ」。看板にも書いてます。危ないので20人以上は一度に渡らないで、みたいな文句が。

でも、きちんと数えてないのですが、ぎりぎり超えていないくらいの人が渡っているんじゃないかと。あれ、錯覚かな、いや錯覚じゃないよ、本当だよ。

危険かもしれない、と注意書きされていることが目の前で起こっているかもしれないこの事実が一番恐いです。でも、基本的には20人くらいしか渡っていないので、ご安心を。

本当のスリルは安全圏を超えたところにある。赤く染まった山の絶景と、絶叫を求めて観光客が多くなるこの時季は、吊橋のスリルを満喫できるベストシーズンかも。絶景を眺めていたら、恐さもなくなるかもしれません。橋のたもとにある、地元グルメにも注目を。

img_8019%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_7996 img_7991

谷瀬の吊橋(たにぜのつりばし)
絶景と絶叫を楽しめる度 ★★★★★
■住所:奈良県吉野郡十津川村谷瀬
■駐車場:有料

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  2. 世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  3. 京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」
  4. 「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…
  5. 京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット

関連記事

  1. タビ・アソビ

    関西の穴場絶景-湖に浮かぶ神社、夕日に燃える兵庫県「銀山湖」

    天空の城として、一気に知名度が上がった竹田城の近くには、まだいくつかの…

  2. タビ・アソビ

    京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム

    世間の喧騒を忘れ、茅葺民家の集落でゆったりした時間を過ごせる、言わずと…

  3. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される

    和歌山、三重、奈良の三県をまたいで流れる熊野川水系北山川の上流に位置す…

  4. タビ・アソビ

    アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい

    そこに山があると登りたくなるように、そこに雪があると、より高く積も…

  5. タビ・アソビ

    ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に

    鏡のように空を写すボリビアの絶景「ウユニ塩湖」。地球の反対まではなかな…

  6. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行こう

    クリスマスは恋人と、なんて習慣はバブルと一緒に消えてしまったのかもしれ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. ヒト

    「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん
  2. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で…
  3. キブン

    みやこつづり-一頁目
  4. キブン

    雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵
  5. タビ・アソビ

    奈良の大仏よりも大きな本尊京都「笠置寺(かさぎでら)」は石のテーマパーク-お寺や…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。