タビ・アソビ

大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い

京都の南区と大阪の梅田周辺を眺めることができる、穴場の夜景スポット「大岩山展望所」。以前は不法投棄の多い場所だったそうで、ここは綺麗な里山を取り戻す目的で作られたとか。整備が進んだ現在は、昼間はトレイルを楽しむ人が、夜はカップルがデートで訪れるという地元では有名な遊べる場所なのだとか。

とにかくお得

なにがお得かって、一度に京都と大阪の街並みを見ることができること。県境に位置することから当たり前なのだけれど、なかなかないですこんな場所。

訪れたのは週末の午後10時くらいだったのですが、用意されている備え付けのベンチにはカップルが5組ほど。ベンチの空きもひとつかふたつだったような気がします。

京都の人気の夜景スポットは展望所と街の距離が結構あるのですが、182mほどの山頂から見下ろすこの場所は街との距離が近い。市内の夜景スポットではかなりダイナミックな眺望が期待できます。

大阪方面

ただひとつ、夜は結構怖い

ひとつですね。この場所。展望所の場所はとても綺麗に整備されているのですが、そこまでの道がとても怖い。何か出てきそうで、怖いんです。

街灯のないけど傾斜のある細い道が続きます。そして「不法投棄反対」とか、「監視しています」みたいな看板がいたるところに。展望所付近にいくと荒れた鳥居が出現。それまではテンションが上がっていても、言葉が無くなります。

ですが、もうそれもアトラクションです。

恋人とデートならスリルと興奮がどちらも楽しめて、これまたお得。ちょっとしたスリルを楽しんだ後のダイナミックな夜景は難なくたどり着いた景色よりも綺麗に見えるはず。そんな気持ちで、足を運んで頂きたいです。

ちなみに車からも眺められるので、外に出ずとも夜景が楽しめるので、寒い日にもおすすめです。

大岩山展望所(おおいわやまてんぼうじょ)
住所:京都府京都市伏見区深草向ケ原町89
常時開放
駐車場:数台あり

Text,Photo:中川 直幸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  2. 2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報
  3. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  4. 喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」
  5. 高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウェイの森の撮影現場

    秋気漂う、今日この頃。週末から来週にかけて京都も紅葉のピークを迎えそう…

  2. タビ・アソビ

    気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山

    登山といえば、登りきった時の達成感がなんともいえません。ですが、本格的…

  3. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか

    京都市内、中京区にある『御金(みかね)神社』。ピカピカに光る金色の鳥居…

  4. タビ・アソビ

    京都から車で3時間ほど-写真映えする関西近郊の絶景スポットおすすめ19選

    自然が織りなす神秘的な景色は、現実とは思えないほどの驚きを与えてくれる…

  5. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

    古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナー…

  6. タビ・アソビ

    2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン

    京都東山にある「南禅寺」。一年中観光客で賑わうこちらは、紅葉の時季にな…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木
  2. タビ・アソビ

    雨や雪の日に夜景を撮ると幻想的なのか?「あべのハルカス」展望台からの夜景-雨の日…
  3. タビ・アソビ

    鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて
  4. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓
  5. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。