タビ・アソビ

滋賀県の絶景「近江の厳島」湖中大鳥居は縁起の良いパワースポット

京都から大原を越え、堅田から国道161号を北上していくと見えてくる琵琶湖の中に立つ大鳥居。近江最古の神社とも言われる「白髭神社」の鳥居で、写真好きの間でも有名な絶景スポットだそう。またこちらの神社にある「岩戸社」付近はパワースポットにもなっているそうで、琵琶湖で鳥居を撮影して、山の手の不思議なパワーを浴びるのがここ最近の楽しみ方だそう。

近江最古と呼ばれる「白髭神社」にはこんな縁起が

観光スポットとして滋賀県でも人気の「白髭神社」。白髭の名の通り長寿のご利益がある神社として信仰を集めているけれど、もうひとつ良い縁起が。祀られている猿田彦命(サルタヒコノミコト)は、天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫にあたる瓊瓊杵命(ニニギノミコト)が、天津神の住む高天原から降りてきた時に案内をしたそう。そのことから「道開きの神様」とも言われ、岐路にたった人を良き方へ導いてくれるとか。

そもそもなぜ湖に鳥居

社のシンボルでもある湖中の大鳥居。なぜ湖の中にあるのか、と疑問に思う人も多いのでは。湖から突然浮かんできたという説や、湖で船に乗った人々が陸に上がることなく参拝できるようにしたという説があるそう。また、1280年に描かれたという絵の中では、陸に鳥居があるそうで、単純に湖面が上昇したからなのでは、という説も。夏になると鳥居の周りでジェットスキーを楽しむ人も多く、そういう風景を見ると、陸に上がることなく参拝できる説が有力なのかも。

そうしてできた湖中の鳥居は、紫式部、松尾芭蕉といった歴史上の有名人が歌を残すほどの景色をうみ、現在でも国内外を問わず多くの観光客が訪れるスポットに。忙しさもピークを迎える年末。休みの日くらいは、日々の喧騒を忘れゆっくり過ごしたいもの。ただ絶景をぼーっと眺めていると、忙しさでこんがらがった頭がすっとするかも。道開きの神様のご利益にも期待。

白鬚神社
住所:滋賀県高島市鵜川215
駐車場:あり(無料)
HP:http://shirahigejinja.com/

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグ…
  2. 街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  3. 鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
  4. 三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  5. 上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

    雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内…

  2. タビ・アソビ

    名古屋だけじゃない遊びに行きたい愛知-京都から車で3時間超の週末旅

    手羽先、味噌かつ、ひつまぶし、派手な結婚式、トヨタ、ケッタマシン。海外…

  3. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

    その者、青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし。これはジブリ映画「風の…

  4. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」

    ピークを超え、紅葉を楽しめるのもあとわずか。気持ち良く晴れた日は、ただ…

  5. タビ・アソビ

    今行きたい信楽-京都市内から車で約40分の老若男女楽しめるスポット

    京都市内から車でおよそ40分。家族と一緒でも、友達や恋人と一緒に訪れて…

  6. タビ・アソビ

    すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウェイの森の撮影現場

    秋気漂う、今日この頃。週末から来週にかけて京都も紅葉のピークを迎えそう…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  2. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  3. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  4. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」
  5. キブン

    「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。