タビ・アソビ

喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」

ピークを超え、紅葉を楽しめるのもあとわずか。気持ち良く晴れた日は、ただ見るだけではなく、散歩で軽い運動をしたながら紅葉を楽しんでみては。「宝ヶ池公園」は普段はウォーキングやマラソンを楽しむ人が多く、市民の憩いの場として親しまれている。

観光客がほとんどいない穴場の紅葉スポット「宝ヶ池」

img_3027%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

京都市の北部に位置する「宝ヶ池公園」は、江戸時代に農業用のため池として作られた人工池。名前の由来は諸説あり、深刻な水不足に悩まされていた松ヶ崎にとっては、ため池が宝のように感じられたことや、池の形が分銅形でお金に例えられたことなどが有力だとか。そんな「宝ヶ池」は今も市民から重宝されており、普段は小学校の課外授業で使われたり、野鳥の観察や散歩、マラソンなど、レクリエーションを楽しむ市民が多く利用している。

img_3009%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

周囲約1.5kmの池の遊歩道は木々に囲まれ、秋には見事な紅葉が楽しめるにも関わらず、観光客の姿はほとんど見られない穴場なんだとか。この日も日曜日にも関わらず、池の周りをぐるっと歩いて、人に出会ったのは5人ほど。

池の西側から臨む「宝ヶ池」は、国際会館と比叡山、青空を背景に、スカッと抜けるような気持ちのよい風景が広がる。カメラを持っていたらパシャりと撮影したくなるはず。

img_2993%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

池には鯉が多く、岸から眺めているとエサを求めて寄ってくる。その姿が、始めはかわいかったのだけれど、あまりの多さに最後の方はちょっと引いてしまうのが、この池のあるあるかも。また全体が茶色に濁った池は珍しく、写真にすると味があり、変わった趣を楽しめる。

img_3011%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

池の周囲にはいくつかベンチが用意されているので、足が重くなってきたら小休止を。おすすめは、池の東にある展望台のようなところ。池に突き出した造りになっていて、池の上から紅葉をゆったりとくつろいで眺められる。詩人でなくても一句詠めそうな雰囲気が素敵。

img_3013%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

と、そんなことを考えながら歩いていると、池をあっという間に一周できる。ゆったり歩いても、おそらく30分ほど。健康をちょっと意識して、今年最後の紅葉を見ながら穴場スポットのウォーキング楽しんでみて。

宝ヶ池公園
住所:京都府京都市左京区上高野流田町8
入園料:無料
駐車場:510円

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと
  2. 三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  3. 『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  4. 週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選
  5. 本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルーズを

    新年がスタートしたけれど、ちょっとツキが悪いぞ、という時はパワースポッ…

  2. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い

    京都の南区と大阪の梅田周辺を眺めることができる、穴場の夜景スポ…

  3. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野

    本当かどうかはわからないけれど、西日本最大といわれる蛍の鑑賞スポットが…

  4. タビ・アソビ

    京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕景を楽しもう

    紅葉の見頃もピークを越え、山には枯れ木がちらほら。イルミネーションが輝…

  5. タビ・アソビ

    【綺麗な写真が撮れる】京都から車で2時間半以内で行ける関西の夜景スポット5選

    年が明け、イルミネーションもひと段落。夜のイベントが少なくなった時のド…

  6. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」の鳥居

    「誰だお前」「わたしだ」「なんだ、お前か」「暇を持て余した」「神々の」…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. モノ・ビヨウ

    イス(座布団)に枕に[無印良品]のヒッコリー座るパイプクッションが使い勝手抜群
  2. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木
  3. キブン

    みやこつづり-一頁目
  4. コト

    京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット
  5. コト

    京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。