タビ・アソビ

いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

滋賀県の南東部、京都市内から1時間ちょっとの信楽エリア。信楽といえば、たぬきのイメージが強いけれど、朝宮茶やカフェなど、知られざる伝統文化や最先端のアプローチで時代をリードするスポットがどんどん増えている。その中で信楽のランドマークのような存在が、登り窯とカフェ、ギャラリーなどが併設された『Ogama(おおがま)』だ。

信楽の原風景を体感できるほっこり空間

img_9212%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

信楽の原風景が楽しめる窯元散策路の中で、ひと際目立つのがろくろ坂を登ったところにある登り窯。以前は100以上の登り窯が見られた信楽も、時代の変遷とともに現在では数えるほどになったそう。そんな「貴重な産業遺産を守り、後世に伝え、新しい歴史を作っていく」目的で2010年に『明山窯』と滋賀県立大学の学生が一緒になり作られたのが『Ogama』だ。

土で固められた巨大な登り窯。9つある部屋とその周辺は見学することができ、信楽の歴史と産業構造、先人たちの考えを身近に感じられる。だれもが気軽に現在の伝統文化のカタチに触れて欲しいとの思いから、「ひとつづり」という作家やショップなどを紹介するギャラリーイベントを開催しており、内容の面白さに何度も足を運ぶ人も多いとか。

また、併設されたカフェでは、1600年頃から続く『明山窯』の陶器でコーヒーや紅茶を味わえる。昔から使っている食器のように、しっくり手になじむあたたかみのあるデザインが印象的。

こちらでは信楽名産の「朝宮茶」の紅茶も人気。すっきりとた香りと上品なコクを感じる一杯は、散策中のひと休みにぴったり。登り窯を見つめながら視覚と味覚で、信楽の魅力を満喫しよう。

img_9190%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

信楽町朝宮の紅茶300円

img_9183%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc



窯元ならではの陶器の手作り体験

img_9209

こちらでは生活に寄り添うものづくりをテーマに『明山窯』の作陶体験ができる。喧騒を忘れ四季を感じられる静かな環境、経験豊富なスタッフによる丁寧な指導による仕上がりに、初めての人でも大満足だとか。手びねりやタタラといった土から形を作っていくコースから、スタッフ制作のカップに釉絵付けするコース、土の板に手形を押しメッセージをいれられるコースなど3つを用意。その他、小学生以下を対象とした子どもの体験無料プロジェクトなどもあるので、家族で足を運んだ際は、ぜひ体験してみて。事前予約必須なので、予約要項を確認してオフィシャルHPから申し込みを。

この秋は家族や、友人たちと一緒に、信楽の魅力を五感で体感しよう。

img_9223
img_9221%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ショップデータ
Ogama
■住所:滋賀県甲賀市信楽町長野947
■電話:0748-82-8066
■営業時間:11:00〜17:00
■定休日:平日の火〜木曜休※祝日の場合は営業
■駐車場:有り(8台)
■HP:http://www.meizan.info/ogama/(Ogama)
■HP:http://www.meizan.info/(明山窯)
■オンラインショップ:http://www.meizan.co.jp/

“Plan,Coverage:Jumbo、Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  2. 10月後半から11月の京都のイベント情報
  3. 京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  4. 日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  5. とりあえず京都の夜景は将軍塚

関連記事

  1. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居

    京都の街なかでひと際目立つ平安神宮の大鳥居。てっきりあの鳥居が日本一大…

  2. タビ・アソビ

    2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン

    京都東山にある「南禅寺」。一年中観光客で賑わうこちらは、紅葉の時季にな…

  3. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」

    一眼レフカメラを買ってすぐの頃はどこに行くにも一緒だったけれど、少し時…

  4. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

    その者、青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし。これはジブリ映画「風の…

  5. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を

    紅葉のピーク到来で観光客でごった返す町なかから抜け出して、ゆっくりとも…

  6. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」

    「琵琶湖」以外にも滋賀県には湖やため池がたくさん。その湖の中で1番高い…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  2. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  3. タベモノ

    自家焙煎の水出しコーヒー、食べられる紅茶、バーガーにヘアサロン!?京都水族館近く…
  4. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!…
  5. ヒト

    復活した幻の酒米”渡船”-JAグリーン近江 酒米部会 会…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。