タビ・アソビ

とりあえず京都の夜景は将軍塚

京都で生活をしている男子が、免許をとったらとりあえず彼女と行く場所ベスト3に入るはずの、まち中の絶景スポット「将軍塚」。平日休日に関わらず、夜になると京都市内を一望できる市営展望台に、若いカップルが多く訪れる。ただ、春から秋にかけては、やんちゃな方々が集団で夜景を見にくることがあり、ロマンティックな雰囲気で楽しみたいなら冬がおすすめ。

唯一このタイミングだけが人気の夜景を独り占めできるチャンス

クリスマスを越えるとライトアップイベントが一気にまち中から消え、カップルも訪れる場所がなくなり困るのでは。そんな時は、ベタベタだけれども、とにかく将軍塚へ。おそらく彼氏が彼女に提案しても、彼女が彼氏に提案しても、そのベタさに提案を受けた方は3秒ほど時間が止まるはず。その気まずい時間を乗り越えれば、精神も成長でき、ベタだけれどロマンティックな時間を共有できるかも。

まず、やんちゃな人と出会う確率が少なくなる。そして、クリスマスが終わり新年の準備を進める師走も師走、走り過ぎた師も息切れしているであろう、このタイミングだとカップルも、カメラ好きの夜景ハンターも少なくなる。なので、今ならロマンティックな雰囲気で夜景をじっくりと楽しめるはず。ベタで有名な場所ゆえ、一年でいまだけが、唯一独り占めできるかもしれないタイミングなのかも。信じるか信じないかはあなた次第。「夜景を独り占めしてみない」みたいなクサいセリフで、ちょっと笑いの要素を含ませると、ベタなスポットにも行きやすくなるはずなので、遊ぶ場所に困っているカップルはぜひ一度お試しを。また日入りの時間だと、フォトジェニックでなおよし。

市営展望台・将軍塚
住所:京都府京都市東山区粟田口高台寺山町
駐車場:あり(無料)
※終日解放

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目
  2. 彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  3. 2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報
  4. アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ
  5. ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い

    京都の南区と大阪の梅田周辺を眺めることができる、穴場の夜景スポ…

  2. タビ・アソビ

    京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル満点

    京都市内から車で3時間超。映画の舞台に酷似していることから一気に人気観…

  3. タビ・アソビ

    蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい

    自然と調和するコンクリート建築を数多く残す安藤忠雄が、淡路島で手がけた…

  4. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩

    京都市内から車で1時間30分。大阪府民の森のほしだ園地にある吊り橋「星…

  5. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

    その者、青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし。これはジブリ映画「風の…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    1月以降も楽しめる京都市内のイルミネーション-「みやこめっせwinterイルミネ…
  2. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  3. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  5. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。