タビ・アソビ

日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居

京都の街なかでひと際目立つ平安神宮の大鳥居。てっきりあの鳥居が日本一大きな鳥居だと思っていたのだけれど、それは昭和57年までだったとか。次に日本一になったのが、新潟「弥彦神社」の大鳥居。このふたつの大鳥居はどちらも街なかにあるけれど、現在日本一の大きさを誇る「大斎原(おおゆのはら)」鳥居は和歌山県の山の中。京都市内からだと車で4時間ほどかかり、もちろん電車でのアクセスはなし。ただ、強力なパワースポットらしく、バスツアーも組まれ、週末には多くの人が訪れるそう。

日本一の大鳥居は強力なパワースポット

img_7983

「大斎原」はこんなところ。

京都から奈良を突っ切り、ぐねぐねの山道の先にたどり着いた「大斎原」。鳥居は田んぼのど真ん中に高々とそびえるように立っており、ちょっと異様な雰囲気が漂う。熊野川・音無川・岩田川の合流点の中洲に位置し、江戸時代まで橋はかけられておらず、ざぶざぶと川を渡って参拝したことから「濡藁沓(ぬれわらうつ)の入堂」と呼ばれていたそう。

ここは神が降り立った地と言われており、古来から神聖な場所だったとか。平安時代になると、「浄土への入口」とされ、行って帰ってくることは死と再生を意味し「よみがえりの聖地」と呼ばれたという。相当な信仰を集めていたようで、皇族や貴族が、わざわざ京都から足を運んでおり、室町時代には武士や庶民ですら訪れたのだとか。

力が湧き出す場所
風水的にもパワーが集まり湧き出す場所だそうで、近年の人気は主にそれ。スピリチュアルな人は、鳥居をくぐった先にある森の奥から神聖なものを感じるという。

「大斎原」は昭和22年の大洪水で壊滅し、「熊野本宮大社」は500メートルほど離れ場所に。現在「大斎原」には中四社、下四社、境内摂末社の神々が祀られているそう。

八咫烏(やたがらす)がシンボル
日本書紀・古事記の「神武東征」という物語に登場する神の遣いの「八咫烏」。神武天皇が熊野に到着された時、奈良までの道を案内をしたというエピソードから、「導きの神鳥」とされ、サッカー日本代表でもシンボルになったのだとか。

などなど、パワースポットとして、歴史やエピソードも充実した「大斎原」。最近うまくいってないなと感じたら、週末に和歌山まで足を伸ばして神聖な力を感じてみて。長時間のドライブなので、気分転換にもおすすめ。

img_7978

大斎原
神聖な力を感じられる度 ★★★★★
住所:和歌山県田辺市本宮町本宮
駐車場:あり(無料)

“Text,Photo:中川  直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  2. 目指せ国産ワイン通-ワイナリーの楽しみ方「天橋立ワイナリー」
  3. 奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される
  4. 2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報
  5. 京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか

関連記事

  1. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか

    京都市内、中京区にある『御金(みかね)神社』。ピカピカに光る金色の鳥居…

  2. タビ・アソビ

    京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム

    世間の喧騒を忘れ、茅葺民家の集落でゆったりした時間を過ごせる、言わずと…

  3. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい

    豊富な山の資源と美しい景観が楽しめる岐阜県関市。中でも板取村にある「根…

  4. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木

    滋賀県の紅葉と聞けば3本の指に入るほど人気となった高島の「メタセコイ並…

  5. タビ・アソビ

    滋賀県の絶景「近江の厳島」湖中大鳥居は縁起の良いパワースポット

    京都から大原を越え、堅田から国道161号を北上していくと見えてくる琵琶…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    カメラと一緒にコハクチョウの絶景へ-滋賀湖北の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)…
  2. タビ・アソビ

    新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルー…
  3. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  5. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。